蔵書構成から見るビジネス支援の在り方を、ちょっとだけ考えてみる

ことのおこりは、山中湖情報創造館の蔵書構成の調査から

 ・日本十分類別 蔵書構成
  ちなみに、その他とあるのは絵本や紙しばい、視聴覚資料などです。

これをtwitterに投げたところ、とある方からこちらを紹介いただきました。

 ・三田図書館・情報学会
ここに紹介されている(以下引用)
2009年度研究大会ベストプレゼンテーション賞には59票の投票があり、池内淳氏(「公立図書館の蔵書構成比と貸出規則に関する実態調査 」)が15票を獲得し、授賞が決定しました。投票理由は、分かりやすくユーモアが あった、スライドも説明もわかりやすかった、聴衆をひきつける発表だった、などです(発表のPDFファイルを閲覧できます)。次点は安形輝氏(14票)でした。 [2009年9月26日](ここまで)

にあったPDFには、全国の図書館に対して行ったアンケート結果が集計されており、蔵書数に応じたNDC構成比が描かれてました。

 ・公立図書館の蔵書構成比と貸出規則に関する実態調査 (PDF)

このPDFの13ページに、その蔵書規模に応じたNDC構成比が出ております。

そこをみると、やはり圧倒的に9類(文学)が多数を占め、8類(言語)、0類(総記)、1類(哲学)そして6類(産業)が、思いっきり低いことが明らかになります。
中でも昨今ビジネス支援をうたっている公共図書館においては、この6類が低いのは、ほぉっておけないのではないかなぁ…と、感じたりもします。

ここには、農業、園芸、蚕糸業、畜産業. 獣医学、林業、水産業といった一次産業と、商業、運輸. 交通、通信事業などの三次産業が含まれており、ビジネス支援には欠かせない[商業]はここに含まれているんです。もちろんNDCの3類の社会科学の中に、法律やら経済、財政などの分野もありますが、直接[起業]や[ビジネスを起こす]ということを考えると、この6類の充実が不可欠ではないのかなぁ…と、おもったりもするわけです。

お近くの図書館にお出掛けの際には、ぜひこの6類(6で始まる3桁の数字がついている本)を探してみてください。あまり古い本ばかりだと…。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-11-03 19:16 | これからの図書館 | Comments(1)
Commented by やまこ at 2009-11-03 23:45 x
そうなんですよね。基本的なものはともかく、法律や税法はすぐ変わるし、ビジネスはサイクルが早すぎで、図書館の本じゃ間に合わないんだよね。
<< Eric Schmidt, C... 図書館ってちょっと左系? >>