無料サービスを使うために“お金”を使う経済

最近、ネットで起こっていることを自分なりに考えている時に、ふとこんな思いが出てきました。

 無料サービスを使うために“お金”を使う

例えば、
・無料のブログを開設したいために、セミナーを受講する...とか。
・YouTubeでお店のCMを流したいから動画制作を発注するとか、
インターネット上の無料サービスを使うために、経済が動く...ということを、いくつかの場面に見聞きしている。

[広告]と[無料サービスを利用するために派生するビジネスモデル]

この2つが、何か大きな流れになるような気がしている。

公共図書館は、そもそも入館料無料、資料提供の無料が大原則だが、そのサービスを受けるために人は何に“お金”を払うだろうか...そんなことをちょっと考えている。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-03-30 13:12 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 実写映画「かいじゅうたちのいる... 2015年の公共図書館を像 >>