LaCie 移植中

どうやら今後、iMovie'08を使う機会が増えそうなので、イベントデータ(動画素材)とプロジェクトデータ(編集素材)を、外部ディスクに書き出そうとしたところ、外付HDが、MacOS拡張フォーマットでなければならず、ちょっとばかり臨時収入があったので、LaCieの移植手術を実施中。

・現在使用中の外付けポータブルHDが、160GB(なぜかMD-DOSフォーマット)
 これで問題なく使えていたことの方が不思議...といえば不思議
・新たにLaCie 320 HDをゲット(価格は160GBを購入した時よりもちょっと安かった)

手順
1.LaCie320をFireWire400にてMacBookに接続。すぐにTimeMachine(バックアップソフト)の保存先にするかと聞かれるので、とりあえず(キャンセル)

2.ディスクユーティリティーにて、LaCie320のフォーマットを調べる。案の定MS-DOSフォーマット。パーテーション(ディスクボリューム)を1つとし、MacOS 拡張フォーマットとする。

3.LaCie160をFireWireのディジーチェーンで接続

4.附属のバックアップコピーソフト SilverKeeperで、LaCie160の中身をLaCie320にコピー(容量が容量だけに、数時間かかる)

5.コピー終了を確認

6.ディスクユーティリティーにて、LaCIe160のパーテーション(ディスクボリューム)をMacOS拡張フォーマットにする

7.LaCie320にとっておいたコピーをLaCie320に戻す

8.LaCie160を常時利用とし、LaCie320をTimeMachine用の保存先とし、自動的にバックアップができるように設定。

9.LaCie160内の当面使わないデータを削除。バックアップはTimeMachineにまかせる。

10. iMovie'08のイベントデータ、プロジェクトデータをLaCie160に移動。

11.MacBook本体に、だいぶ余裕ができる。

と、これでお次のソフトをお迎えする準備が整う。
(たぶん、次にくる iMovie, iDVD, GarageBandが大容量になると予想。それでもかなり大丈夫)

今後、据え置き型HDに、1TBあたりを購入すれば、バックアップ環境は完璧!
それにしても、こんな容量が手に入る時代だなんて...やっぱりすごい時代ですよ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-02-01 00:56 | 私事として... | Comments(0)
<< "ビジター"... 地域を百科事典にする...図書... >>