図書館総合展2009

PB113727
写真をクリックするとflickrのページを表示します。

主催TRC
フォーラムタイトル指定管理者館長によるパネルディスカッション
~公共図書館の運営受託・指定管理について~

時間・場所15:30~17:00 特設B会場
講師【コーディネーター】
坪井賢一(株式会社ダイヤモンド社取締役)
【パネラー】
前野 惠史(播磨町立図書館館長)
伊藤豊仁(北九州市立戸畑図書館館長)
丸山高弘(山中湖情報創造館館長)
新谷迪子(千代田区立千代田図書館館長)


スライド.001
画像をクリックするとflickrのページを表示します。

スライド.002
画像をクリックするとflickrのページを表示します。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-11-12 02:11 | これからの図書館 | Comments(4)
Commented at 2009-11-14 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maruyama_takahiro at 2009-11-16 21:08
>鍵さん
コメントありがとう。
そちらの内容はいかがでしたか。

そろそろこうした展示会だのセミナーだのを、きちんと保管して利用できるような環境づくりが求められますね。使い捨て感があってもったいない感じ。
そこで大学などが導入をすすめている「機関リポジトリ」などをエンジンに、地域の話題やネタをコンテンツとした、「地域リポジトリ」の存在が不可欠ではないか…などと、思い至っております。

Commented by 通りすがりの者 at 2009-12-25 13:32 x
出たくても出られなかった人に、記録として残せないですかね。1回きりでしょ もったいない。
まったく同感です。
イベントなんて何べんやってもお祭りみたいなもんで、
続けることだけが目的になってしまうから。
Commented by maruyama_takahiro at 2009-12-25 14:26
> 通りすがりの者さん

コメントありがとうございます。
Ustreamのそらのちゃんのチャンネルをみていると、すごく感じます。
あ、もうできるんだ…って。

http://www.ustream.tv/channel/sorates
(ひょっとしたら、そらの@日常 かも)

都道府県や市町村の主催イベントは、税金を投入しているのであれば尚の事、当日参加できた人だけにしておくのは、むしろ問題があるかもしれませんね。
<< 【備忘録】「地域リポジトリ」と... ウルトラマンという名のロールモデル >>