<   2007年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

皆既月食

a0001068_22133324.jpg
テレビの天気様報では、全国的に曇り空ということだったので、半ば諦めていましたが、山中湖では雲の切れ間から、しっかりと見る事ができました。
a0001068_22145042.jpg
欠けはじめからみていたわけではないのですが、貴重な写真を収めることができました。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-28 22:15 | 山中湖だより | Comments(0)

科目修了試験レポート 提出

八洲学園大学の春学期 科目修了試験レポートを提出し終わりました。
なぜか、いつもギリギリの提出。
この癖はなんとかしないと、きっといつか大失敗をしそう...

※実は今回も、提出直前になって1科目まったく忘れていた。残り30分を切っていたが、瞬発力のような火事場の馬鹿力で、なんとか書き上げた。クォリティは...最低ですが...。

次は、アレです。
三度目の正直で、合格を目指します。
何と言っても、僕の帰るところへの、唯一の道なのですから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-28 00:35 | 私事として... | Comments(0)

僕の帰るところ

八洲学園大学の科目修得試験レポートの締切が、すでえに12時間を切った。これから遅番出勤で、帰宅後に全体を見直して提出する段取りではいる(かぎりなくケツカッチンの予定)。

ある人から、僕は「風の人」との評価をいただいた。
地域づくりやまちづくりで良く例えられるのだが、生まれも育ちも地元の人を「土の人」、他所から流れてくる人を「風の人」という。この風の人と土の人とのコラボレーションによって、「風土」が生まれる...と。
しかし、これだけでは、ただ土ぼこりが立つだけなので、ここに「水の人」が必要となる。風を知り、土を知る水の人がいて、土ぼこりが立たず、風も心地よくなる...のだそうだ。

さて、そんな風になってしまった僕は、こんなに住むところ移り変わっている。生まれは[東京都錦糸町(産育会病院)]、当時住んでいたのは[墨田区向島]。弟が生まれてから[足立区本木町]。小学校3年の夏休みに転校して[埼玉県・皆野町]、高校を卒業後、[神奈川県・武山][埼玉県・朝霞][東京都・市ヶ谷]で過ごし、その後ペンション修行で[長野県・黒姫][山梨県・清里][静岡県・戸田]、専門学校時代〜メロン時代までを[東京都・向島]。再度、清里、長坂に住みしばらくは、[山梨県・長坂町]と[東京都・初台]の二重生活があった。
結婚を機会に、本籍を移動させた。僕の本籍地は、山梨県北杜市高根町清里にある。
結婚時代には、長坂ー清里ー長野県・南牧村ー山梨県・高根町と引っ越し、離婚と同時期に[山梨県・山中湖]に住んでいるが、ここで生涯を過ごすとは、思っていない。

夏には、親権は向こうではあるが、子供たちをおじいちゃん、おばあちゃんに会わせるために実家に帰るのだが、高校卒業後から感じていた実家での座りの悪さを感じるために、長居はしない。

そんな自分自身にとって、「僕の帰るところ」って、どこだろう..と、本当に考えてしまう。帰属する団体、帰属する場所が必要なんだとつくづく感じる。

先日見に行った陸上自衛隊の総合火力演習。
あの迷彩には違和感を感じるのだが、そこに「私の帰るところ」を見てしまう気持ちって何なんだって...と、ちょっと自分を見つめてみたい気持ちです。

レポートが終わったら、新人図書館長研修があるし、その後は「司書の卵キャンプ」もある。自分を見つめる時間を持つのは、もうちょっと先になりそうだ。

「僕の帰るところは君だ」なんて言える人がいたら...いいなぁ〜。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-27 13:12 | ひとりごと... | Comments(1)

「図書館」という名詞

“モロコシ”は、“トウモロコシ”の方言である。が、一方で全く別の作物を指している。
 ・モロコシ Wikipedia
 ・トウモロコシ Wikipedia

これと似た言葉として、“ワニ”と“サメ”がある。因幡の白ウサギがだまして海を渡ったのは、“ワニ”の背中であるが、これは“サメ”の背中である。

 トウモロコシ=モロコシ(方言)
 トウモロコシ≠モロコシ(別物)

 サメ=ワニ(方言)
 サメ≠ワニ(別物)

って感じです。
さて、本題の「図書館」ですが、最近、ネットができる、ハイブリッドだ、これからの図書館像だと、いろいろ書かれていて、良く耳にするのが「もう、図書館とは呼べないね」...ということなのだが、ちょっと待って欲しい。“図書”といえば本を指しているのだけれど、もともとは、“図”と“書”である。図面の図、絵図の図であり、なんらかの形状を描いたものが“図”である。一方“書”は書道の書、書写の書であり、崩れていようがなんらかの文字を書いたものっがあ“書”である。ということは、既に「図書館」は、“図”でも“書”でもなく、“本”が主役となっているものを、本=図書として用いることで対応しているように思う。
 同様に、今後ネットだと地域情報などと、本以外の情報源にもアクセスできる施設としての図書館像があるのであれば、それでも『図書館』と呼んでもいいように思う。

 鉛筆、シャープペンシル、ボールペンしか入っていなくても、《筆入れ・筆箱》
 筆が主役でもないのに、《筆記具》
 もう誰も下駄をいれていなくても、《下駄箱》
 蒸気で動いてなくても、《汽車》

ということを考えれば、「もしも、今で言う“本”がなくなったとしても《図書館》と呼びつづけてもいいのかなぁ」、と最近思うようになっているのです。
むしろ、そのことにこだわり続け、まるで《筆箱》なんだから、筆を入れろ。《下駄箱》ならば下駄を入れなければダメだ...という意見がまかり通るような《図書館》への要求/要望が根強い。それを言うなら“図”と“書”については考えてないのかなぁ...と、思ってしまう。

 昔々は、書籍館(しょじゃくかん)、それから図書館(としょかん)、図と書の館から、本(図書)の館になり、その後視聴覚資料が入り、パソコンが入り、今やインターネットや無線LANが整備された一大情報拠点となっている施設であっても、これからの未来の時代において、相変わらず《図書館》でいいようにも思うのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-26 23:10 | これからの図書館 | Comments(0)

総合火力演習

総合火力演習、通称「総火演」に行く事ができた。
日頃の訓練の成果の、いわば年に一度の発表会である。

しかしながら、毎年ほぼ同じ内容。年に一度のお祭りのような、偉大なるマンネリズムを感じてしまう。ま、それはそれでよいのだけれど、防衛庁が防衛省となり、自衛隊法改正に伴う、本来業務の拡張がおこなわれているのであれば、次からは“火力”の発表会だけではなく、“災害派遣力”や“国際貢献力”の成果の発表会も、ぜひ行って欲しい。

例えば、土石流を食い止める、林野火災の消火実演などや 国際貢献の成果発表会などである。ただし、確かに災害派遣や国際貢献は、訓練ではなく実践である。それに対して実践できない火力の発表会としての総合火力演習があるということも、重々承知の上だが、やはり「戦う自衛隊」もさることながら、

守ってくれる自衛隊
助けに来てくれる自衛隊
平和をつくる自衛隊


を、ぜひ多くの方々に向けて、ご披露していただきたいものである。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-26 19:13 | 自衛隊 | Comments(2)

回転翼三昧

a0001068_22351672.jpg
観測ヘリコプター OH-1 ニンジャ

a0001068_22385014.jpg
多用途ヘリコプター UH-1J

a0001068_22414759.jpg
対戦車ヘリコプター AH-1S コブラ

a0001068_22452796.jpg
多用途ヘリコプター UH-60JA ブラックホーク

a0001068_22502155.jpg
輸送ヘリコプター CH-47J チヌーク
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-25 22:52 | 自衛隊 | Comments(0)

NASA + Internet Archives(NPO)

デジタルアーカイブの話題です。

 ・NASA、画像・映像のデジタルアーカイブを構築へ ITmedia News
 ・NASA、写真と動画のアーカイブサービスを開始へ CNET Japan
 ・NASAがInternet Archiveと提携、歴史的画像をデジタル化 INTERNET Watch
 ・NASA、宇宙開発のオンライン映像資料アーカイブ構築へ Japan.Internet.com

非営利団体(NPO)にも、実にいろいろな規模がありますが、ウチのNPOもいつかは....なんて大志をいだきたいですね。

【参考】
 ・NASA
 ・Internet Archives
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-25 21:57 | DigitalArchives | Comments(0)

AH-64D

a0001068_17525517.jpg
こんなのが飛んでました。

 ・AD-64H 戦闘ヘリコプター 陸上自衛隊 装備

通称アパッチ・ロングボウってやつです。
もう1枚
a0001068_2214165.jpg

[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-25 17:55 | 自衛隊 | Comments(2)

趣味の写真

a0001068_17481574.jpg
今朝、お洗濯に行く途中(コインランドリー派なので)、花の都公園のひまわり畑での風景です。
この状況を、放っておく手はない。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-25 17:49 | 山中湖だより | Comments(0)

課題図書

ケータイからです。

夏休みの課題図書というものがある。毎年いろいろな本が紹介されているが、本当の意味で「課題図書」というのは、違うんじゃないかなぁと思った。
それは、人生をよりよく生きるために必要な「課題」としての本なのではないだろうか、と。

そういう意味での、[課題図書]って、何か魅力的に思う。
というわけで、こんなページがありました。

 ・西洋文学この百冊 目次 京都大学文学部西洋文化学系編
 ・一度は読んでおきたい 日本文学100選 DSデ読書スル
 ・長門有希の100冊 CAXの日記
 ・新潮文庫の100冊 2007

※そうそう、「茂木健一郎の100冊」なんてのがあったら...とても嬉しいです※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-24 08:42 | これからの図書館 | Comments(0)