iPad を電子書籍リーダーとして見る

a0001068_16252459.jpg


あちらこちらで、iPadに関する不満点が出て来ているが、中でもUS版以外にiBookstoreが入っていない!ということで、日本の電子出版がiPadで対応していないかのごとくの言説が、あまりにも気になったので、twitterのつぶやきではなく、ブログで書いてます。

 ・iBooks 電子書棚ソフトのアプリケーション名
 ・iBookstore iBooksを通して電子書籍を購入できるサイト

なのです…いや、むしろ「そんなアプリのひとつでしかない」と言い切ってもいいくらい。
ただ、このサイトでは、米国内で販売されている書籍をePub形式にしたものしかなく、ここには英語以外の書籍…たとえば日本語書籍があるわけではありません。

またiTunesで購入する音楽と異なり、iPad上で電子書籍を購入する方法は iBookstoreに限定していない。ということも大きなポイントです。すなわち、日本語の電子書籍はiBookstoreを通さなくても購入することができるのです。

それはすでにiPhone / iPod touchアプリも提供している、理想書店 http://www.dotbook.jp/store/ やディスカヴァーデジタルブックストア http://store.d21.co.jp/ 、電子雑誌ならマガストア http://www.magastore.jp/ で日本語の電子書籍や電子雑誌を購入することができ、iPadで読むことはできるのです。iPhoneサイズ表示や単純に2倍の拡大表示は現状のままで可能ではないかと思っていますし、早晩 T-Time (ヴォイジャー)ビューワーがiPad解像度に対応すると予想されるので、それで問題なく日本語の電子書籍を読むことができます。

たしかに、iBooks にみられるような、ページめくりのギミックとか、本棚が回転してブックストアが表示される…などの視覚的エフェクトがどこまであるかとか、価格が紙の本よりも安いとか同価格かとか…は気になりますが、日本で発売されるiPadにiBooksが無くても、実はそれほど大きな問題ではない。と、僕は言い切っちゃいます。

…というわけで、たぶん今後も日本で発売されるiPadにiBooksアプリが搭載されていないことを、あたかも日本の出版社が電子書籍市場に乗り遅れた…云々の記事を見ても、正直なとこと僕はライターさんの見識を疑っちゃおうかなぁ〜、なんてことを考えていたりするのです。

電子書籍/電子雑誌に対してはそうなのですが、それよりも…実はもっと大変な問題があるのです。それは… 日本のiPadでは映画「スタートレック」を見ることはできない…のです。それ以外の映画やテレビドラマも…こっちの方が実は問題なのではないでしょうか?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-01-29 16:38 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 日本版iPadではムービーやT... Apple iPad $499〜 >>