本の評価

例えば、宿泊施設の評価などに
 総合評価   ★★★★☆
 部屋     ★★★★☆
 料理(朝食) ★★★★☆
 接客・サービス★★★★☆
 風呂     ★★★★☆
 料理(夕食) ★★★☆☆
 清潔感    ★★★★★


みたいなのがあるみたいに、図書にも何かそんな評価があると、本も選びやすいよね。
例えば
「時をかける少女」筒井康隆著ならば、
 青春度    ★★★★★
 恋愛度    ★★★☆☆
 涙腺度    ★★★☆☆
 爽やか度   ★★★☆☆
 ファンタジー ★★★★★
 サイエンス  ★★★★☆
 ミステリー  ★☆☆☆☆
 スピリチュアル☆☆☆☆☆
 アドベンチャー★☆☆☆☆
とかね。

この他にもどんな[項目]を設けたらいいのかな。
これも図書館プログラムのひとつとして、作ってみたいですね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-03-12 23:04 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(0)
<< 本の評価 2 読書の読み易さレベル >>