メディアリテラシーワークショップ 2009

ここ数年、情報通信月間の事業として、県立科学館で「メディアリテラシー・ワークショップ」をやらせていただいている。一方的に知識を教えるのではなく、子どもたちと一緒になって、体をつかって体験しながらメディアに対する素養を高めてもらおうという趣旨だ。

 2008: 君もニュースキャスター(ニュースの読み解きとポッドキャスト風)
 2007: マイデジタルムービーを作ろう(フォトシネマ/デジカメでアニメ)
 2006: マイデジタルムービーを作ろう(フォトシネマ/デジカメでアニメ)
 2005: ビットのきもち(ドット絵とパケット通信)
 2004: ビットのきもち(ドット絵とパケット通信)

2009年は、「地図」をテーマにしたワークショップを考えている。カーナビやGoogleマップス、GoogleEarthなどコンピュータとインターネットと地図との関係は、いろいろな場面で生活の役に立っている。そうした「コンピュータマッピング」について学ぶとともに、「道順を伝える」をテーマにしたコミュニケーション体験学習をプログラムしてみようと思っている。電話など言葉だけで道順を伝えることって、ほんとうに難しい。伝える力/受け取り理解する力、そして情報をもって次の行動が左右される...こうした一連の情報行動の流れを「地図」をテーマとしてメディアリテラシーワークショップとして展開してみようと思う。

さ、今日はこれから打ち合わせに出掛けてきます。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-04-16 06:50 | デジ研 | Comments(1)
Commented by ふじぽん@宇都宮 at 2009-04-16 08:32 x
お久しぶりです。
当方も情報通信月間は、2つの団体で色々とやっています。
片方は、県の情報セクションと協働でブース展示。
もう一方は、毎年色々手を変え品を変えていますが、
今年は、大学生と一般人を中心に、携帯電話を持って街に出てもらい、
とあるテーマを基にした記事を、マップ上にプロットするワークショップを実施予定です。
<< 超時空的におススメ 統計思考力 >>