たぶん“フィルム”だけじゃないコミッションのあり方

全国的にタケノコのように誕生した「フィルム・コミッション」
正直なところ、地元の活性化のために「映画を利用しよう」という魂胆がどうも好きになれずにいたりします。本当に「映画が好き」で地域をあげて協力したい...という意図なら大賛成なんですけど。

ただ、“フィルム”コミッションでいいんだろうか...というのが、最近の疑問。
実際には、フィルムだけじゃなく、ビデオもあるし...すでに映画の世界でもフィルムやビデオテープではなく、撮影時点からハードディスクというのもあるけど...基本的に[映像コンテンツ]を対象としている。
でもね...このブログの前の記事でも書いたんだけど、日本の児童文学/子ども向け読物の中に、実は魅力的な『場所』がないことが判明(かなり独断と偏見かもしれないけど)。ナルニア国とかホグワーツ(学校)とか、ネバーランドとか...空想の世界でも『行ってみたい場所』が日本の物語世界には極端に少ないように思う。

そこで提案。フィルムコミッションではなく、ストーリー・コミッションというのを提案してみたい。

岩手県のイーハトーブは、宮澤賢治一人の作品世界でしたが(漫画家ますむらひろし氏も含めると二人)、複数の作家さんが、それぞれの作品の中で用いることができる『場所』を提供できるコミッションのあり方。というのも考えられるんじゃないでしょうか。

例えば、『山中湖』あるいは『富士五湖』あたり
作家の方に、こんな場所がありますよ...このローケーションを物語に使ってみませんか?とか...ね。

「地域コンテンツ」の掘り起こしの先に、そんなことをイメージしていたりするのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-06-03 13:05 | 地域の情報拠点 | Comments(0)
<< 地域メディア/市民メディアが.... 宇宙戦艦ヤマト 復活編 >>