未来のギルバートはKindleで頭を叩かれるか!

Kindleを見ていてふと思ったことなんです。
皆さんご存知の「赤毛のアン」。登場人物のアン・シャーリーが学校で赤い髪の毛をからかわれて、相手の男の子(ギルバート)を[石板]で叩くシーンがあります。当時の学校の授業では、紙と鉛筆ではなく、石板(小さい黒板)とチョークで、学んでいたんですね。

今回発表された、KindleDXは、書籍だけでなく、新聞や雑誌までもターゲットとしていますが、さらに[教科書]すらもその視野に入れているようなのです。つまり、学校の教室の中で、KindleDXを使って学習するシーンが、そう遠くない将来、米国の学校で誕生する可能性があるのです。それはコンピュータの時間ではなく、ごく普通の授業にです。教科書とノートの違いこそありますが、僕にはこのKindleが「赤毛のアン」の時代の[石板]みたいに見えてしまうのです。

そう考えてみると、同時代の日本では[石板とチョーク]を使うのは先生で、子どもたちは[半紙と墨]で学んできているんですね。それが今日[ノートと鉛筆]に変わっていった。この先デジタル装置がどのように変化するか、導入されていくのか予測は難しいですが、こう考えることはできないでしょうか。

書いては消す行為によって学ぶ[石板とチョーク]と、書いては捨てるあるいはその紙をとっておく[半紙と墨]との学び方の違いが、実は文化形成に大きな影響を及ぼしているのではないだろうか、と。

かつて理想のコンピュータとして描かれた、アラン・ケイ氏の「ダイナブック」や仮想装置「マジック・スレート」、StarTrekにも出てきそうな電子パッド等々...米国のデジタルデバイスは着実に未来に向かっている...と、感じてしまうのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-07 11:41 | 日々是電網 | Comments(2)
Commented by 110kA at 2009-05-07 20:34 x
DSを使った授業って言うのはあるみたいですね。
教育用ソフトを使う、とは違う感じみたいですが。
へー、とか思いつつ軽く流したんで、詳細は良く分かんないです。
Commented by maruyama_takahiro at 2009-05-09 01:08
ちょっと気になるけど...DSかぁ。
できれば、Wiiを体育に取り入れるとか...あると面白いんだけどなぁ。

それにしても、日本の図書館に、WiiだのPS3だのが入る日って、来るんだろうか。
<< 日本はもう立ち直れない(改題「... ブック検索 -すべてはGoog... >>