デジタルサイネージの本質は「電子壁新聞」だと思っている

いよいよ、デジタルサイネージ(電子看板: Digital Signage)の市場が動き始めた。
あえていおう。これはほんの始まりにしかすぎない。

多くの電子看板は、広告としてのポスターやテレビのCMみたいなものだ(映画「ブレードランナー」に出てくる「ワカモト」の広告みたいな感じ)。ただ、これはまずは本の手始めにしかすぎない。

本格的に、デジタルサイネージがデジタルサイネージでなければならない...そういうコンテンツのスタイルとして、僕は

 電子壁新聞

があると考えている。読ませることで「滞在時間」を長くすることができる。が、電車の都合もあるので、続きは「ケータイに(ダウンロードして)見る」あるいは「そこから電子新聞や電子雑誌などを購入」してもいいだろう。デジタルサイネージは電子看板であると同時に、電子媒体の自動販売機にもなるような感じ。
そんなことを考えている。

僕たちは、久しく「壁新聞」というメディアから離れていたが、広告ポスターでもなければ、新聞でも雑誌でもない...そんな「電子壁新聞」。ちょっと目先の変わったメディアが登場するのかもしれない。

...なんてね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-06-04 18:38 | 日々是電網 | Comments(0)
<< これは予想以上に激戦(?)かも。 幻想現実 Fantastic ... >>