まち歩きツアーも National Park Ranger のお仕事



プロフェッショナルとはこういうことさ。
って言いたい感じ。でもそう。これはアマチュアのボランティアではなく、本物のプロとしての仕事。

この映像から見て取れるのは、10人程度の少人数をガイドしていること。たぶん土地柄もっと多くのビジターが参加しているのではないと思うのだが。そこにはこんなことを感じてしまう。

・少人数性をとることで、インタープリターの人数を多くする必要がある(雇用を生む)
・インタープリターを多く抱えることで、リスクマネジメントにもなる。(体調不良者が出ても、誰かが参加人数を倍にすればすむことだ)
・インタープリターを多くすることで、お互いの競争心から、より質の高いインタープリテーションを提供しようとする

等々が考えられる。
また、とっても重要なことは、日本だと[観光ガイドは高齢者によるボランティア]が当然のように考えられているが、むしろ若い人材の雇用の機会として捉えた方が良い。

学ばねば。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-08-24 23:08 | 地域の情報拠点 | Comments(0)
<< 行く夏に -山中湖のスワンボート 公共図書館に配布用選挙公報は置... >>