日本ものがたり遺産 JAPAN STORY HERITAGE



TOKYOメディフェス2009の企画である「1000人でつくる未来の番組欄」プロジェクトへの参加企画として作ってみました。

物語のカタチ(スタイル)
 ・5W1Hのある物語
  When Where Who What Why How
 ・10分未満で語れる物語
 ・生身の人間が[語る]ことが前提
 ・台本/脚本を一字一句覚えて語るのではなく、物語のポイントを押さえた上で、即興(インプロ)で実施できる
 ・親から子へ、学校の先生が児童生徒へ、ちょっとした時間を使って“ものがたれる”ものです。

ひとまず、こ〜んな感じ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-09-21 01:37 | 地域コンテンツ | Comments(0)
<< 「物語」の持つ[情報組織化力]... 夕焼けの山中湖 >>