カテゴリ:山中湖情報創造館( 58 )

[イベント] オープン・マイク・ナイト OPEN MIC NIGHT

a0001068_11433781.jpg

[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-06-09 11:44 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

亀工房コンサート

よかったです。
弦楽器と木造の研修室の相性がこれほどよいとは、知りませんでした。
a0001068_2311883.jpg
a0001068_23113184.jpg
a0001068_23115367.jpg
a0001068_23121696.jpg

コンサート後、ハンマーダルシマーを体験。
a0001068_23122856.jpg

亀工房の前澤勝典さん、前澤朱美さんのデュオ。とっても素敵な時間でした。
こちらの公式サイトもぜひご覧下さい。

 ・亀工房ホームページ
 ・亀工房の「今日も甲羅干し」 ブログ
 ・www.myspace.com/kamekobo MySpace

公式サイトでもMySpaceで、視聴もできます。

※次回は、もっとたくさんの方々に聞いていただきたいですね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-04-29 21:00 | 山中湖情報創造館 | Comments(2)

桜に雪の山中湖情報創造館

a0001068_1059094.jpg
なんともはや...桜に雪の山中湖情報創造館です。
a0001068_112059.jpg
a0001068_1121558.jpg
a0001068_11242476.jpg

こんな画は、そうそう撮れません。

※とってもきれいなんだけど...先日みた映画「不都合な真実」が隠れているような気もして、ちょっと怖いです。上の文章で、「そうそう撮れません」と書きましたが...毎年撮れるようになってしまったら、恐怖を感じますね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-04-19 11:00 | 山中湖情報創造館 | Comments(2)

おはなし会 2007.04.11

今期、児童サービス担当が一斉に入れ替わったこともあり、新・館長自らが児童サービスを担当することとなった。
実は3年前に山中湖情報創造館という図書館の仕事をはじめるに当たって、何が役に立ったかと言えば、(元)ウチの子供たちに、ほぼ毎晩といっていいほど、絵本やら昔話やらを読んであげたことだ(今にして思えば、読まさせていただいた...と、いってもいいくらい)。
そのおかげもあって、絵本の種類やら、読み方やら、まぁ、自己流でありますが、それなりに数年のキャリアを積んできたものですから、実はいつかチャレンジしてみたかった...と、いうのが本音なのかもしれません。

実際にこうして子供たちを前に、絵本を読んでみると、いろいろなことが判ってきます。いままでの図書館では「本を読むこと」を目的としてきたと思うのですが、おはなし会ひとつとっても、必ずしもそうではないことに気がつきます。子供たちにとっては「大人と時を過ごすこと」の方が、とても大事なんじゃないか...って。そういう訳で、来月のおはなし会はもうちょっと趣向をかえて、実施したいと...密かに考えています。
a0001068_803918.jpg

来月から、毎月第2水曜日 16:30〜17:00
5月は9日(水)です。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-04-12 08:00 | 山中湖情報創造館 | Comments(3)

第一期 協定期間 最終日

ひとつの節目の日。
明日からは、次なる期間がスタートします。

それにしても、おだやかな土曜日です。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-31 10:22 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

チョい雪...

今朝からちょっと雪が降った...かと思えば、午後には雨になってしまいました。
a0001068_1331288.jpg
a0001068_1331253.jpg


...なんとも、雪が...懐かしい。

 ・山中湖村の天気 Yahoo!天気予報

[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-02-20 13:31 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

蔵書点検

職場では、13日火曜日から、年に一度の蔵書点検ということで、休館にして棚卸しをしております。
初年度、二年目、そして三年目と、正直なところ旨を張って自慢できる成果が出ております。
詳細は、明日蔵書点検を終了した時点での不明本および不明本率を公表することになると思います。
私たちの日頃の努力の賜物...ではなく、むしろこの図書館を愛し大切にご利用いただいている利用者の皆様の想いの表れであると、感じております。

 ・山中湖情報創造館
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-02-15 17:42 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

[共著]『指定管理者制度 文化的公共性を支えるのは誰か』

a0001068_18104692.jpg時事通信社より、
『指定管理者制度
 文化的公共性を支えるのは誰か』 小林真理 編著
が出版されます。

一応...執筆者一覧に名前を連ねさせていただきました。

●A5判並製・262ページ
●定価:本体2,800円+税

----
自治体・行政関係者、指定管理者として関連施設の運営を受託する公益法人や民間企業、NPO関係者へ!!

公共施設の管理・運営に民間企業も参入させる「指定管理者制度」。
2006年9月以降は、直営か指定管理者へ任せられることになる。
本書は、指定管理者制度が公立文化施設の運営に与える影響について詳述し、その運用実体について、よりよいあり方を検討していく。

すでに選定がおわり、本制度が導入sれた施設においても、指定管理者の事業をどのように評価するのかという問題を考える上で参考と成る関係者必読の書

(チラシより)
----
今月末には、書店に並びます。
ぜひ、買って下さい!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-06-09 18:15 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

【イベント】山中湖情報創造館 いのちを考える講演会

山中湖情報創造館からのお知らせです。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
山中湖情報創造館 いのちを考える講演会
「思いやり」とは?−いのちの尊さ・大切さ−
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
戦争・テロ・児童虐待・幼児殺害など、心の痛む出来事が多い世の中。昔は誰もが持っていた「人を思いやる心」は、どこへいってしまったのでしょうか。
「思いやりの心」「いのち」にもう一度目を向けてみませんか?
山中湖情報創造館では、いのちの尊さ・大切さを考えるために、脚本家/ナレータの五十嵐ひろみさんによる絵本朗読と、「ハンセン病の療養所をつくったお坊さん」(ルック出版)の著者 トレヴァー・W・マーフィさんをお招きした講演会、小林是綱館長との対談を開催いたします。

期 日:平成18年3月26日(日)
時 間:13:30受付開始/14:00開演
場 所:山中湖情報創造館 研修室(山中尋常高等小学校)
対 象:小学校高学年以上
定 員:80名程度(予約不要)
参加費:無料

第一部 絵本朗読
朗読 五十嵐ひろみ
「100万回生きたねこ」「花さき山」

第二部 講演会&対談
講演 トレヴァー・W・マーフィ
対談 マーフィさんと山中湖情報創造館 館長小林是綱による対談

*マーフィ氏の著書「ハンセン病の療養所をつくったお坊さん」の販売いたします。
*参加してくれた子どもたちにプレゼントを用意しております。
*親子でのご参加も歓迎いたします。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

マーフィさんもすごい方ですが、五十嵐さんもテレビアニメ「タッチ」の脚本家でもあり、ナレータや声優もされている方でして...世の中には実に多才な方々がいらっしゃる...と、僕も大きな励みになります。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-03-21 12:02 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

身辺の整理

かつて...

公務員時代には、何かちょっとでも時間があくと、班長から「各自、身辺の整理」。ということで、身の回りやロッカー内を整理させられたものです....。※そのお仕事は、事に望んでは危険を顧みず...な、仕事なので、いつなんどき想定外の事態になるやもしれず、日々身辺の整理は...習慣づけら...れ...て....(...いない、わたし)。

あれから、四半世紀。片付けられない丸山さんは、本日ひさしぶりにデスクの周りを片付けました...。みんなゴメンネ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-23 16:57 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)