ウェブ上の新聞記事で困ること

Googleニュースなどで、全国の主要な新聞記事を知ることができ、これはという記事はクリッピングをしていたりするのですが、ここで困ったことが起こるのです。それは


1.県名が省略されている。

  「山梨県では~」とか「神奈川県では~」とは書かずに、いきなり「県は~」で始まる記事の実に多いこと。いや、ほとんどの新聞記事はそうなんです。ちょっと見てみてください。特に地方紙の記事では「県名」が書かれている場合はとても少ないのです。もちろん地元の新聞の上ではそれでもよいでしょうし、ウェブサイトを見れば〇〇新聞と県名が出ているのでしょうが、記事そのものをみると、あっさりと省略されているのです。


2.地名がわからない。

 1のせいもあるのですが、いきなり「皆野町」と書かれて、何県だかわかりますか?これがけっこう多いのです。ましてや平成の大合併で、昔の町村名からがらっと変わってしまったところなんぞは、都道府県名が省略されると、まったくわかりません。これも地方紙の新聞記事をみると、ほとんどが県名を省略しているため、市町村名からはじまってもまったくわからないことがあります。


3.ウェブ記事を前提にすると

 たしかに地方紙の紙面で読めば、ちょっとばかりくどい表現になってしまいますが、こうしたことって、実はとっても大切なんじゃないか...って、思うんですね。ジャーナリストのみなさんは、そのあたりのことって、どう思っているのでしょうか。


4.ウェブ上に残る記事と残らない記事

 この区別がよくわからない。特集記事などはず~~~~っと残っているのに、昨日今日のニュースは一週間もすればあっさり削除されます(だからクリッピングするんですけどね)。消費期限じゃないけれど、いつまでアップしている記事なのかを明記してもらえると、ちょっとうれしいです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-08 16:55 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 印刷・出版・書店・図書館 おススメ「旅する会社」 >>