デジタルコンテンツをめぐる現状報告

デジタルコンテンツをめぐる現状報告

スタジオポット


昨日の東京国際ブックフェアにて、長尾館長と沢辺社長とのトークセッションで...いわば[木戸銭]として宣伝していた本を読んでみました。
こうやって叡智が集い、情報を交換し共有し、少しでも良い未来をつくろうとしている...そんなことを実感します。

そういえば...山梨県でも「地域コンテンツの流通」を考える集いがあるのだが....
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-07-11 13:56 | おススメ | Comments(0)
<< 「理想書店」に何が起きたのか!! 日本人の欠点[何%の完成度なら... >>