企業からの支援

どうして...と、本当に思う。
日本の企業は、ALA(米国図書館協会)へは寄贈や助成しているんですね。

 ・日本の小説・ノンフィクションの翻訳版を米国の図書館に―ALAとトヨタ自動車が助成
 ・任天堂、5公共図書館とALAにWiiのゲームソフトを寄贈(米国)
  (どちらもカレントアウェアネスより)

日本の図書館協会さんは、企業から嫌われているんだろうか?それとも寄付や助成を受けいながら公表していないだけなんだろうか...まぁ、企業が指定管理者として図書館の仕事につくことには否定的だからなぁ...。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-03-17 20:32 | これからの図書館 | Comments(0)
<< リーディング・リテラシー向上の... フクジュソウ >>