図書館ってちょっと左系?

そんな話を耳にすることもありますが、ここは設立の経緯もあることだし、どちらかというと、真ん中ちょっと右っぽい本もあるかな。
そんな中で、この本は入れようと思っています。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子 / 朝日出版社



戦争の悲惨さを伝えるイベントや本はあるのですが、なぜあの時代に勤勉で真面目な日本人が「戦争」を選び、突き進んでしまったかを、ちゃんと伝えてくれる人はいませんでした。そんな中で、加藤陽子先生の著書は、かなりいいです。おススメです。

むしろこのことを知らないと、今の世の中がもしかりに「戦争に向かっている」としても、気がつかないかもしれません。なので、ぜひご一読をお勧めします。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-11-03 01:40 | おススメ | Comments(0)
<< 蔵書構成から見るビジネス支援の... お料理的読書のススメ あるいは... >>