図書館でハンズ・オン

博物館や美術館では、子どもたちに体験的な学習の場を提供することを目的とした、ハンズ・オンとよばれる取り組みが増えているようだ。さわっちゃダメというミュージアムから、どんどんさわってミュージアムに転換している。

ひるがえって、図書館の世界ではどうだろうか。『図書館でハンズ・オン』は成立するものなのだろうか。博物館的なハンズ・オンとは違ったアプローチにはなるかもしれないが、図書館にあるさまざまなジャンルの図書を使いながら、触ったり体験しながらその本から情報を得るような...なにかそんな仕組みづくりができたらいいなぁ。

山中湖情報創造館では、図書館でハンズ・オンを歓迎しますので、アイデアがありましたら、どしどしお寄せください。ここには、考えたり、作ったり、試したり、遊んだりできる場があります。

たぶん、
「学びを遊びに」よりも「遊びを学びに」する姿勢が大事なんだと思う。


ハンズ・オンとこれからの博物館―インタラクティブ系博物館・科学館に学ぶ理念と経営

ティム コールトン / 東海大学出版会


ハンズ・オンは楽しい―見て、さわって、遊べるこどもの博物館

染川 香澄 / 工作舎


[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-03-23 19:58 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(0)
<< Community Archi... 電子ブックのバトルが...はじ... >>