「Google Latitude(ラチチュード)」は「ついで便」を実現するか.

別のアプローチから考えていた事なのだが、Googleが新しく始めるサービスで、たぶん同様のことができそうだ。

グーグル、現在位置情報を共有する「Google Latitude」を発表

僕が考えていたのは「ついで便」
僕がイメージしているのは、わざわざそのため[だけに]出掛ける非効率さを解消するため、「ついでに立ち寄れば済む事」をひとまとめにして、一度のかたずけちゃう仕組み。
そのためには、
1.行動予定の公開(可能な範囲で)
2.現在位置の公開(可能な範囲で)
3.ルート解析(どのルートが最短か)
4.それを頼める人か(人間関係度)
みたいなものが必要。

このGoogle Latitudeは、「今、僕はここにいるよ」を友人の間で公開するサービスと思えばいい。これを使えば「ごめん。そこにいるなら、ちょこっと◯◯に寄って、△△を買ってきて」をお願いできる。さしずめ「ついで便LIVE」「ついで便NOW」である。
ビジネスにするには、改正しなければならない法律があると思うのだけれど、移動にかかるエネルギーの効率的利用を考えると、こうしたことは増えていくんじゃないかな。

(ふと思った)
 これって....戦場のアレみたい。FTCにあるやつ。ほほぉ〜...なるほどね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-02-05 10:55 | 日々是電網 | Comments(0)
<< ケータイ用ページを作ってみました。 「地球を守ろう」と言うけど「記... >>