カテゴリ:お役目( 25 )

ご来館、ありがとうございました。

NPO図書館の学校のセミナーにて、二度ほどお話をうかがい、機会があれば山中湖におこしいただけたらいいなぁ...と思っていた方に、ご来館いただきました。
キャリアもちょっと魅かれるものがありますが、現在取り組まれているテーマについての深い洞察力にも、さらに魅力を感じる方です。

 ・大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授、永田潤子のウェブサイト
 ・見かたを変えれば錬金術〜永田潤子の日々 在りたきままに (ブログ)

先日の、指定管理者セミナーで話したプレゼンを使いながら、今僕たちが取り組んでいることなどをお話させていただきました。他の指定管理者制度を導入した施設とは異なり、「公共図書館における指定管理者制度」は、ほんとうに話が尽きません。指定管理者制度の話をしているうちに、現在の日本の公共図書館の在り方の課題の話になったり、山中湖の場合は運営母体であるNPO法人の経営と運営の話になったり....明日は千代田区に行かれるそうなので、図書館における指定管理者では、うちと違ういみで特殊事例ではあるとおもいますが、先生のご考察をお伺いしたいと思っております。

それにしても....先生のキャリアといい、なんといっても同い年ということもあって、これからもいろいろなご教授をいただきたいと、思っております。

(菅谷さんと永田さんが手を組んだら、日本の図書館界は本当に変わるかもしれない)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-20 23:17 | お役目 | Comments(0)

平成19年 指定管理者セミナー 音声のみ

音声のみです

ダウンロード
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-20 01:42 | お役目 | Comments(3)

平成19年度 指定管理者セミナー プレゼン

昨日の指定管理者セミナーでのプレゼンを動画にしました。
ご覧下さい。(音声はありません)



セミナーの時もお話させていただいたのですが、僕たちはいくつかの事柄を、ほぼ同時進行で解決する道を選んでいるように思います。最初からひとつずつ解決する事ができない連立法的式のようなもので、解法となる数式を導き出すか、ひとつひとつ変数を代入しながら解を導き出すか...どちらにしても、すごいチャンスです。

私たちの課題として

1.指定管理者制度下での仕事の進め方
2.公共図書館という公の施設(これから&そのつぎの図書館像へ)
3.NPOの運営と経営
4.人口規模(商圏としてのエリア)
5.一人ひとりの個人の在り方

どこか一つずつ解決できる問題ではなく、相互に変数を持ち合っている連立方程式のような課題なのです。

音声ファイルはこちらです
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-19 17:16 | お役目 | Comments(0)

今日のお役目

久しぶりに上京しました。

1.平成19年度 指定管理者セミナー[財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)]
a0001068_2357636.jpg

僕は午後の事例発表の2番目(30分)。ある意味で、僕たちが現在取り組んでいる課題解決の概要説明...みたいな感じになってしまいましたが、会場を埋める参加者の数をみても、それぞれの自治体がかかえている課題、解決手法としての指定管理者制度の導入にさらに拍車がかかる時代が来るのではないか...と、感じました。

 ・財団法人 地域総合整備財団〈ふるさと財団〉



2.霞ヶ関ナレッジスクエア
a0001068_02934.jpg
1月4日にオープンしたばかりの知的活動拠点「霞ヶ関ナレッジスクエア」に言ってきました。場所は霞ヶ関コモンゲート(中央合同庁舎第7号館:ここがわからなかった...)。ショップやレストランが入居するその3階にある「スタジオ」や「ラウンジ」、1Fにあるエキスパート倶楽部などを拝見。インターネット完備はもちろんいろいろな可能性を感じるスタジオ(170インチのスクリーン、ハイビジョンカメラや編集機能も持った調整室もすごい)には感激しました。お話をうかがうと開館以来、会議室として使っているとのこと...ちょっと〜かなりモッタイナイな..なんて。
夕方になると、1Fのエキスパート倶楽部はワインバーになるとのことで、さっそく1杯ごちそうになりました。で、なんと『シャトレーゼ』さんでした。山梨県人が霞ヶ関で地元企業のお店でワインなどをいただくとは...かなり感動的。帰り際にワッフルをいただいたのですが、その理由が「今日は金曜日、霞ヶ関は土日は人がいないので、その間に消費期限が切れてしまう。けっきょく廃棄することになるので、お持ち下さい」ということです。もったいないのでお言葉にあまえて...かなり沢山いただきました。ありがとうございました、M山様。

 ・霞ヶ関ナレッジスクエア



3.友人の個展
a0001068_0183729.jpg
とある友人(ほとんど男女を越えた親友)からメールをもらい、学生時代の仲間が個展を開催しているとのこと。今日のスケジュールからいってどうかなぁ...と思っていましたが、代官山の会場まで行ってきました。インテリアデザイナーの彼と彼をサポートする奥様(同級生の奥様)も、なんだかなぁ...変わらんのですよ。年数は経っているのにね。夢をもって、いつもチャレンジしつづけているって、いいなぁ...って、思いました。彼らのワークス(作品)を見ると、インテリアデザインだけでなく、ロゴマークなどの含めたデザインワークにちょっと感動。そうそう、僕もそんな勉強をしていたんだっけ...なんて。ご興味がありましたら、代官山にお出かけの際にぜひお立ち寄り下さい。僕のブログを見て来ました...と言えば、コーヒーサービスがあります(...って、来てくれた人には全員もれなくコーヒーサービスがあります)。そうそう、さっきのシャトレーゼのワッフルはここで消費してもらうことになりました。

 ・ACCESS -DESIGN OFFICE-

と...そんなわけで、新宿発の最終バスに乗り山中湖には22:08着。
今夜の山中湖は-9℃です。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-19 00:16 | お役目 | Comments(0)

指定管理者制度で公共図書館を

市場化の時代を生き抜く図書館―指定管理者制度による図書館経営とその評価
新谷 良文 / / 時事通信出版局
スコア選択: ★★★
指定管理者制度―文化的公共性を支えるのは誰か
小林 真理 / 時事通信出版局
スコア選択: ★★★★★
公共図書館に対する指定管理者制度導入に関しては、まずこの2冊を読んでいただければ、概略をつかむことができる(もちろん全てではない)。
特に「市場化の時代を生き抜く図書館」においては、現在そして将来にわたって公共図書館が直面する『右肩下がりの時代』において、直営・業務委託・指定管理者そして市場化テストの導入等、多様な経営形態をとるにしても、取り組まなければ生き残る事すらできない図書館の未来を描こうとしている。ここでは現状における認識を共有するとともに、「おそらくたぶんこういう試みをしてみることは有効なんじゃないかな」という、いわば[課題の顕在化]と[課題解決のひとつの方針]が描かれている。文章の中には、確実に未来を見据えているキーワードがちりばめられている。

 じゃぁ、具体的に教育委員会の現場で、直営の図書館として、業務委託で働いている人やそのマネージャーは、指定管理者で運営している図書館では...何に取り組んだらよいのか、その[ソリューション]はまだまだ、これからPDCAのサイクルの実施とたくさんの失敗を重ねなければならない。

 そういう意味で、僕たちは実験室のマウスにも似ている。
 過酷(?)な条件下で、どのように生き抜く術を見いだし、生き残るか...という点において、注目されている。

※...すでにハシゴをはずされているかも...なんて心のどこかで思っていたりして...※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-07 14:31 | お役目 | Comments(0)

あれから300年が経ちました

宝永4年(1707年)12月16日(旧暦11月23日)だったそうです。
あれから、300年が経ちました。

 ・宝永大噴火 Wikipedia
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-12-16 01:24 | お役目 | Comments(0)

審査員の依頼

まだ詳しくは書けませんが、来月ちょっと興味深いイベントの審査員を依頼されました。近隣某所での『弁論大会(?)』のようです。
どんな弁論が聞けるのか、今からとっても楽しみです。

※ブログに書ける様でしたら、レポートします※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-12-14 20:27 | お役目 | Comments(0)

埼玉県立川本高校 文化祭

同窓会会長というお役目なので、富士吉田駅始発...大月終電で行ってきました。
a0001068_201776.jpg

同窓会コーナー...というほどでもありませんが、第一回卒業アルバムから今年3月の卒業生のアルバムまで一挙公開(?)してました。
懐かしさが明日への希望と活力になるのですよ!
a0001068_232557.jpg

川本高校もいよいよファイナルタームです。3学年揃っての文化祭はこれが最後。来年度は2学年、再来年度は1学年による文化祭です。同窓会からも支援しますよ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-11-11 02:02 | お役目 | Comments(0)

平成19年度 埼玉県立川本高等学校 同窓会 総会

a0001068_9293356.jpg
腰痛にも負けず、歯痛にもまけず、丈夫な体を持ち...埼玉まで行ってきました。町村合併のため、“川本町”はなくなり、川本高校の住所も、深谷市本田になりました。
次は、11月10日の文化祭の時に、同窓会も出展することになりました。
今後は、川本高校同窓会のサイトをご確認ください。

 ・埼玉県立川本高校
  同窓会のお知らせは、左メニューの下のボタンがありますので、そちらをクリックしてください。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-06-04 09:30 | お役目 | Comments(0)

同窓会長

母校である「埼玉県立川本高等学校」の入学式に、同窓会長として招かれた。
これが最後の入学式である。

30年前に入学したときは、僕らの前に先輩たちはいなかった。
そして、今日入学する彼ら彼女等の後に、後輩たちはいない。

それでも、この川本高校を選択してくれた、新入生のみなさんには、感謝したい。
ありがとう。
相談事ができたら、少しは大人も頼りにしてください。
君たちの人生において、川本高校で過ごす3年間が、宝石の様に光り輝くことを願って。

埼玉県立川本高等学校 公式サイト
埼玉県/高校改革推進室 埼玉県教育委員会

【参考】
埼玉県立川本高等学校 Wikipedia

---以下は登録が必要です---
埼玉県立川本高等学校 この指とまれ!
埼玉県立川本高等学校Benesse 教育情報サイト
埼玉県立川本高等学校 mixi (mixi登録者のみ)
a0001068_0371534.jpg

[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-04-10 08:53 | お役目 | Comments(0)