統計思考力

不透明な時代を見抜く「統計思考力」

神永 正博 / ディスカヴァー・トゥエンティワン


図書館のレファレンスサービスや調査相談においては、【ど】がつくほど「聞かれた事にしか答えようとしてない」...なので、質問する側がとっても熟考した上でないと質問すら出来ない...ということがある。逆にレファレンスサービスを受けようとする方のご質問が、ほんとうに解決したい課題に対して、すごく遠回りな質問だったりすることもある(この件に関してはまだ後日あらためて)。

さて、タイトルにもある「統計思考力」では、ズバリその答えが文献になっているというものではない。統計データ等を眺めながら、その数字のかたまりの中から「事実を読み取る」なんてことは、図書館のレファレンスサービスの範囲ではない...かもしれないけれど、そういう読み方もありますよ...程度のサジェスションはあってもいいんじゃないかな。

とうわけで、この本をおススメします。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-04-15 22:34 | これからの図書館 | Comments(0)
<< メディアリテラシーワークショッ... いよいよ、2.5 >>