正しい情報を伝えるために図書館にできること

なんだか日本中が緊張したままなので...むしろこの状態にすることが目的だったんじゃないかと思えるほどです。しかも、狙い通り(?)の誤報さわぎ。
こういう時に、県民や地域住民に[正しい情報を伝える]ために、公共図書館って何ができるのでしょうか。地域を支える情報拠点が《無力》であるとは思いたくない...のですが...

 ・「北朝鮮からの飛翔体」誤報に関するニュース Googleニュース

※それと...こうした報道は、日本政府と行政の情報能力を世界中に晒す事にもなるので..。控えた方がいいんじゃなでしょうか。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-04-04 14:45 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 情報戦と図書館 図書館でハンズ・オン 2 >>