図書の読みやすさ度解析プログラム

検索してみると、実はけっこう、読みやすさに対する解析ソフトがあることに気づく。
何よりもびっくりしたのは...
MS-Wordにはすでに、作成中の文章に対する読みやすさ解析機能がついていたことだ(ワードすごいぜ!)。

ただ...僕が作成中の読みやすさ解析と、既存のそれとは大きく異なっている点がある。
たぶん、アカデミックなアプローチだけでは見つからないポイント...だろうな、たぶん。
いやむしろ、アカデミックなアプローチにおいて、そのポイントに対する知見が生まれていない事にも、少し驚いてはいますけどね。

というわけで、3月いっぱい練り込んで、4月からアクションを起こしたいと思う。

※それにしても、これって《特許》の対象になるようなことなのぉ?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-03-18 18:12 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(0)
<< 読みやすさ度解析プログラム 2 宇宙戦艦ヤマト 2009 劇場... >>