プレゼン修行

前の投稿のように...プレゼンがもっとうまくなって(それが目的じゃないけど)、伝えたい事を相手にきちんと届けたい/記憶に残して欲しい(こっちが目的)と思っているのですが、なかなか難しいものです。それでも、僕のなかには「あ、こういうプレゼンができるようになりたいなぁ...」というビジョンは持っているんです。到底追いつかない存在ではありますが、こちらのお方。



iTuneを使っている方は、こちらを。
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=275834665

僕は大きな勘違いをしていて、こうしたプレゼンスタイルは、スティーブ・ジョブスさんが特別なのかと思っていたら...実はそうではないんです。こちらをみると、実に様々な方々が、魅力あふれ聞いた人の記憶に残るプレゼンテーションを身につけていらっしゃるんですね。

 ・http://www.ted.com/index.php/talks

こういうステージをみると、僕が日本で見ているプレゼンテーションのレベルは...まだまだそこまで行っていないようで...残念な気がします。

単純に[よいプレゼン]と[わるいプレゼン]があるんですね。
見分け方は簡単。[パワポの画面を読ませるプレゼン]はほぼ間違いなくダメなプレゼンです。残念ながら...これが実に多いのですよ。せっかく直接本人が話せる機会があるにも関わらず、プレゼンターも資料を読むために下を向き、オーディエンスも配布資料を見るために下を見、結局プレゼンテータとオーディエンスが[印刷物]を介してコミュニケーションをとっているだけなんです。正直なところ...「それでプレゼンなの?」というのが...悲しいくらい多いんです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-28 23:58 | ひとりごと... | Comments(0)
<< Library Songs (... 助成金申請 >>