カテゴリ:日々是電網( 998 )

MacBook Pro のある暮らし。

この日曜日に、それまで使っていたMacBookに大変なことが起きてしまい…来月某Padと一緒に買うつもりでいたMacBook Proを購入しました。
データは、MacOSのバックアップシステム TimeMachineから復帰したので、ほぼ問題なく…それまでと全く同じ様に使う事ができています(バックアップは大事,大事)

というわけで、MacBook Proを使う日々になりました。
それにしても…Macって安くて高性能になってきました。よろこばしいかぎり。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-04-29 01:52 | 日々是電網 | Comments(2)

AR映画と観光の融合

僕のiPhoneは3Gなので、電子コンパスがない。
なので…このアプリがまともに使えるかどうか…

 ローソンエヴァンゲリオンARアプリ
 http://itunes.apple.com/jp/app/id361106298?mt=8

でね、ここから空想してみたのですが…

例えば、
 ・iPadクラスの大きさ があり
 ・外向けカメラ と
 ・電子コンパス と
 ・傾きセンサー があるデバイスがあったら…

それを街にかざすことで観ることができる『AR映画』が登場するのではないか…と。
アニメでもいいし、怪獣映画でもいい。
今、自分が立っている場所から、舞台になっている地域に向けて、そのデバイスをかざしてみる事で、画面の中には風景と一緒に『AR映画』が上映されている。

遠くで観れば遠くにあるように、近くで観れば近くであるように。
あたかも、デバイス内の画面の中には、その出来事が進行中のように鑑賞することができる。

これは「新しい観光」を生み出す可能性がある。

リアリティを追求した怪獣映画「クローバーフィールド」を、自分自身がその街中で体験することができるのだ。

どこかで創るだろうな…たぶん、僕が空想できちゃうくらいなんだから…
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-04-24 16:13 | 日々是電網 | Comments(0)

叡智のパレット Knowledge Palette

MITメディアラボの副所長 石井裕氏のセミナーをYouTubeで見ていた。
そこでの話題に触発され、タイトルにある言葉(コンセプト)を考えている。


(9分10秒後あたり)

図書館を叡智の絵の具箱とし、そこから「叡智のパレット」に色を並べ、自分自身の絵を描く。
これはたぶん、次にくる大きな波。
Yahoo! が世界を分類し、Googleが世界を検索可能にした。そして次に出てくるのは「世界を編集可能にする者」だ。
図書館という存在は、インターネットの先行種である…と、僕は思っている。
だからこそ、図書館はその所蔵している叡智の絵の具チューブである[本]から必要なところを、自分の叡智のパレットに出し、他の叡智や別の素材と混ぜ合わせたりして、自分自身の創作を行う。これがすなわち[編集]である。

さらに、その創作物が、何らかのカタチで市場に還元され…ひとつの大きな叡智の循環が完成する…と、そんな事を考えているのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-04-24 15:14 | 日々是電網 | Comments(0)

いきなりUSTREAM講習会 in 山中湖情報創造館

と、言う訳で…

来週4月22日木曜日に、山中湖情報創造館にて今話題のインターネット生中継サイトUstream(ユーストリーム)をあれこれいじくりならが使える様になってみよー、

 いきなりUstream講習会

を開催します。朝9時30分ごろから夕方4時ごろまで。
とりあえず使うテキストはこれ。あとは試しながら使い方を身につけようー。

ビデオ SALON ( サロン ) 2010年 04月号 [雑誌]

玄光社


とりあえず、どなたでも参加できます。途中から参加もOK。たぶん内容が内容だけに、ダダ漏れアリです。どんな時間になるのやら、予定調和なし!ほとんどぶっつけ!
まずは、やってみようよ。

※そう、山中湖情報創造館は「知りたい/創りたい/伝えたいをサポートする図書館」ですので、新しい技術には果敢にチャレンジしますよ!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-04-15 02:22 | 日々是電網 | Comments(0)

もうすぐ、山中湖にも春が来ます。

今週末の4月9日金曜日は、僕の49歳の誕生日。
山中湖も、もうすぐ春が来ます。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-04-07 01:26 | 日々是電網 | Comments(1)

しばらくブログはお休みしようと思います。

原因は、twitterなのですが、ブログ以外にも始めたいこともありまして。
というわけで、
1.こちらをフォローする http://twitter.com/maruyama3/
2.つぶやきをよむ http://twilog.org/maruyama3
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-02-09 00:00 | 日々是電網 | Comments(0)

Knowledge Composer (ナレッジ・コンポーザー)

とりあえず、思いついた言葉を書き連ねるシリーズ
今回は、

 Knowledge Composer(ナレッジ・コンポーザー)

知恵(叡智)を構成する人またはその役割。
あえていえば、パスファインダーづくりは、ナレッジ・コンポーザのためのひとつのステップである。

1.書籍/雑誌/新聞/映画/TV番組/ラジオ番組などのメディア上で構成された記事
2.いちどバラバラに解体し、
3.それぞれのコンテンツ(記事)になんらかのメタデータを付与
4.買い物かごシステムのように収集し
  (あるいはEvernoteのように…)
5.それらを素材として再構成/再構築する。
6.そこには、ある主題の元で構成された「新聞記事や雑誌記事、TV番組のクリップ等々」が新しい知を形づくる

そんなプラットフォームを考えていたりする。

ひとまず
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-02-01 01:15 | 日々是電網 | Comments(0)

日本版iPadではムービーやTVショーを見る事はできない…という事実。

a0001068_1658767.jpg


日本版iPad…というよりも、正確には日本でのiTunesアカウントでは映画やTVショーを購入することができません。結果として、iPadでビデオを見ることが出来ない…という恐ろしい事実に気がついてしまいました。

日本語の電子書籍は、iBooksがなくても大丈夫なのですが、こればっかりは…現状どうしようもありません。

誰が責任者なんだ、ちょっと説明してくれよ!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-01-29 16:59 | 日々是電網 | Comments(0)

iPad を電子書籍リーダーとして見る

a0001068_16252459.jpg


あちらこちらで、iPadに関する不満点が出て来ているが、中でもUS版以外にiBookstoreが入っていない!ということで、日本の電子出版がiPadで対応していないかのごとくの言説が、あまりにも気になったので、twitterのつぶやきではなく、ブログで書いてます。

 ・iBooks 電子書棚ソフトのアプリケーション名
 ・iBookstore iBooksを通して電子書籍を購入できるサイト

なのです…いや、むしろ「そんなアプリのひとつでしかない」と言い切ってもいいくらい。
ただ、このサイトでは、米国内で販売されている書籍をePub形式にしたものしかなく、ここには英語以外の書籍…たとえば日本語書籍があるわけではありません。

またiTunesで購入する音楽と異なり、iPad上で電子書籍を購入する方法は iBookstoreに限定していない。ということも大きなポイントです。すなわち、日本語の電子書籍はiBookstoreを通さなくても購入することができるのです。

それはすでにiPhone / iPod touchアプリも提供している、理想書店 http://www.dotbook.jp/store/ やディスカヴァーデジタルブックストア http://store.d21.co.jp/ 、電子雑誌ならマガストア http://www.magastore.jp/ で日本語の電子書籍や電子雑誌を購入することができ、iPadで読むことはできるのです。iPhoneサイズ表示や単純に2倍の拡大表示は現状のままで可能ではないかと思っていますし、早晩 T-Time (ヴォイジャー)ビューワーがiPad解像度に対応すると予想されるので、それで問題なく日本語の電子書籍を読むことができます。

たしかに、iBooks にみられるような、ページめくりのギミックとか、本棚が回転してブックストアが表示される…などの視覚的エフェクトがどこまであるかとか、価格が紙の本よりも安いとか同価格かとか…は気になりますが、日本で発売されるiPadにiBooksが無くても、実はそれほど大きな問題ではない。と、僕は言い切っちゃいます。

…というわけで、たぶん今後も日本で発売されるiPadにiBooksアプリが搭載されていないことを、あたかも日本の出版社が電子書籍市場に乗り遅れた…云々の記事を見ても、正直なとこと僕はライターさんの見識を疑っちゃおうかなぁ〜、なんてことを考えていたりするのです。

電子書籍/電子雑誌に対してはそうなのですが、それよりも…実はもっと大変な問題があるのです。それは… 日本のiPadでは映画「スタートレック」を見ることはできない…のです。それ以外の映画やテレビドラマも…こっちの方が実は問題なのではないでしょうか?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-01-29 16:38 | 日々是電網 | Comments(0)

Apple iPad $499〜



 ・iPad アップル
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-01-28 05:12 | 日々是電網 | Comments(0)