カテゴリ:日々是電網( 998 )

知のエコシステム Knownledge Ecosystem (その2)

Knownledge Ecosystem

僕は「知のエコシステム Knownledge Ecosystem」を考える時に、ひとつの参考として「食べ物の流通」をモデルとしています。「食」を「知」と置き換えてみると、実にいろいろと判ってくる事があったりします。

INPUT:入力
 「知の摂取」と言い換えると判りやすいかな。本を読む、映画を観る、音楽を聴く…人の話を聞く…などなど。様々な形で人は五感を通して「情報・知識・物語」を摂取してきました。そのパートをここではINPUTとします。

知のエコシステムにおけるINPUTの内容には、次のようなものがあると考えます(順不同)。
 ・入手する
 ・ストックする
 ・摂取する
 ・クリッピング/スクラップする
 ・ノートをとる

例えば…本屋さん(マーケットの一部:小売り)に行って、本を立ち読み(摂取)、購入(入手)し、家に持ち帰り本棚に(ストック)。気になる記事はコピーするか切り抜いて(クリッピング&スクラップ)したり、ノートを取ったり…。
料理に例えていえば、スーパーマーケットで食材を購入してきて、冷蔵庫(ストック)に入れたり、調理するために切り刻んだり(クリッピング&スクラップ)、下ごしらえをしたり…、自分で食べるために調理したり(ノート)などの行為と置き換えることもできる。

現在あるデジタル系インターネット系技術で考えると
・電子書籍端末(ハードウェア)やiPadのiBooks(アプリ)など、マーケットから購入して自分のセレクションとして[ストック]
・Evernoteのようなアプリ/サービスを使って、クリッピング&スクラップ
がすでに実現している。

これらが、次の…次の次の段階くらいに、[手続きコピペ]と[感謝の還元]を考慮したAPIのようなものに対応することで、「知のエコシステム」の循環の中に位置づけるられる可能性はある。

このINPUTでのポイントは
・クリッピング&スクラップしたコンテンツに対して、1)データそのもの に加えて、2)権利者情報や、3)二次利用ライセンス課金情報 を持った[手続きコピペ]に対応していることなんだ。

(このつづきは、また後日)

※「知のエコシステム」ができると、実は『公共図書館の役割』がとても重要な存在になります。[手続きコピペ]や[感謝の還元]をシステム化すると、すべてのメディア/コンテンツを購入しなければならない…ということはないのです。それよりもむしろ、できるだけ多くのコンテンツに触れ引用や参考にすることの方がメリットがある…という状況になります。このあたりは、循環を書き上げてから、再度記述したいと思います ※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-03 11:29 | 日々是電網 | Comments(0)

知のエコシステム Knownledge Ecosystem (その1)

Knownledge Ecosystem
ひとつのモデルとして、こんな図を描いてみた。
あたりまえといえば、あまりにも当たり前の図。すでに様々な分野…特に学術的な分野においては「もうできてるじゃん」って言われそうなくらい。…ということで、ひとまず解説。

全体
 デジタル技術ネットワーク技術を用いて実現する「知のエコシステム」の概念図。平面で描いてはいるが、実際には螺旋(スパイラル)状に、上昇していくイメージです。他者の知見が私を経て一歩先のひとつ上の知見となり、次に渡す。そのための循環図。

MARKET:供給
 現在の様々なメディア流通/コンテンツ流通がデジタル化される将来において、成長を抑制する傾向にある著作権などの権利関係を、成長を促進させる(二次利用などの合法的な)再利用システムによって、このMARKETは作られている。ここで販売されるコンテンツにおける権利の所在や課金などの属性情報を持つだけでなく、二次利用において不可欠な2つの属性情報を持つ。

 1.権利の所在情報(権利者に関する情報)
 2.ライセンス課金情報(再利用した際の課金条件/支払い方法など)

 さらに、アウトプットからこの市場に提供されるメディア/コンテンツには、この権利の所在情報と課金情報を崩したものを流通させることはできない。

 正式な手続きを経て作成されたコンテンツには、その引用元の著作物に関する情報(書誌や権利所在)と購入時の一次課金情報だけでなく、二次利用時の課金情報をも持っている。
 それが成立する「メディアとコンテンツのマーケット」を誰が作るのか…そこが、今後のひとつのポイント。

まずは…このあたりからいきましょうか。

(このつづきは、また後日
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-02 21:53 | 日々是電網 | Comments(0)

図書館員のためのプレゼンテーション

プレゼンテーション Zen

Garr Reynolds / ピアソンエデュケーション


プレゼンテーション Zen デザイン

Garr Reynolds / ピアソンエデュケーション


以前から、講演会やらセミナーやら…他人のプレゼンを見聞きするときに、「どうしてあんなに文字ばかりなんだろう」とか「作ってきた画面を読んでいるだけじゃないのか」とか、すごく感じていました。話す人も聞く人もせっかく生身の人間同士がその場に集まっているにも関わらず、両者が原稿や配布資料を見ているだけで、プロジェクタで写している画面をみることもなければ、話者の姿をみることもない…そんなプレゼンでいいの? と、思ったものです。

どうやらそれは日本だけの事じゃなかったみたい。
ということを、この本の存在で知ることができました。
パワポが悪い訳じゃないんだけど…パワポの使い方とそしてなによりも「そもそもプレゼンは何をする場」なのかを勘違いしている人が多かったりする事も一因かも。

…と、書いてみて思ったのだが、図書館員が何らかのプレゼンテーションをする場面って、どういう時だろう…。

one more thing ...
本気でプレゼン上手に取り組みたい方は、あわせてこちらもおススメです。

インプロであなたも「本番に強い人」になれる もう突然の出来事やプレッシャーに負けない!

池上 奈生美 / フォレスト出版


[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-02 09:38 | 日々是電網 | Comments(6)

iPadからの入力

この投稿はiPadから入力しています。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-06-16 16:41 | 日々是電網 | Comments(1)

今年の電子書籍は、たぶんまだ前座でしかない。

とりあえず、なぜか「電子書籍元年」というそうだが…
iPad上の電子書籍などをみまわしてみても、まだ日本語書籍の登場しないKindleの電子書籍をみても…まだ、前座の域を出ているものではない。

今回の電子書籍元年

 見習い: とりあえず、ページを画像あるいはPDF化し、デジタルデバイスで表示できる。

 前座1: PDFの場合、検索可能なテキストが埋め込まれている
 前座2: 文字がテキストデータで、検索・文字の拡大縮小・読み上げなどができる。
 前座3: 文字や写真だけでなく、動画や音声、アニメーションなどを含む。

 二つ目: 電子雑誌や電子新聞などで、バックナンバーを保存することができる。
 二つ目: 電子書庫内のコンテンツを串刺しで検索できる。
 二つ目: 参考文献や引用リストから、元の文献を呼び出すことができる。
 二つ目: テキスト、写真など記事のクリッピングができる。

 真打ち: 電子クリッピング、電子スクラップブックと連動(権利情報を持ったコピペ)
 真打ち: 電子クリッピング、電子スクラップブックと連動したコンテンツ作成環境
 真打ち: 新しいドキュメントの再流通と課金の還元(著者および引用元への還元)

電子書籍は、電子書籍で終わるのではなく、再編集され新しい付加価値のあるコンテンツづくりのための[素材]として機能することができなければ、真打ちとしての電子書籍のレベルにはならない。僕はそう思っている。
そのためには、まずは[デジタルデバイスに載せる]ことが必要。今年はたぶんそういう『元年』

 
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-06-04 11:10 | 日々是電網 | Comments(0)

iPad、あり〼。山中湖情報創造館

訳あって、こっそりお知らせします。
山中湖情報創造館に、iPadがあります。
使ってみたい方は、ヘルプデスクへ。

まだ…館内貸出や館外貸出が出来る状態ではないので、カウンターでのご利用のみになりますが、実際に手に取って、重さや質感、操作の感じをご体験ください。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-05-29 21:59 | 日々是電網 | Comments(0)

葬儀2.0: クラウド葬, 雲葬(雲上葬), Cloud Funeral

…ひとまず、そんな言葉を思いついたので…

火葬、土葬、墓地への埋葬、散骨…等々に限らず、故人の想い出をネット上の[クラウド]にアップロードし、インターネット環境と端末さえあれば、いつでも・どこでも・どこからでも故人を忍ぶことができる。

また、twitterなどで故人の言葉をbot化し、定期的に故人からのつぶやきが届けられる…というも、ありだろう。命日のお知らせや、故人の生誕__年、没後__年などのお知らせなどもbotによって届けられる。

…たとえば、そんなお弔いのスタイル。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-05-18 00:15 | 日々是電網 | Comments(0)

それ…flickrなら400年分です。

例えば…葬儀や墓地・墓石、仏壇等々にお金をかけることを、否定はしないけど…

容量も枚数も無制限になるflickr proが $24.95/年(2400円程度)であること考えると、100万円あれば

 1,000,000 / 2400 = 416(年)

たぶん、アルバムにあるすべての写真、想い出の品々等々を、子々孫々まで記録として伝えることができます。しかもインターネットに繋がっていれば、世界中どこからでもアクセス可能です(アクセス制限をかける事もできます)。

ご参列いただいた皆様には、iPod touchやiPadの廉価版(今後出てくるであろう)などを配っても…いいかもしれない。

僕たちは…少なくとも僕は、「今までがそうだったから」という理由だけではなく、未来の子孫たちに向けて、そういう計算をしはじめていたりするのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-05-16 14:20 | 日々是電網 | Comments(1)

【WEBを図書館資料に】AXISフォーラム「MITメディアラボ 副所長・教授 石井 裕氏 講演会」

ブログではYouTube動画をひとつひとつ再生しなければならないので…こんなページをつくってみましたが。リンク先をクリックするとすぐに動画再生がはじまり、連続で最後までご覧いただくことができます。

 山中湖情報創造館 Weblibrary: movie
 AXISフォーラム
 「MITメディアラボ 副所長・教授 石井 裕氏 講演会」
 http://www.lib-yamanakako.jp/weblibrary/ishiihiroshi.html

 およそ1時間半です。ごゆっくりご覧下さい。

※ どなたか…こうしたウェブ上のリソースを図書館の資料として扱う方法をご存知でしたら、ぜひコメントにお寄せください。

【参考図書】

プロフェッショナル 仕事の流儀〈13〉

日本放送出版協会


[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-05-07 11:04 | 日々是電網 | Comments(0)

AXISフォーラム「MITメディアラボ 副所長・教授 石井 裕氏 講演会」

YouTubeで公開されていましたので…まとめておきます。





















100mトラックを人より速く走る事は、真の競創ではない。誰も分け入った事の無い原野を一人切り開き、まだ生まれていない道を、一人全力疾走すること、それが競創だ。そこには観客も審判もストップウォッチも存在していない。

2200年を生きる未来の人々に、あなたは何を残したいですか?どのように思い出されたいですか?


…ちょっと…カッコ良すぎ!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-05-06 01:48 | 日々是電網 | Comments(0)