<   2008年 05月 ( 95 )   > この月の画像一覧

最近のアニメ事情...

もうすでに、深夜アニメを録画して見る...という時代から変化しているように思う。そんな訳で(どんな訳?)、このごろ動画共有サイトでアニメを見始めている。

これが検索するとけっこう、ちゃ〜んとあるのだよ。特撮だって。

それにしても、最近のアニメ...って...
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-31 22:48 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)

指定管理者制度の使い方

5月30日は、山梨県公共図書館協会の総会とその後の研修会があった。
今回の研修会は、とてもよかったと思いました。

----
「図書館利用者から一歩踏み込んで」 近江哲史(おうみ・さとし)

 図書館に対して、利用者の立場で見て考える視点を大切にしている方です。昭和8年生まれの近江さんご自身は、定年退職後

 1.ヘビーユーザー
 2.図書館ボランティア
 3.図書館協議会
 4.「本を読もう、流山」読書会
 5.NPO法人 ながれやま栞(理事)

 と、図書館の外側から、図書館を支援してこられた方で、わかりにくい図書館の世界に、「声ある利用者」として関わって来られた方です。
 そして最近では、「声ある利用者」の団体としてNPO法人を立ち上げられ、ついには、流山市立図書館の1館の指定管理者にまでなりました。

 6.図書館の指定管理者
   プロとしての図書館長や職員を採用する

 声ある利用者団体が指定管理者となることで、その目にかなったプロを採用して、現場の図書館に置くことができます。これは指定管理者制度を上手に使うことで、市民のための場所づくりを目指した、モデルケースだと思います。

 ある日突然市民の知らないところで指定管理者制度が導入され、市民の知らないところで公募があり、市民の知らないところで業者さんが指定管理者になってしまう...そんなことが少なくない制度の運用があるなかで、流山市における指定管理者制度の導入/運用は、「公の施設」を「市民の場所」にするためのとてもよい参考となると思います。
 このモデルが広がることを、期待しています。
 (それには、市民力が必要となることは言うまでもないことですが...)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-31 18:36 | これからの図書館 | Comments(0)

パケットに課金するなんざぁ〜

(以下、個人的な持論です。他意はありません)

インターネットのあり方を尊重するならば、[パケット]に課金するビジネスモデルなんざぁもってのほか...っと、思うのです。

 ・契約きちんと把握して=携帯の定額制で注意喚起−総務省 時事ドットコム

 定額制があるっていっても、携帯ってダメなんだね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-31 11:52 | 日々是電網 | Comments(2)

雨の山中湖...

昨日は、情報創造館の月末休館日。周辺の草ものびてきたので[草刈り作業]でした。
午後は、山梨公共図書館協会の総会&講演会。
総会は滞りなく進行し、いよいよ期待の講演会。とても充実した内容でしたので、この件はまたのちほど。指定管理者制度をとても上手に導入した図書館運営の事例ですね。

さて、今日は期待のイベントがあります。

PICA山中湖ヴィレッジで「アースデイ フジヴィレッジ08」の前夜祭

GREEN DRINKS inPICA山中湖ヴィレッジ
 第1回テーマ:「アウトドアスポーツと自然保護」
 日時:5月31日(土) 19 時~ 21 時
 場所:PICA 山中湖ヴィレッジ カンファレンスルーム
 参加費:2500 円 

どんな方に出会えるか...ちょっと楽しみです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-31 08:11 | 山中湖だより | Comments(0)

季節性鬱(うつ)からの脱出

山中湖もやっと暖かくなったかと思えば、今外は10℃を下回っている。
なんだか、急激な寒暖の差で、体調が崩れそうです(とういうときは、しっかり食べること...なんて理論でつい体重が....)。

季節が春を過ぎ、夏に向かう中で、季節性の鬱(うつ)っぽい症状は軽くなってます。

ただ、ここのところ...やはりちょっと変。

これ以上は、いろいろな方に読んでいただいているブログですので、たとえ[ひとりごと...]としても...ちょっと...書けない...。
でもね、決してネガティブな感じではないので、ご安心ください。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-30 22:22 | ひとりごと... | Comments(0)

おススメ図書「海を駆ける風」佐藤潤子

海を駆ける風―女性キャプテン誕生の航跡
佐藤 潤子 / / メディアハウス
スコア選択: ★★★

Amazonのページをみてもわかるとおり、絶版です。ほぼ入手不可能です。
ですが...なんと、著者さんのサイトで、PDF版が公開されてます。
ご関心がありましたら、ぜひお読みくださいませ。

 ・「海を駆ける風」永田潤子 PDFのダウンロードができます

 ・見かたを変えれば錬金術〜永田潤子の日々 在りたきままに ブログ

いいよ〜。本当に海を駆ける風を感じますし、そんな彼女の生き方にちょっとばかり惚れちゃいます(この歳にもなると臆面も無く書けてしまう...自覚)。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-30 21:39 | おススメ | Comments(2)

やはりNPOは社会起業家でなければならない...と、思う。

先日、当NPO法人の総会が開催され、平成19年度の事業報告/本会計決算報告/山中湖特別会計報告ならびに平成20年度の事業計画/本会計予算/山中湖特別会計予算が承認されました。みなさまお疲れさまでした。

ただ、気になるのはやはり財政的な面。H20年度はかなり厳しい状況です。今年度には公的機関からのお仕事は、今のところ昨年同様山中湖情報創造館のみ。それ以外の事業収入の見込みは、いまのところ具体的にはなっていません。

いや、ほんとうに、NPO法人はボランティア集団ではないって、強く感じてます。収入を増やすための[資金調達:ファンドレイジング]や[収益事業]を実施しながらでも、活動を支えていかなければならない。
持続/継続性のあるミッションの遂行には、それなりの資金が必要です。NPOといえども、稼がなくてよい...なんていう理由は、どこにもない!っと思うのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-30 00:05 | NPO | Comments(4)

☆エキストラ急募☆ドラマ「おせん」

いばらぎフィルムコミッションさんから

 ・☆エキストラ急募☆ドラマ「おせん」

おせんさんに会えるかどうか、テレビの画面に写るかどうか...は...保証できませんけどね。お祭りのシーンのようですね。街頭で見ている人と御神輿を担ぐ人と。

ということは神輿の担ぎ手は、写る可能性は大きいかも。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-29 19:06 | まるちゃんの趣味 | Comments(1)

生ゴミ処理機

NHK甲府のニュースで、生ゴミ処理機が出ていた。
生ゴミはいつのまにか、有機肥料になるものだが...注意していただきたい。

生ゴミ処理機のフタには、施錠ができる。いや、しなければならない。

数年前、ある展示会で同種の機械をみたことがあるのですが、そのとき鍵の話を伺った。とにかく有機物ならなんでもかんでも分解して堆肥にしてしまうのだそうだ。
有機物というのは、生ゴミだけではない。魚やお肉はもとより、動物であっても分解できる。

そう、人間の体も有機物なのです。

だから、施錠が必要なのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-29 18:40 | ひとりごと... | Comments(1)

星野リゾートの事件簿(おススメ記事)

日経ベンチャーのこの連載がおもしろいです。

 星野リゾートの事件簿(日経ベンチャー)
  File:01 伊東温泉バラバラ事件
  File:02 軽井沢「一枚の盛りそば」事件
  File:03 トマム「山頂駅の雲海」事件

一番の注目社長である星野桂路さん。現場スタッフと星野さんのやりとりが、生々しく書かれています。

また、この記事を書かれた中沢康彦さんのブログも合わせて読むと、おもしろいです。

 ・星野流入社式 日経ベンチャー ONLINE Blog

それにしてもたぶん、星野さんの真骨頂は、そこまで現場にまかせられることの裏付け(裏打ちとなっている理論)が、しっかりしているからこそ、ブレない経営ができるんだろうなぁ...と。そこは教えてくれないんですよ、たぶん。

※星野さんがNPO法人を経営するとしたら...どんな経営をするのかに関心があります※
 株式会社ピッキオNPO法人ピッキオとの関係...とか、ね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-29 12:28 | 日々是電網 | Comments(0)