クラウドなOPAC

流れとしては、そんな方向じゃないかな。
自前のサーバを持ち、既成のOPACを導入し、年間の保守サポート契約し...等々の費用をかけるくらいなら、ネットワークの向こう側・雲の上のOPACを使う方向になっていくんじゃないかな...と、思う。

データベースという性格から考えて、そろそろ『ネット前提の正規化』が登場するように思う。業者さんがそれに気がついてない訳がない...と、思うよ。
書誌情報そのものが、日々成長している感じ。それも参加館すべてからの書誌コントロールへのアプローチができるようになる。
単館でできることなんて限られているけれども、それらが集結することで、とても大きな力になるんじゃなかろうか。

クラウドなOPACには、スタンドアローンあるいは自社サーバだけで運営しているOPACよりも、かなりすごいパフォーマンスを出してくれるんじゃないかな...なんて、思ったりしています。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-01-27 01:58 | 日々是電網 | Comments(0)
<< クラウド化する図書館 クラウドコンピューティング >>