「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

『平木詩織×五藤圭子』...期待特大!!

まず、不思議だと思ってください。

僕が今一番注目している女優さんは、円谷プロ所属の五藤圭子さんです。
ブログはこちら(DIARYをご覧ください)
彼女がレギュラーで登場していたドラマ「ウルトラマンネクサス」は、本年6月25日に終了し、現在は新しいウルトラマンが放映されている...

...にも、かかわらず....

五藤圭子さんの人気が...じわじわじわ〜っと、高くなっているようなのです。
しかもここにきて、放映終了後半年経ってから、ドラマでの役名と芸名による写真集が発売されるようなのだ。

『平木詩織×五藤圭子』(仮題) 小学館

とっても、楽しみ。期待特大!!
発売日や価格など詳細情報求む!!なのだ。

※それにしてもTLTって、女性警官出身者やレスキュー出身者はいるんだけど...J隊出身者は...いないのかなぁ。ファーストデュナミスとは空自のF15イーグルパイロットだけに...陸自出身者が...あってもいいのにぃ。凪はWAC出身だったりして。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-31 01:02 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)

未来の図書館...

...あっちのBlogに書こうかとも思ったのですが...こっちにします。

最近耳にすることを、それなりに自分で解釈しながら、いったい僕は今どこに居て、これからどこに行こうとしているのか...を、それとなく考えてみたのですが...なんとな〜く、大きな流れのロードマップが描けるかなぁ〜っていう感じを持ってます。

「直営による公立図書館」
    ↓
「指定管理者による公共図書館」
    ↓
「NPO等の民間団体が、公共施設を賃借して図書館を開く」
例)高知こどもの図書館
    ↓
「完全民間資本による公共図書館」
例)ニューヨーク公共図書館

で、背景としては、地方自治体による公共図書館を直営で運営する負担って、実は思っている以上大きく、業務委託程度では経費削減にも限界があり、指定管理者にしても、公費支出+指定管理者収益でなければ本当に運営することなどできない。しかも、そのどちらも原則として自治体の施設であることには変わりなく、自治体の方針如何で、存続すら危うくなる。

これに対して、NPO等の民間団体が自分たちの意思をもって、場所を借りるか自前で調達し、行政によらない公共図書館(私立図書館でもパブリックサービスを提供すれば、りっぱな公共図書館だと思うのです)の存在がとてもとても重要になると考えています。

大きなひとつの目標としては、やはりニューヨーク公共図書館のように、民間が施設や蔵書や差−ビスを提供できるようになることで、はじめて行政からも独立した公共サービスが提供できるのではないか...と、そんな風に考え始めているのです。

・そう遠くない将来、公立図書館が(政治的中立である)教育委員会の管轄から、首長直轄になる可能性が出て来ています(例えば、情報公開部門や情報政策部門などの直轄施設としての「地域情報拠点」だったり...)。
そうなったとき、本当の意味での図書館の自由を考え直す時期がくるように感じています。そして、図書館が本当に図書館であり続けるためには、むしろ民間運営により、行政から独立/自立した機関として、パブリック・サービスを提供てきるものに...なる/ならなければならない...ような気がしているのです。
 もちろん、自立するための資金調達(ファンドレイジング)能力や本当の経営感覚が必要になると思います。

--- 参考資料 ---
水戸 図書館大会茨城大会開幕 図書館の未来探る茨城新聞ニュース
「指定管理者制度」云々している場合じゃないと...思うのですよ。
新聞記事なので、すぐにリンク切れになると思います。

教育委員会制度の見直し 首長と教育委員会の権限分担の弾力化
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-30 22:02 | 地域の情報拠点 | Comments(0)

指定管理者制度と管理委託制度

どうも....
指定管理者制度を取り巻く状況は...
大きな勘違い/誤解で推移しているように.....
思われて....ならない。

いろんな方と話してみても、どうしても「管理委託制度」として捉えている感じが、言葉の端々から伝わってくる。

管理委託制度となると...発注/受注双方のチカラ関係(上下関係)が発生する。
 発注:仕事を発注し、依頼し、お金を出す側
 受注:仕事を受託し、依頼され、お金を受け取る側
であり、この図式では、発注側は受注した側に対して、きちんと仕事をしているかを、チェックする監督機能が発生し、発注側の現場担当者は、「使う側の代表」として受注側の仕事を見る。

これに対して、
指定管理者制度には、本来上下関係の無い、パートナーシップであり、協定期間の運営をあずかるために協定書を取り交わす。
 行政側:公の施設運営を、直営で行うよりも費用対効果を考え指定する
 指定管理者側: 自らの経営責任を伴い、利用者に対してよりより公共サービスを提供する
であり、指定管理者側の公共サービス提供能力に加えて、経営責任能力も要求されるが、現場の裁量は、指定管理者側にある....のだが....この点が、どうも理解されないのである。

指定管理者として名乗りを上げるすべての団体の責任者の方、もし先方が...
「契約」とか「委託/受託」とか「委託金」とか...チカラの上下関係を暗示する言葉を使って来たら要注意である。指定管理者制度を業務委託契約と、ほぼ同じに捉えている可能性が高いのだ。
 そして、この根本的な原因は「指定管理者に対して行政が支出金として全額負担し続ける」限り、この誤解は解決されないような気がする。

僕は誰/何と、戦えばいいんだろう?
・指定管理者制度と業務委託契約の誤解を解く事...
・いや指定管理者による図書館経営の自立(全額公費負担ではない経営)...
・戦後、図書館法制定から50年間、積み上げられて来た「現在の図書館」そのもの?

視察に来られる方と話をすればするほど...現状と目標とする姿との..乖離が激しいことを...感じる。

愚痴ログでした...。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-27 21:23 | ひとりごと... | Comments(2)

機動戦士ZガンダムのMacな関係


アップルの Pro/Film & Video に
機動戦士ガンダムの監督、富野由悠季氏が登場している。
Final Cat Proを使って、監督自身が、ノンリニア編集をしているというのだ。

・映画監督 富野由悠季
 Final Cut Pro は、“必殺兵器”でした アップルの Pro/Film & Video

そのうち、アニメの中に MacやらiPodやらが....登場してもいいんじゃないかな。

[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-27 20:21 | 日々是電網 | Comments(1)

もろこしウイスキー

a0001068_20395346.jpg山中小学校の入り口にある「丸一高村本店」で買い物をしていると、琥珀色の液体が入った小瓶が...
「もろこしウイスキー」...って、バーボン?

このラベルには
-------------------
Catch Me At
The Corn Farm
もろこしウイスキー
山中湖・忍野
YAMANAKAKO・OSHINO
Recommended by the central
Minami-Tsuru association of
commerce and industry
ウイスキー
-------------------

(もろこし畑でつかまえて)
ちなみに、瓶の高さは約11cm
200円也。
中身は....やはりバーボンでした。

丸一高村本店
南都留中部商工会
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-24 20:47 | 山中湖だより | Comments(0)

身辺の整理

かつて...

公務員時代には、何かちょっとでも時間があくと、班長から「各自、身辺の整理」。ということで、身の回りやロッカー内を整理させられたものです....。※そのお仕事は、事に望んでは危険を顧みず...な、仕事なので、いつなんどき想定外の事態になるやもしれず、日々身辺の整理は...習慣づけら...れ...て....(...いない、わたし)。

あれから、四半世紀。片付けられない丸山さんは、本日ひさしぶりにデスクの周りを片付けました...。みんなゴメンネ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-23 16:57 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

iTunes Music Card


ちょっと離れた、家電量販店で購入してみました。
早速使った感想。

・サインインするために、アカウントを登録するのですが、メールアドレスを入れたところ、すでに登録済み...(AppleIDとして登録済みだったので、ちょっとつまずくも、パスワード再設定でなんとか登録。このAppleIDで、iTunes Music Storeを使うのは始めてですね...などと出ましたけど。

・最初に入手したのは....無料の曲(無料なので購入ではないね)
・最初に購入したのは....オーディオブック(とあるSF小説の朗読)
・次に購入したのは....実は大好きなある曲(アーティスト違いで2曲)

そこで、2つのことを考えました。
1. この曲をiMovieで使いたい...と思ったとき、通常の購入とは別に、映像作品への使用権付きで購入できないかなぁ...と。合法的に自分の作品に楽曲を使える手だてがあると、うれしいですね。
2. 「山中湖情報創造館」のテーマ曲...って、あってもいいかなぁって。
...この際だから、『山中湖情報創造館にふさわしいテーマ曲募集』っていうのもいいかも。

ということで、iTunes Music Storeにサインインすると、残高が表示されるのは、いいですね。新たにカードを購入すると、チャージできるとか。
そういうのも、楽しいなぁ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-19 08:28 | 日々是電網 | Comments(0)

ドラマコンプレックス 「戦国自衛隊」

日本テレビ「火曜サスペンス劇場」の時間帯で
11月1日より「ドラマコンプレックス」が始まるそうです。
第一話 松嶋奈々子主演「火垂の墓」(ジブリアニメの実写版?)や、大林宣彦監督「理由」(日照れバージョン)などがあるそうですが...な、な、なんと

『戦国自衛隊』もラインナップされています。
http://www.ntv.co.jp/ir/press/pdf/press41.pdf
(2ページ目にドラマコンプレックスについて書かれています)

放映時期未定ですが...
今から楽しみ...キャスティングは? 演出は? 誰なんでしょうか?
原作はもちろん...福井晴敏氏?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-18 13:42 | まるちゃんの趣味 | Comments(1)

公共情報機関

営利企業であっても、「公共交通機関」という。
これは企業の存在が、社会的/公共的価値があるからだと考える
車社会であるという一方で、自家用車を持たなくても移動手段として、電車やバスなどがあり、もちろん使用目的は、商用/非商用、営利/非営利を問わない。

一方で、情報社会と呼ばれて久しいが
パソコンを所有していなくても、インターネット等へのアクセスを保証する公共施設は..とても少ない。一部、公共図書館でのパソコンの利用を提供しているところもあるが...実際には

・メールは使うな! webメールも禁止。
・掲示板を使うな!
・ブログやSNS(mixi等)への書き込みもするな!
・Webページは見ても良いが、プリントアウトするな!
・ネット上のプログラムは、ダウンロードするな!
・ワープロや表計算ソフトはない
・あっても、FDやUSBメモリに保存はするな!
・有料サイトにはアクセスするな!(本人が契約していても...)
・ゲームはするな!
・トラブル時のサポートは、図書館職員はやってくれない
等々...制約事項や多い。

だからこそ...「図書館」が地域の情報拠点になることを目指しているのであれば、これらの制約事項は無くしていったほうがいいと思うし、「地域の情報拠点」「地域の情報センター」という呼び方もあるが、むしろ『地域における公共情報機関』として、現在の図書館をひとつの土台とした、新たな公の施設/機関を作ってはどうだろうか...とすら、思う。

特定の行政府に対する情報機関ではなく、一般市民への公共サービスとしての情報機関。
『公共情報機関』

地域の情報拠点という言い方より、一歩進めて、そんな姿を考えてみたい。
※もちろんそこの職員は、情報職員/情報スタッフ/情報部員...だよね〜。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-18 10:41 | 地域の情報拠点 | Comments(0)

「詩織〜ロストメモリーズ〜」...これはもう純文学

ウルトラマンネクサス Volume 9
/ バンダイビジュアル
スコア選択: ★★★★
試験が終わったので、念願のタイトルをみることができました。
テレビ放映はできなかったものの...このDVDに収録されているエピソード

Episode EX 「詩織〜ロストメモリーズ〜」

ウルトラマンネクサスが、ウルトラシリーズの中では、「大河ドラマ」(続けて見ないと話がわからん)仕立てになっているので、そのエピソードだけを抜き出して語るのはとても難しいのですが、怪獣(ビースト)と戦う、女性隊員の、はかなくて、切なくて、健気で、凛々しくて...そしてシリーズのラストをより引き立たせるカットでエンディング。

あえて、このエピソードで気になる点は、「女性警官」であること。
「女性自衛官」だったら...もう200点満点!!...単純に丸山個人の趣味の問題ですので...あしからず(^_^;
まぁ、人々の日常に接する警官でなければ、ストーリーにならないのですが...ね。

ということで...平木詩織隊員を演じた、五藤圭子さんの「五藤でポン」 Diaryは、ブログになってます。「平木詩織写真集(仮題)」小学館...が楽しみです。

※ちなみに...2000年の男女雇用機会均等法の改正により、“婦人”の呼称をやめ、「女性自衛官」「女性警察官」というようになりました。ご存知でしたか?
ってことは、婦警さんじゃなくて、女警さん?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-10-17 09:47 | まるちゃんの趣味 | Comments(3)