おいおい、これだけはやっちゃ行けない事だろう

久々の公共図書館における大チョンボ事件だ

 ・容疑者と被害者情報漏らす 報道機関に東金市立図書館 47NEWS

 裁判所などの司法機関が法的な手続きを経た上でならまだしも、一介の(少々強引な)報道機関に対して行ったということは、こメディアを通じて公にさらされることになるとは、考えなかったのだろうか...

※一方で、図書館利用情報をどう活かすか...という議論もある中で、こうした事件がおきてしまうと、「やはり利用者情報は削除すべき...」になりかねません。
※今後の、館長ならびに生涯学習課長の処遇等が気になります。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-01-25 14:25 | これからの図書館 | Comments(1)
Commented by power_of_math at 2009-01-25 18:59 x
この記事、恐らく三段階ですね。
(1)市生涯学習課が報道陣に答えることを決める。
(2)市生涯学習課の問い合わせに図書館が答え、それを市生涯学習課が1社に伝える。
(3)市生涯学習課の方針に従い、図書館が他のマスコミにも伝える。

もちろん、図書館の自由の立場からするとやっちゃいけないことだということに異論はありませんが、むしろ、図書館を所管する市生涯学習課が、図書館の理念も、丸山様の言われる「ディアを通じて公にさらされることになる」ということも分かっていなかったのではなかろうかと…。
<< クラウドコンピューティング 夜中にこっそり...「わた人ゲ... >>