クラウド化する図書館

知的にちょっと興奮しちゃいそう

 長尾 真 氏 ・ 池上 高志 氏
 『自律進化するデータベースはつくれるか』
 http://www.d-labo-midtown.com/d-log-detail.php?id=90

 公共図書館には、古くから「水道の蛇口論」がある。どんなに地方のどんなに小さな規模でも、そこに図書館を置く事によって、水道の蛇口をひねると水がでてくるごとく、知識をその地域にもたらす...と。同感同感。(補足:僕はこれに加えて「足下の湧水論」を展開中ですが、それはまたのちほど)
 この比喩をインターネットに置き換えれば、「どんなに小さな情報端末でも、インターネットを接続することで、巨大な知識の雲とつながり、必要とする知識を得る事ができる」となる。

 公共図書館は、他の公共施設とはことなり、設置自治体を越えて相互に協力体制を作っている。山梨県内を例にあげれば、公立図書館や県立大学図書館、県立研究施設図書館が参加する「山梨県公共図書館協会」があり、お互いの蔵書を検索できるだけでなく(いわゆる横断検索)、図書館資料を相互に貸し借りできる。考えようによっては、これはもう「図書館クラウド」なんじゃないかな...なんてね。

 それと、「廃棄図書のデジタル化とその保存」を、この「図書館クラウド」に持たせることはできないかな...(つまり単館ごとに経費をかけるんじゃなく、クラウド上の蔵書に所蔵館を加算する感じ。それは横断検索の検索結果画面のような所有の仕方)

 これはなんだか、おもしろいぞ...

 たぶん僕が、このクラウド化した図書館に名前をつけるとしたら....それはきっと

 知識生命体 バルンガ

だ。知識生命体とは、実態としての姿カタチにはこだわらず、『知識』の集合があたかも生命のごとく振る舞いながら、そこにいると実感できる存在。

 そんなことを考えると、『自律進化するデータベース』って、「人工知識生命体」を作る感じなのかなぁ....
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-01-27 10:30 | これからの図書館 | Comments(2)
Commented by After内藤 at 2009-01-27 18:47 x
 バルンガに知性的なイメージは持ってませんでしたが(笑)、あんな感じなのかぁ(それでも何となくわかる)。
Commented by maruyama_takahiro at 2009-01-28 00:19
ブルトン...なんていう名前だと、
何が出力されてくるか全く予測がつかないです。

<< 「4コマCM (4 cuts... クラウドなOPAC >>