正しい情報による正確な判断

正直に言おう。
日本人は「正しい情報による正確な判断と行動」ということに関しては、残念ながら十分なトレーニングがされていない。図書館の使われ方をみていてもそれはかなり感じているし、そうであるから今までの図書館で良かったように思います。

「自分に取って都合のよい情報を、正しい情報として受け取ってしまい、その情報に基づいて判断し、行動を取ってしまいがち...」

であることを肝に銘じておいたいい。
こうした時に、二つの対応がある。

ひとつは、確実にここからの情報は正しいという情報源を決めて、それ以外の情報はノイズとする。
もうひとつは、とにかく多種多様な情報を収集し、その中から取捨選択する。
ま、上記二つのミックスも含めればみっつの対応があるといえる。

今までの図書館のスタイルを考えると....早い時期に「正しい情報提供の戦線から離脱してしまうようだ」。閉館していても、情報提供はできるはず。こういう時こそニューヨーク公共図書館が9.11直後から始めた情報提供を見習いたい。

【参考:対応の良い/悪いの判断はしないでください】
 ・高槻市立図書館ホームページ
 ・「新型インフルエンザ対策について調べる」 千葉県立図書館
 ・山中湖情報創造館
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-18 12:46 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 返却図書のアルコール消毒について あいかわらず ー指定管理者をめ... >>