<   2007年 03月 ( 70 )   > この月の画像一覧

最終日

おかげさまをもちまして、山中湖情報創造館の第一期指定管理協定期間が、本日をもちまして終了いたしました。
感慨深いものがありますが、そう感傷に浸っている暇はありません。
明日から第二期のスタートです。
今までの3年間の経験をふまえ、さらなる地域の情報拠点として、これからの図書館像を模索し、実践していく気持ちでおります。

このような機会を提供していただいた、山中湖村に感謝するとともに、「山中湖情報創造館があるから、あの村に住みたい」と、そう思えるような施設づくりに取り組みたいと考えております。

いままで、ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-31 22:57 | 日々是電網 | Comments(2)

「心からの言葉」 ウルトラマンメビウス 第50話 最終三部作 III



 ・第50話 最終三部作 III 「心からの言葉」
  3月31日(土)17:00 放送時間が変更になるのだ!!

いよいよ、昨年の4月からハマりにハマった「ウルトラマンメビウス」が、今週末に最終回を迎える。最終三部作としてすでに、I, IIが放送され、いよいよラストのラストを迎えるのだ。
(一部には、ウルトラマンシリーズそのものの最終回:ファイナルという意見も...)

予告編を見てのとおり、ウルトラ兄弟総出演になりそう。本当に30分枠で放送できるのだろうか...(って、やるんだよねこのスタッフのみなさんは...)。

 「心からの言葉」は、ミライくんの「ありがとうございました」に尽きるんだろうな。
リアルタイムで見れないかもしれないけれど、放送終了後は空を見上げて、「こちらこそ、ありがとう」と思っているかもしれない。

※ところで、リュウさん、右手に何付けてんの?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-31 17:00 | まるちゃんの趣味 | Comments(3)

自分のライフワークに....

逃げてもいいんだ 茂木健一郎 プロフェッショナル日記
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-31 11:51 | 日々是電網 | Comments(3)

第一期 協定期間 最終日

ひとつの節目の日。
明日からは、次なる期間がスタートします。

それにしても、おだやかな土曜日です。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-31 10:22 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

暴風雨から一転、晴れ!

今朝は、雨の音で目が覚めました。
なんじゃぁ〜、この暴風雨は!!...って感じ。
風と雨と...天気予報でそんなこと言ってたっけ?! なんていうほど。

...ところが、8時15分をすぎたあたりから...一転して、日が射してきました。
ありゃ...よかった。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-30 08:28 | 山中湖だより | Comments(0)

子どものための論理トレーニング・プリント

子どものための論理トレーニング・プリント
三森ゆりか / / PHP研究所
スコア選択: ★★★★★

この本がおススメ。三森ゆりかさんの存在は以前からとても気になってまして、この本が情報創造館に入ったときは、ちょっと小躍りしちゃいました。
こんなワークシートが欲しいなぁ...って、ず〜っと思っていたのです。
内容は、学校の国語教育の中で使うことを前提にしているとは思うのですが、ちょっとエンタメ要素を加えて、図書館プログラムとしてアレンジしてみたいと思っています。
このプリント集を見ていると、今までの「国語」って何だったんだろう...って、思えるくらい関心させられてしまう内容です。

ぜひ、ご一読を。そして使ってみてください。
子供向けとばかにせず、読んでいくと...あれ、自分にも思い当たることがある...なんて思えるところも、少なからず出てきたりします。

※OECDのPISAテストで国語力が低かったのは、こうしたトレーニングをしてこなかった日本の国語教育のあり方に問題があったのだと思うのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-30 00:52 | これからの図書館 | Comments(0)

ブログで学級新聞

ちょっと、面白そう....

 ・ブログ感覚で学級新聞作成 小学生のリテラシー教育に ITmedia
 ・ブログ活用学校新聞プロジェクト、産学共同で開始--情報リテラシー向上狙う CNET Japan
 ・シックス・アパート、Movable Typeベースの“学級新聞”作成ソフト INTERNET Watch

...なんだけど、こういう取り組みができるのは、○○先生が熱心だったからだよ...たまたまあの先生がパソコンに詳しいから...って言われてしまうのとしたら、とても残念ですね。この体験ができない、全国のほとんどの小学生にとって、うちの学校でもやってよ!って気持ちがあると思うのです。メニューがあってする/しないを選択するのはよいと思うのだけれど、最初から選択肢のないことも少なくない。

なんていうのか、一昔前は「僕にしかできないことに価値がある」と思っていたこともあったのですが、最近では「僕でなくてもできるようにしなければ...」と、思うことの方が多くなっているのです。継続性/持続性を考えると、「僕でなくてもできること/誰でもできること」を広げていかないことには、実現できません。ここで言えることは『スキル』と『パーソナリティ』なのかな。
パーソナリティは僕の極めてプライベートなことだけど、スキルは誰でも身につけられるもの...なんてことを、この頃は、よ〜く考えるのです。



[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-30 00:44 | 日々是電網 | Comments(2)

100年デジタル・アーカイブ その3

100年デジタル・アーカイブのMLを立ち上げてから、はたと気になり、いろいろとアクセスしてみたのですが....
現在、財団法人デジタルコンテンツ協会に合流した、旧デジタルアーカイブ推進協議会のページがあります。その中にある地域推進団体のリンク集をクリックしてみると...すでにかなりの数の団体が、発展的解散(別団体に吸収)、サイト更新が1年以上もないまま、すでにページが存在していない...など、かなり残念な状況です。

 ・デジタルアーカイブ推進協議会 / URLリスト: 地域推進団体

 それぞれの地域推進団体の活動の中で、蓄積されたデジタルアーカイブは、もう見ることすらできないのでしょうか。もし団体が解散したり、サイトを維持するのが困難になったときに、別の団体に預けてでも、後世に残そう...ということはできなかったのでしょうか。当時、少なくはない経費やマンパワーをかけて作ったにもかかわらず...です。
 やはりこれは、緊急の課題ですね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-29 11:07 | DigitalArchives | Comments(0)

中央即応集団 [陸上自衛隊]

省庁で、これほど柔軟に組織を組み替えられるところは、そうは無いと思う。

 ・陸自の中央即応集団が発足 防衛相直轄、3200人 産經新聞
 ・自衛隊の中央即応集団が発足・テロなどに対応 日本経済新聞社
 ・陸自・中央即応集団が発足 機動性、テロ対処を強化 くまにちコム

名前こそおとなしい感じがするが、機能的には日本版海兵隊だと思う。また、この中央即応集団の傘下に、国際活動教育隊(駒門駐屯地)も置く。
今本当に必要なのは、シビリアンコントロール(文民統制)だと思う。ちょっと走り過ぎのような気もしないでもない。シビリアンコントロールに必要なのは、政府のお役人ではなく、一般国民の自衛隊に対する『関心』なのだ。もっと注目してくださいな。

 ・防衛省
 ・陸上自衛隊
 ・中央即応集団...まだない...
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-29 09:43 | 自衛隊 | Comments(0)

100年デジタル・アーカイブ その2

Google グループに 「100年デジタル・アーカイブ」のグループを開設しました。
ご関心がありましたら、ぜひご参加ください。

 100年デジタル・アーカイブ Googleグループ

※参加には、Googleアカウントが必要です。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-28 15:56 | 日々是電網 | Comments(0)