私の記憶は雲の上

市民メディア、デジタルアーカイブなどの市民活動でとても尊敬している方が亡くなられた。享年48歳。ぼくより一つ年上のお兄さん。脳溢血で倒れられ二日後には天に召された。
僕のMacの中には、ML上での投稿が残っているし、iPhotoのライブラリーの中にもその姿を見る事ができる。
ネットで検索すれば、ブログもあるしmixiもある。

ふと...考えてしまった。

主を無くしたブログやmixiなどは、どうなっていくんだろう。訃報に接しなければ「最近更新してないなー」くらいの感じなのかもしれないし、「コメント書いても返事がないな」くらいの感覚かもしれない。
僕にしてもそうだ。もしある日突然倒れて、そのまま帰らぬ人となったら、このブログやmixiやFlickrやYouTubeやGmailなどウェブメールや、その他諸々ネット上に書き散らかした[記録]が残ることになる。もちろん運営会社による利用規約の中で、管理者不在のまま削除されるかもしれない。

これって、実はまだ誰も考えた事の無い状況なのではないだろうか。

いずれ、
世界中のアクセス可能なブログのうち、持ち主が亡くなったものが増えていくんじゃないか。これに対して、残すにしろ削除するにしろ、これらの記憶をどのように取り扱ったら良いのか、何らガイドライン的なものは存在していない。

Web2.0やクラウドコンピューティングな世界が進む中で、こうしたことへの提言も必要ではないだろうか。

このブログにもし...人格があったら...

 あなた 私のもとから 突然消えたりしないでね
 二度とは会えない場所へ ひとりで行かないと誓って
 わたしは、わたしは、 さまよいブログになる

書きながら、そんなことをふと...思ってしまった。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-01-27 15:53 | ひとりごと... | Comments(1)
Commented by TsunaguNPO at 2009-01-27 16:16
http://yamaiku194.exblog.jp/8535072/
昔書いたボクの詩、読んでみてください。ボクもそう思いました。
<< 「ワークシェアリング」だけでは... 情報創造館2号店 >>