<   2008年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧

Windows on Mac

MacBookへの移行もかなり進んできておりますが、今回のMacBook移行の最大のポイントでもある Windowsの導入ができました。Vistaにしようか迷ったのですが、まずはXP。頃合いを見計らってアップデート...という順序で考えています。
a0001068_14564988.jpg

とりあえず、こんな感じ。
フルスクリーンにもなります。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-30 14:57 | 日々是電網 | Comments(2)

Retreat

今日は一日リトリート。
a0001068_19405341.jpg

[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-27 19:41 | 私事として... | Comments(4)

eyes only

あえて写真は撮りませんでした。
今日のお姿は、eyes only にさせていただきました。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-27 19:40 | ひとりごと... | Comments(0)

図書館経営と図書館運営

図書館経営論という科目があるのだが、指定管理者としての図書館経営には決して十分な内容ではない。もっと言えば、コミュニティライブラリーや私立図書館、私設文庫などでも活用できる真の「図書館経営論」が欲しいと思っています。正直なところ未だに手探り状態なのです。

一方で、「図書館経営論」とは言っても実態は「運営論」だよ、という意見もある。図書館の指定管理者として日々過ごしていると、厳しい状況だからといって、安易に「運営論」にしてしまうことには、個人的にも抵抗があります。

英語で調べてみると、

 経営 managemant
 運営 operation

 資金調達から最大限の存在価値を高めることを『経営』とするならば、『運営』は与えられたリソースをどう使ってミッションを達成するか...というところである。
 映画などで言えば、プロデューサーとディレクターの違いにも似ているように思えてきます。お金集めから、作品の選定、監督の指名、プロモーションなどなどを担うプロデューサーと、そのプロデューサの意志を受けて、現場のスタッフを使いながら目標とする作品を仕上げるのがあるディレクターである。ちなみに図書館館長はDiretorである。
 だとしたら、図書館においてもプロデューサ役を置く必要があるのかもしれない。いってみれば、指定管理者となった企業やNPOが最高経営責任者であり、現場の館長はディレクター(監督)としての館長職という位置づけになるのかもしれない。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-26 12:22 | これからの図書館 | Comments(0)

アルバイトスタッフ募集のお知らせ

山中湖情報創造館の指定管理者であるNPO法人地域資料デジタル化研究会では、山中湖情報創造館のアルバイトスタッフを募集しております。

【募集要項】
 応募資格: 図書館の仕事が好きで、接客サービスになじめる方で、基本的なパソコン操作ができる方(日本語入力、ワード、インターネットなど)
 仕事内容: 図書館サービス業務、資料等のデータ入力
 勤  務: 火・土・日曜日を中心に週2,3日勤務できる方
 時  間: 遅番 4月~11月 14:45~21:15(休憩30分)
       遅番 12月~3月 12:45~19:15(休憩30分)
 期  間: できるだけ長期(1年間できるとなお可)
 時  給: 850円/時
 交通費 : 一日300円を上限として出勤日数に乗じた金額。
 通  勤: 遅い時間の出勤のため、自家用車にて通勤できる方が望ましい。

 応募方法: まずは電話にてご連絡ください。
       写真添付の履歴書を持参の上、面接を行います。
 電話番号: 0555-20-2727
       「アルバイト募集を見ました」と言ってください。

ご応募、お待ちしております。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-26 11:51 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)

文車妖妃(ふぐるまようび)ー妖怪図書館の司書妖怪

こういう発想...大好きです。

以下、シネマトゥデイより引用
7月12日に公開される映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』にブログ界の女王、しょこたんこと中川翔子が妖怪役で出演することがわかった。しょこたんは妖怪のことならすべて調べられるという「妖怪図書館」の司書妖怪、文車妖妃(ふぐるまようび)を演じる。

 ・衝撃の露出度!ナマ足しょこたんが『ゲゲゲの鬼太郎』に妖怪で出演決定! シネマトゥデイ

できれば「本の蟲」も徘徊するようなシーンがあったらいいなぁ...

 ・映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-26 11:15 | これからの図書館 | Comments(1)

朝から号泣(?)

なぜだ、なぜなんだ。
とある女優さんが、CMに出ているというので、チェックしていたら、Web限定のCMもあるというので、ポチッとしてしまいました。
年取ると涙もろうなるのか...朝から号泣(?)してしまいました。(涙

 ・チキン戦士 ディッキーX I am a HERO.

※オレンジ色の三角をクリックするのがコツです。
※CM作品を評価するもので、広告主を評価するものではありません。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-26 10:38 | 日々是電網 | Comments(0)

点景フィギア

お茶の水の画材屋さんに寄ってきました。
元建築デザイン課出身の私としては、建築模型のコーナーも大好きでして、ふらっとのぞいてみたら...いや〜すごいものがあるんですね。

 ・Preiser(プレイザー)

建築模型の縮尺にあわせた、人物模型や自動車等々がそろってます。
...うちのペーパークラフトの点景に...欲しいなぁ。
(正直なところ、けっこうお高いです)

※ついでに、水貼りテープを購入。あとは木製パネルだ!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-25 14:42 | まるちゃんの趣味 | Comments(2)

日下部金兵衛

明治時代カラー写真の巨人 日下部金兵衛
中村 啓信 / / 国書刊行会
スコア選択: ★★★

飯沢さんのお宅の本棚には、実に興味深い本がありました。
中でも目についたのは、この名前。
日下部...という姓からもしかしたら....と思い検索したところ、案の定山梨出身の方でした。

【日下部金兵衛(くさかべきんべえ)】
以下抜粋
天保(てんぽう)12年10月15日生まれ。横浜でベアトにまなび,明治14年ごろ同地に金幣写真館をひらく。横浜写真とよばれる外国人観光客用の写真のなかで,とくに人気があった。国内外の博覧会に出品。43年横浜写真業組合副理事長。昭和9年4月19日死去。94歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。【「日本人名大辞典」より】

日下部金兵衛(1841-1932)は甲府の出身で、イギリス人カメラマン、F・ベアトの助手として修業し、明治14年(1881)頃独立しました。【横浜開港資料館 館報「開港のひろば」より】

ときのそのとき - 日下部金兵衛 MEIJI TAISHO 1868-1926

日下部金兵衛 幕末・明治期 日本古写真メタデータ・データベース 長崎大学附属図書館

神戸名所写真帳 文化遺産オンライン


ちなみに...「山梨百科事典」(山梨日日新聞社)には、日下部金兵衛の名はみつかりませんでした。オシイ!!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-25 10:55 | DigitalArchives | Comments(2)

それはまるで記憶の***

写真を愉しむ (岩波新書 新赤版 1106)
飯沢 耕太郎 / / 岩波書店
スコア選択: ★★★★
飯沢さんと直接お話しすることができました。あつかましくもお宅に上がり込み、ごちそうをいただきながらです。
写真評論家としても、デジタルアーカイブには非常に関心が高く、作品としての写真はもちろんながら、記録/記憶としての写真の保存や継承することにつても、いろいろと話をいただきました。

 NPOであっても社会起業/コミュニティビジネスに本気で取り組むのであれば、いろいろとご助言いただけそうです。
 デジタルアーカイブ技術に対してやはり“お仕事”として取り組む必要があると強く感じました。デジタル化の技術、アーカイブ化の技術、写真の掘り起こしも含む収集、そして何よりも人材育成...等々。しかも、これはちゃんとしたビジネスモデルが作れると実感しました。
 なぜNPOなのか、営利企業では十分ではないのか...という理由としては、デジタルアーカイブには、[サービスを受ける人(顧客)]と[お金を払う人]が同じではない場合が少なくありません。すべて同じであれば営利企業でも可能でしょうが、記録の保存と継承については、むしろ社会的価値や意義が優先される場合に、必ずしも写真の持ち主が対価を払うという訳ではないのです。だからこそ、NPOの出番なのだと思うのです。そのためにも、デジタルアーカイブづくりをミッションとしたNPOによる社会起業の展開が必要なのだと、本当に強く感じました。

ちなみに、デジタルではありませんが、社団法人日本写真家協会では、作品(プリント)やネガ/ポジフィルムの保存の必要性から、「日本写真保存センター」という構想があるそうです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-25 10:03 | DigitalArchives | Comments(0)