<   2006年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ジャワ島地震

[ジャワ島地震]
ジャワ島地震Google検索 ニュース
ジャワ島地震 Yahoo! JAPAN News!
ジャワ島地震−ニュース特集− asahi.com

【援助募金】
日本ユニセフ協会(0120-881052)
 郵便振替で口座名義は「日本ユニセフ協会」
 口座番号は00110-5-79500。振替用紙の通信欄に「ジャワ島」と明記

日本赤十字社(03-3437-7081)
 郵便振替で口座名義は「日本赤十字社」
 口座番号は00110-2-5606。通信欄に「ジャワ地震」と明記

国際医療NGO「AMDA」(086-284-7730)
 郵便振替で口座名義は「AMDA」
 口座番号は01250-2-40709。通信欄に「ジャワ島中部地震」と明記

NPO法人「海外災害援助市民センター」(CODE)(078-578-7744)
 名義は「CODE」
 郵便振替00930-0-330579。通信欄にジャワ島中部地震と記入

◇財団法人「日本インドネシア協会」(03-3661-2956)
 郵便振替で口座名義は「日本インドネシア協会」
 口座番号は00130-9-196710
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-30 08:05 | 日々是電網 | Comments(0)

ウルトラ5つの誓い

僕が10歳のころに見た「帰ってきたウルトラマン」の最終回
宇宙に帰るウルトラマンに向かって、この誓いを叫びながら走る少年の姿があった。

 1つ腹ペコのまま学校に行かぬ事 !
 1つ天気の良い日に布団をほす事!
 1つ道を歩く時には車に気を付ける事 !
 1つ他人の力を頼りにしない事!
 1つ土の上を裸足で走り回って遊ぶ事!

そして45になった今、新たなウルトラマンである「ウルトラマンメビウス」に、この言葉が復活しています。
※10歳の頃に耳したときは、ウルトラ...という割にはなんという内容なんだ...って思ったのですが、いまこうしてみると....最近の子どもたちに不足している活力を、感じますね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-28 04:40 | まるちゃんの趣味 | Comments(1)

ウルトラマンメビウス

ウルトラマンメビウス
Project DMM with ウルトラ防衛隊 Project DMM ウルトラ防衛隊 松井五郎 京田誠一 TMC 満田カズホ 冬木透 / コロムビアミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★★

ジャケットを見て、もうウルウルです。
Project DMMのお三方もよいでうすが、なんといってもバックコーラスの「ウルトラ防衛隊」のメンバーが...ウルトラすごいです。

青山草太(トウマ・カイト:ウルトラマンマックス)
五十嵐隼人(ヒビノ・ミライ:ウルトラマンメビウス)
黒部進(ハヤタ:ウルトラマン)
五藤圭子(平木詩織:ウルトラマンネクサス)
桜井浩子(フジアキコ隊員:ウルトラマン)
佐原健二(万城目淳:ウルトラQ)
杉浦太陽(春野ムサシ:ウルトラマンコスモス)
高峰圭二(北斗星司:ウルトラマンエース)
団時郎(郷 秀樹:帰ってきたウルトラマン)
二瓶正也(イデ隊員:ウルトラマン)
ひし美ゆり子(アンヌ隊員:ウルトラセブン)

※コーラスの中から、アニソンで鍛えた彼女の歌声にフォーカスしながら...

カップリングのワンダバもいいぜ!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-25 22:04 | まるちゃんの趣味 | Comments(4)

日本学習権宣言

衆院 教育基本法 特別委 質疑をみながら....
衆議院

----
ユネスコ学習権宣言と基本的人権
藤田 秀雄 / 教育史料出版会
スコア選択:

学習権を支える図書館
種村 エイ子 / 南方新社
スコア選択:


[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-24 11:13 | 日々是電網 | Comments(0)

学べる・楽しめるカフェ

NHKの朝のニュースで取り上げていました。
最近では、喫茶店が生涯学習拠..になっているようですよ。

喫茶店でお茶やお菓子をいただきながら、科学の学習講座を受けられたり...
英会話があったり(しかも、注文のやりとりを英会話の教材としていたり)....
1000冊以上の書籍をそろえている喫茶店とか...
毎週土曜日に、著者や落語家を招いている喫茶店とか(もちろん有料2500円程度)...

一般的な図書館での学習講座は、無料の原則があるので、予算内の講座しか開催できません。
講座が終わった後の懇親会なども、やりにくいですね。
年度の行事予定になかったことを組み込むことも...ちと、むつかしい。

民間は、いろいろな創意工夫を怠らない...ようです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-24 08:09 | 日々是電網 | Comments(0)

洞窟建築, 地下住宅, 横穴式住居

そういえばかなり以前から、僕は洞窟に住みたい...と、思ってました。
そんなことを思い出させてくれるデザインのショップが、ニューヨークのど真ん中にオープンしました。

Apple Store, Fifth Avenue
建築家は、
Bohlin Cywinski Jackson

で、実は身近な子どもに、未来の山中湖の話を聞いたところ....
「家は地面の下にあって、入口だけが地面の上にある」...とか
「湖の下に街があって、見上げると波がゆらゆらしているの」...とか
「地面の上には、今よりももっと自然がたくさんある」(山中湖は今での自然がたくさんありますが、それ以上になるそうです)...とか
彼女の描く未来に、かなり魅力を感じてます。

「ロード・オブ・ザ・リング」に出てきた、ホビットの家も、そんなイメージでしたね。
ホビトンツアー
 イメージ検索 "hobbiton"

[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-23 00:49 | 日々是電網 | Comments(1)

シンクロニティ...あるいは、量子テレポーテーション

シンクロニティ..なんていうと、どこかスピリチュアルな話になりがちですが、
人間の脳には、
量子テレポーテーションのような役割をするところがあるような気がする。

いや〜、前の投稿であんなことを書いたあとだけに...鳥肌ものです。

※詳細は非公開。あしからず※

------
ここ数日の間に、けっこういろんな出来事が、ぜ〜んぶ繋がっていたりする。
他人のブログに書いてあった事、それまで自分の中で未解決だったこと。
子どもたちとの会話、自分のブログに書いてみた事、今日ボスが口から出た言葉
今またこうして投稿している事....
どうやら一本の string で繋がり始めてます。

------
「あ!」それだ。それかもしれない。
それに感動したんだきっと....これも独り言ということで。
こっちは、この話
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-22 14:03 | ひとりごと... | Comments(1)

AHA! 権力者をつくらない。

思いっきり、AHA! な感じ。

イギリス(の某所)帰りの僕の友人が、あるコミュニティに書き込んでいた日記を読んで、久々のAHA! な感じ。
 そのイギリスの某所は、魔法や妖精や奇跡の地みたいに語られることが多いのですが、実はそうじゃない。
 その某所は、「そこにしかない場所ではなく、同じように理想と創造力をもって人が生きることができれば、世界中のどこにだってフィンドホーンは生まれる可能性がある...」らしい。
 僕の友人が書くには、日本にも似たような場所はあるらしい。すでにそんな活動を始めている人もいる。そしてなによりも、

 権力者をつくらない。

ことが、その某所のとても大きな特徴らしい。

お、そうそう。それこそ、ここしばらく僕の中で課題になっていた、ファシリテータのあり方だったり、ファシリテーション型リーダーシップの有り様を、一番判りやすく表現する言葉だったのです。
学校の教室においては、児童生徒に対して、教師(先生)という権力者が存在します。
従来型の組織(企業や団体)においても、部下に対して上司は権力者だし、後輩にとっては先輩が権力者として振る舞ってしまう。

....そしてここからが重要....
ウチのボスは、それをやらなかったんです。
自分で考えながら仕事をしてくれと、最初から言い切ってました。

...それが、ここにきてちょっと崩れた..かもしれない...
どういう理由からなのか、権力者を欲する気持ちが、チームの中から出てきてしまっている...ように感じる。
それを人に求めたり、あるいはルールに求めたりしがち。遵法精神はもちろん大事なことですが、そのルールが何のためにできたのかを忘れて、そのルール(の表面)に頼ろうとしてしまう。考えずに済むだけに...楽といえば楽な仕事の仕方なのだが、はっきりいって、組織としての学習も成長も無くなってしまう。
で、さらに悪い事に...権力者を欲する気持ちは、同時に権力者になろうという気持ちにも繋がる。
...人間ってつい、そんな気持ちを持ってしまいがちだから、ウチのボスは、
「あれしろ、これしろとは言わない。むしろ自分で考えて行動しなさい。自分で考えた上でアドバイスが欲しければ答えよう。自分で考えもせずに、答えを求めようとするな。それは個人の学習にも成長にもならない。」
という信念を持っている。

僕もそうでありたいと思っているが...やはり人徳の差なのか...一歩間違えると放任主義に見えてしまう(らしい)。

ただ、これだけは言える。
本当に、一流の組織を作りたいなら、権力者をつくらないことだ。権力者を欲したり、権力者になろうと思わない。そんな人材であることが重要だ、と。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-22 00:21 | 日々是電網 | Comments(2)

北富士駐屯地創立46周年記念式典

a0001068_18232231.jpg防衛モニターということで招待状までいただきましたので、北富士駐屯地創立46周年記念式典ならびに祝賀会に行ってきました。
北富士駐屯地は、規模としては小さいですし、一時期は閉鎖になりかけるほどの縮小されたことがあるということですが、北富士演習場をかかえ、さらには北富士駐屯地にしかない部隊もあったりと、小粒ながらキラリと光るものをもった駐屯地です。

訓練展示には、榴弾砲の空砲射撃はもちろんですが、習志野の第一空挺団から自由降下のデモンストレーションがあったり、少年工科学校の学生らのドリルがあったり...と、昨年にもまして盛りだくさん(来年は、どうするんだろう?って、心配するほど)でした。

この4月から防衛モニタ−として駐屯地に入れるようにはなりましたが、やはりこの日だけは特別なのです。

※それにしても、この74式戦車の体験搭乗...って、なんだか強引な感じが...しないでもない。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-21 18:30 | 自衛隊 | Comments(2)

WORK HARD

夢を実現する一番の方法

WORK HARD (いっしょけんめい、がんばる)

...まだまだ、がんばりが、足りないなぁ、きっと...
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-19 23:33 | ひとりごと... | Comments(4)