電子出版の現状と課題

...などをこの目で確かめたいと思いまして、10日(金)の午後にはこちらの会場に出没しております。

 ・東京国際ブックフェア

実は日本における電子出版の市場規模はすでに、464億円だそうです(出典:http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=225052&lindID=1)。ケータイが86%という点が特徴的で、米国のような「電子ブックリーダー」は浸透しませんでした。

さて...この分野が今後どうなるのか、図書館としても楽しみですし、デジタルアーカイブのための媒体としても興味津々です。どちらにしても現状の電子出版は、あまりにもフォーマットが乱立し、端末も種々雑多。1コンテンツを購入すればパソコンでもケータイでもiPhoneでも読める...という時代は、まだちょっと先かもしれません。が...いつかくるその日のためにも、NPO法人の取り組む事業として視野に入れていきたいと思っています。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-07-08 19:28 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 電子出版の駆け込み的展開(?) 図書館振興財団による平成21年... >>