カテゴリ:デジ研( 28 )

イベントを出産するということ

イベントの開催が、出産に似ている...なんて思っても見なかった。
今回ばかりは、強烈に感じてます。

 思いつきから始まって、イベント開催に向けた安定期に入るまでの間には、実にさまざまな事が起こる。しかも住んでいるところと、出産するところが50km以上も離れているとなおのことだ。プランニング・ブルーみたいな感じ。いやだったら堕ろせば...なんて意見も、直接ではないが耳に入っても来る。
 それにしても、何とか来週早々には安定期に入りそうな感じ。その後は開催に向けての連絡調整や広報・告知活動に入る。出産そのものは、開催日になればあれこれ言っても終了時間には終了するのだ。

 それにしても、NPOの活動を支援する企画会社が必要だと、強く確信する。NPOが実施するイベントのプランニング、チラシやポスター、看板のデザインなどを、それなりんお金額で請け負うことができる会社だ。資金が無いからといって、なんでもかんでも無料でやってしまう自分に、ちょっとばかり腹がたったりもする....あぁ、やっぱりプランニング・ブルーだ。

 前回は、Lib+Liveと合同イベントだったから、けっこう勢いで出来たんだけどなぁ...距離があるだけに...かなり困難。NPOにも実行部隊が欲しいです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-10-12 22:06 | デジ研 | Comments(0)

デジタルアーカイブで結ぶ 知の構造 〈3〉

a0001068_1941373.jpg
シンポジウム風景
ただいま、テキスト起こし、DVD編集/製作を行ってます。しばらくお待ち下さい。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-09-12 19:41 | デジ研 | Comments(0)

デジタルアーカイブで結ぶ 知の構造〈2〉

昨日のシンポジウムの新聞報道です。

新県立図書館「資料のデジタル化推進を」
 NPO法人のシンポで意見相次ぐ
山梨日日新聞社 Miljan

.
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-09-11 23:54 | デジ研 | Comments(0)

デジタルアーカイブで結ぶ 知の構造

いよいよ開催。

 『デジタルアーカイブで結ぶ 知の構造

朝から雨ですが、これからのデジ研の活動の大きな一歩となるシンポジウムです。
これから山中湖を出発して、峠を越えて、甲府に出かけます。

準備は一通りできているので(めずらしい!)、今日は客席にいる予定です(写真撮影くらいかな)。

それにしても、この取り組みが実を結ぶのは、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、動き始めたらすごいものになる...と、自負しております。
[これからの図書館]から[その次の図書館]に不可欠な3つの柱の一つを作るために、今日、その一歩を踏み出すのです。

※もしお時間がありましたら、席に余裕がありますので、予約無しでもお越しください※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-09-10 08:49 | デジ研 | Comments(0)

『デジタルアーカイブで結ぶ知の構造』新県立図書館を考えるシンポジウム

a0001068_16183343.jpg
このポスターをクリックすると大きな画像が表示されます

NPO法人地域資料デジタル化研究会主催によるシンポジウムを開催いたします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新県立図書館を考えるシンポジウム
デジタルアーカイブで結ぶ 知の構造
----------------------------------------------
図書館、博物館、美術館、資料館
関係者の方、必見!!
 NPO法人地域資料デジタル化研究会は、失われがちな地域の記憶を、デジタル技術をもってアーカイブし、共有の財産として大切に後世に伝え残す活動をおこなっております。
 新しい県立図書館建設に向けた事業がスタートしましたが、これをひとつの契機として、図書館・博物館・美術館・資料館等の関係者が集い、山梨県内における様々な地域の財産としての叡智の未来を展望し、デジタルアーカイブで結ぶ知の構造について、一緒に考えていきたいと思います。

デジタルアーカイブで結ぶ知の構造
日 時:平成19年9月10日 月曜日
    午後1時30分〜午後4時30分
場 所:山梨学院大学50周年記念会館(クリスタルタワー)6F講義室
定 員:80名(先着順)
参加費: 500円(資料代)
主 催:特定非営利活動法人地域資料デジタル化研究会

【プログラム】
基調講演「知の構造基盤としての図書館・博物館・文書館の連携」
 高山正也(慶応義塾大学名誉教授)

調査報告「図書館のトレンド分析-大型図書館の傾向と対策」
 吉井 潤 (山中湖情報創造館ライブラリアン)

シンポジウム「デジタルアーカイブで結ぶ」
 伊藤 洋(山梨大学名誉教授/NPO法人山梨県キャリアコンサルティング協会 理事長)
 丸山 修(財団法人高度映像情報センターAVCC/霞ヶ関ナレッジスクエア)
 後藤由道(株式会社ネットアドバンス/データベースJapan Knowledge)
 高山正也(慶応義塾大学名誉教授)

 コーディネータ
 小林是綱(NPO法人地域資料デジタル化研究会 理事長)

敬称略

《参加申込み》
はがき・FAX・メールに、住所・氏名・職業または所属をお書きの上、下記までお送りください。
特定非営利活動法人 地域資料デジタル化研究会
〒406-0041 山梨県笛吹市石和町東高橋133番地 常徳寺内
FAX055-262-5224
メール sympo07@digi-ken.org 担当:小林・堀水
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-02 13:26 | デジ研 | Comments(0)

平成19年度 総会

昨日は、特定非営利活動法人 地域資料デジタル化研究会の平成19年度 総会を、山中湖で開催いたしました。
今回の目玉(?)は、定款の改訂。ちらっとお知らせすると

第3条 〜文献資料ならびにデジタル資料の〜 というところ
第3条 〜文献資料ならびにデジタル資料の〜

と、“等”を加えました。これは、地域資料には文献資料だけでなく、録音テープやフィルム、写真、アナログビデオテープなど、非常に多岐に及んでいることを再確認し、文献資料とデジタル資料のみに限定せずに活動の対象としていこうという意思を著しています。

また
第4条の特定非営利活動には、
(4) 情報化社会の発展を図る活動
(5) 科学技術の振興を図る活動

の2つを追加しました。これは、デジ研設立後にNPO法の改訂によって付け加えられた項目をデジ研の定款にも加えようというものです。

さらに
第5条の事業の種類にある
(3) 図書館・博物館等の学習施設の情報化及びサービスに資する事業の受託
とある箇所を、山中湖情報創造館における指定管理者は、受託ではない。また今後受託ではない事業も展開できるようにと、『の受託』の3文字を削除
よって、第5条の(3)は、

(3) 図書館・博物館等の学習施設の情報化及びサービスに資する事業

となりました。平成19年度、デジ研はさらなる飛躍の年に、なりそうです。

a0001068_1285346.jpg


a0001068_1291351.jpg
総会後の親睦会は、BBQで交流をはかりました。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-06-30 12:00 | デジ研 | Comments(0)

いよいよ、スタート...するかも。

デジ研事務局のブログがスタート...しそうです。
暖かく見守ってあげましょう。

 ・デジ研事務局ブログ
a0001068_1332951.jpg
※ウェブサイトもリニューアル中...という情報もあるような〜。

※※実は、すでにデジ研ブログは、いくつか立ち上がっている...という情報も....
すくなくとも2つは知っている....

[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-20 15:02 | デジ研 | Comments(1)

デジ研 学習会 「Flickrを使ってみよう」

NPO法人 地域資料デジタル化研究会では、例会と勉強会を月替わりで実施してます。2月は勉強会の月でして、今日の午前中に、笛吹市石和町のデジ研本部事務所にて、開催しました。

今日のお題は、Web2.0時代のコミュニティ・アーキビスト養成講座として、写真共有サイトである Flickr(フリッカー) の使い方。朝10:00〜12:00までの2時間程の講座でした。

まずは今時のWeb2.0サイトをいくつか見て歩き、情報提供者からの一方向のウェブサイトから、オーディエンス(ウェブサイトをブラウズする人たちの総称)参加によって成立するウェブサイトのあり方などを見ました。
その後、いよいよFlickrを使うためのアカウント取得です。Flickrは、Yahoo! USのアカウントが必要なので、まずはYahoo IDの取得。アカウントに使いたい名前がすでに別の人に取得されていたりとか...けっこう驚きの中で、参加者のみなさんが自分のIDを取得することができました。
Yahoo ID取得後は、そのIDをもって、Flickr用IDとする手続きを経て、Flickrのマイページを作成、とりあえず各自のパソコンの中にある画像を1枚アップロードしていただきました。
また、アカウント用の画像(顔など)もアップし、次からは自分で(?)写真をアップロードできるようになったと思います。
会員3名の方に参加していただき、お二人が持参のノートPC、お一人が僕のiBookを使用。講座に使えるPCさえあれば、10人くらいは同時に講習ができそうですね。
2時間という時間の中では、ひとつのテーマをじっくりやる方が効果があるようで、今回のFlickrにつづき、次回は動画共有サイトのYouTube、その次はブログと、講座の内容を展開していきたいと思います。

【今日の成果】
naitonatioshiori's photos
k.horimizu's photos
u_k_nkzw's photos
ちなみに、僕のFlickrページ
maru3yamanakako's photos


[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-02-25 21:42 | デジ研 | Comments(1)