<   2004年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

指定管理者制度の衝撃....

丸山は今、指定管理者制度による公共図書館:山中湖情報創造館の指定管理者であるNPO法人地域資料デジタル化研究会の有給スタッフである。先日も第6回図書館総合展にてブースを出展し、いろんな方々からのお問合せをいただいたのだが...この「指定管理者制度」は、けっこう日本を根幹から変えてしまう可能性を持っているのでは...と考えてしまった。指定管理者制度によって仕事を得た側の見方として次のように感じている

・終身雇用から契約雇用へ
 (あるいは、FA的ワーキング)
・スキルアップ/キャリアアップ
 (ただし、OJT: オン・ザ・ジョブトレーニングではない)
・趣味の生涯学習から、実利の生涯学習へ
・外国人ワーカーが、日本の公共施設で働く可能性

 詳細を書けばきりがないが、もはや「指定管理者制度」に対して、賛成だの/反対だのと行言っている場合ではない...と感じているんです。

 該当施設で働く皆さんへ。もう人ごとではないのですから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-30 00:13 | ひとりごと... | Comments(0)

HAKODADIGITAL2004

北海道・函館では、すごいイベントが開催された。
函館地域デジタルアーカイブ推進フォーラムHakodadigital 2004
 このサイトもBlogを活用したすぐれもの。イベントは開催期間中だけでなく、開催前と開催後をどう作るか...ということが重要だなぁ、と感じますね。
 また、市立函館図書館も関わっていたりして....
 それにしても発表者も、すんごいメンバーですね。
※横浜でやるときは、教えてくださいね!!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-29 18:54 | 日々是電網 | Comments(3)

辺野古をご存知ですか?

沖縄県・辺野古で起こっていることを、地元のメディアが伝えています。

●沖縄タイムスより
「作業員が危険行為」/反対派、抗議声明 施設局「事実ない」

●琉球新報より
反対派への排除激化 業者、水中で“危険行為”
(この記事は、すでに削除されいますので、琉球新報トップページへリンクします)

某ML上で、「決定権の無い現場の作業員や、法律(条例)で動いている公務員に対する、非暴力阻止行動と、それに対する業者さんの行為」に対して、いろいろと議論を継続中です。

多くの国民は、この出来事を知りません。市民メディア/民衆のメディアとしてのインターネットは、こういうときに使うのではないでしょうか。

まずはみなさん、「辺野古」をご存知ですか?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-20 11:09 | 日々是電網 | Comments(0)

正雄「....忙しいんだよ....」(某映画のワンシーン)

なんだか、締め切りに追われっぱなし....
明日は講演、来週は図書館総合展...
それが終われば....
少しは楽に! あ、忘年会、クリスマス...
もうそんな時期なんですね。

タイトルの台詞、何の映画の場面だか、覚えていますか?
あの時、彼は「復活の日」の撮影中でした。
先日、その人がウルトラQ〜dark fantasy〜に、渡来博士役でご出演されていました。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-19 01:27 | ひとりごと... | Comments(1)

ちょっと怖い話

あるMLで流れていた、とてもとても怖い話を書きます。
文字だけですので、現場の様子をイメージしてください。

それはとある場所で起こった事故。けが人もでています。
まだ警察も救急車も来ていません。野次馬がざわざわと周りに集まっています。
すると、そのうちの一人が、ケータイを取り出して、事故車とけが人を撮影しはじめました。そして一人増え、二人増え....

警察と救急車が到着すると、振り向いた野次馬たちの手には、広げたケータイ電話があったそうです。

 キャー!!!!!!、おお、恐。

これがパロディ映画の一場面なら、笑ってすませられるのですが.....
※この文は、Blog用に、誇張して書かれています。全くの事実ではありませんが、どうもそうんな風潮が生まれてしまったようです※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-11 22:10 | ひとりごと... | Comments(1)

「奉仕活動」都立校で必修科目に…07年度

東京都教育庁の発表である。

「奉仕活動」都立校で必修科目に…07年度

こうも明らかな言語矛盾を気にせず、実施できるのもすごいが、このことが生徒達に与える影響とその後の社会におよぼす影響がわからん(あるいはわかっているのか)というのも、またすごい。文言にはボランティア活動ではない..とあるが、奉仕活動とボランティア活動の区別がどこにありますか。

この必須科目を受けた生徒達は、
「奉仕活動」は、強制的にやらされることで。ボランティア活動もまたしかり、強制的にやらされること...になってしまう。
これは、日本の未来に対するゆるやかな死にいたる道...になりかねない。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-11 08:34 | 日々是電網 | Comments(0)

地べたの下のハザードマップ

新潟県中越地震で、被災されたみなさんに、まずはお見舞い申し上げます。
報道のあり方に一言以上ありますが、ここはひとつ冷静に.....

さて、今回の地震のありようって、ちょっと変ではありませんか?
こう何度も、震度5、6クラスの地震が起きるものでしょうか > 地震学者先生にお伺いしたい。
丸山は今、富士山の麓山中湖に居住しておりますが、ここでは富士山噴火に備えたハザードマップが作成され、山中湖村では全戸配布されております。でも、これは地べたの上のお話。
地震により、地べたの下でどうなっているのか、地下で何が起きているのか、地震大国日本にける世界最先端の地震学の権威の方、ぜひ今、新潟県中越で起こっている地震を、地べたの下の動きを、教えていただけませんか? 地球空洞説を持ち出すことはしませんが、なんか、変に、感じるのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-08 20:41 | ひとりごと... | Comments(0)

一休さん

ここらでちょっと、一休み、一休みっと。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-08 09:06 | 私事として... | Comments(0)

箍(たが)がはずれたマスメディア...

実は...ネットで香田さん殺害ビデオを見ました。
某民衆のメディア系MLで、URLが流れ、見ないことには語れないと思ったのです。
確かに、残忍な映像でしたが、これはその当事者が撮影しネットに流した、いわばレア報道です。

で、本日書きたいことは、これ。
NHKのサイトのニュースです。
皆川真優ちゃんの遺体を収容 ニュース映像もあります。

はっきり言って、香田さんの映像を見た以上に、仰天してしまいました。NHKというマスメディアのフィルタを通った報道ですら、このような伝え方をしているのです。遺体さえ映さなければ何を映しても良い..みたいな、ヘアや性器が映っていなければなんでもあり的な報道の姿勢に、とても危機感...というよりもすでに呆れて物も言えない/言いたくない...状態の丸山です。あえて言えば、死者にプライバシーはないとでもいいたそうな報道の姿勢(ご遺族に報道してもよいか承諾を得ているのでしょうか?)に対して、他に伝えることもあるだろう! もう、そっとしてげなよ! と感じるのは、僕だけでしょうか?
 NHKも含めて、マスメディアの箍(たが)は外れてしまったように感じています。
 僕たちに必要なのは、情報から身を守るための「情報自衛手段」なのかもしれません。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-07 21:26 | 日々是電網 | Comments(0)

丸山の正体...

ある方から、丸山の生い立ち(?)について、ご質問がありましたので、隠しても仕方がないので、参考までに下記のページをご覧下さい。

「文化防衛」戦線異状あり?丸山高弘さん 【asahi.com 山梨】
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-11-05 14:38 | 私事として... | Comments(0)