ウルトラQ ダーク・ファンタジー

ウルトラQ~dark fantasy~case1(初回限定盤)
/ エイベックス・ディストリビューション
スコア選択: ★★★

初回限定2000円だったので買っちゃいました。オープニングだけでも楽しい....
38年前のウルトラQは、モノクロテレビで、あのマーブル模様が電車の軋み音とともに、「ウルトラQ」になる画面は、なんともいえない感じです。うわぁぁ...始まるんだ..。と子どもごころにわくわくしていました。さて平成版ダークファンタジーも、そのテイストをいたるところにちりばめていまして、石坂浩二ならぬ佐野史郎のナレーション、ガラモンならぬガラQとガラゴン。丸山としては、ウルトラQをはじめとして、初期のまだ手作り感覚の残る特撮ものが大好きですね。なんだか、プラモデルを使って自分でもつくれそうな気になってくる。そうなんです。特撮が好きなのは、どこかに「自分でも作れるんじゃないか」って感じるところなんですよね。昨今のCGビシバシの映像はちょっと...と思うのですが、それでも3Dソフトを使って、コツコツとやってできないこともない。そんな想いの原点に、「ウルトラQ」はあるのです。
※ついでにゴジラもね!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-08-27 17:11 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)
<< Volunteer と ボランティア それは「情報(化)」ではない。 >>