環境教育事業部の教育研究発表会

正直に言おう。突然侵入してごめんなさい。あ、ちがう...それもあるけど。

正直に言おう。
財団法人キープ協会の環境教育事業部のみなさんは、とにかくすごい。すごすぎる。
日々のお仕事がありながらも、年間で研究テーマをもち、それをちゃんと発表する場を用意している。
これは並大抵の企業や組織にできることではない。

こうして彼ら彼女らは、研鑽の日々を送り、その成果を環境保護や環境教育、自然体験活動などにフィードバックしているのだ。

IMG_0210

ちなみに、[劇]という手法を用いた発達教育に関する研究発表には、ちょっとおどろいた。
誰かに何かを伝える/理解してもらう...ためならば、手段を選んではいけないのだ。
もっとも効果的に、相手に“わかる”手法。それに果敢にチャレンジしている姿は、実に美しい。

※ちなみに、彼ら彼女らは「山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター」の指定管理者でもある。

【参考】
 ・その日暮らし 五味五感

 ※ところで、Iさんへ。
  インタープリテーションのシーンが登場する映画って、ありましたか?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-02-18 23:58 | ワークショップ | Comments(4)
Commented by Iさん at 2009-02-21 15:59 x
神出鬼没、ありがとうございます♪
また、いらしてください!

映画ですが、知らないのですよネェ・・・・。
周りの人には聞いてはみたのですが・・・。
うちのスタッフが出た番組とかならあるんだけれど(笑)。

Commented by maruyama_takahiro at 2009-02-21 19:36
【神出鬼没】
出てくるときは神様・仏様のように思われていても、去っていく時は鬼・悪魔!と思われながら消えていくこと...だったりして。

映画のことですが、どこかに問い合わせてみようかな...
インタープリテーションやレンジャー・トークのシーンのある映画あるいはドラマ...もしくはTSUTAYAさんで貸してくれそうな映像...です。これに関しては、引き続きリサーチしていきたいと思ってますので、見かけたらよろしくね!
(あるいは、そういうシーンの登場する小説や物語でもいい)
Commented by 愛美 at 2009-02-24 18:10 x
そんなことないですよー。
自由な存在っていうことです(笑)。

Commented by maruyama_takahiro at 2009-02-24 18:53
最近...
「あ、動いてもいいんだ」なんていう当たり前のことに気がつきました(なんだそりゃ)。独り身と書いて「独身(どくしん)」と読む。
なにげにROCKでカレー食べてるかも。
<< デジ研 学習会 エコツアーガイドスキルアップ研修会 >>