<   2008年 06月 ( 95 )   > この月の画像一覧

「七瀬ふたたび」@青木ヶ原樹海

この秋、NHKであの名作「七瀬ふたたび」が始まるという情報を得ていたのだが、それがなんと、青木ヶ原樹海で撮影されているという。もうちょっと、こっちまで来ないかなぁ...

 ・七瀬ふたたびがふたたび ほりうちのココだけウルトラ話

主演があの蓮佛美佐子さん(大林宣彦監督の「転校生」(長野版)の和美役の彼女です)
NHKさんには、あの少年少女ドラマシリーズの復活を期待したい...です。「夕日丘の探偵団」もよかったし。

家族八景 (新潮文庫)
筒井 康隆 / / 新潮社
スコア選択: ★★★

七瀬ふたたび (新潮文庫)
筒井 康隆 / / 新潮社
スコア選択: ★★★

エディプスの恋人 (新潮文庫)
筒井 康隆 / / 新潮社
スコア選択: ★★★
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-30 22:17 | まるちゃんの趣味 | Comments(2)

諜報活動に必要な情報の8割は公開情報である

という言説がある。

どこぞの国の諜報機関のテキストに書いてあるそうだが、これはかなり正しい。
ひとつには、命を賭して残りの2割の情報を入手するために働く諜報員がいる反面、入手可能な公開情報を分析すれば、ほぼ8割の正確さをもって、推し量ることもできる...ということだ。その情報によって外交の勝敗がついたり、企業の生き残りをかけるような場合であれば、残りの2割をどうやって入手するかを考えなければならないが、ひとりのオーディエンス(あるいは消費者)という立場であれば、その8割をもって、将来を予想することは、ひとつの趣味(ホビー)ともいえる。

そんな中で、僕はApple社の将来をイメージしている。
すでに公開されている情報(ひらたくいえば、ネットで検索して入手できる情報)から、将来のApple社像を想像する楽しみ...といってもよいだろう。

想像その1
・次期MacOS (Snow Leopard)は、正式にPCをサポートする。
 ハードウェアの大小に関わらず、OpenCL互換のハードウェア上で、MacOS が稼働するようになる。

想像その2
・iPhone3Gによって、iPod touchの価格改定がある。
 (ただ最悪の事態を考えると、iPod touchはラインナップから消える...可能性も無くはない)

想像その3
・EeePC、HP 2133 Mini-Note PCのような、ミニノートMacが発売される。
 (これはiPhone3Gの大幅な値下げと、予想されるiPodラインナップの価格改定によって、空白の価格帯が生まれる。そこに投入する機種が出てくると想像/個人的にはOLPCのXO2.0に乗っかってくれるととってもうれしい)

想像その4
・Apple社のネットワークサービス MobileMe は、実は非常に戦略的サービス商品である。(ケータイ電話の機種編のとき、メールやアドレス帳などのデータ移行に苦労したことはないだろうか。あるいはパソコンを買い替えた時などのお引っ越しとか。そうしたハードウェアにとらわれないコミュニケーション環境(一昔前ならPIM個人情報管理)を MobileMe は提供する。電子メールやアドレス帳、スケジュール管理などが、固有のハードウェアに縛られないのだ。それを土台として、Apple社は将来ネットワークサービス会社を目指すかもしれない。

というわけで、これらのほとんどは、公開情報から簡単に推測できることなのだが、これが正しいかどうかを確認することが、実はとっても楽しみだったりします。たとえそれが外れたとしても、Apple社はユーザーの期待を裏切る何かを必ず出してくるのですから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-30 00:17 | 日々是電網 | Comments(3)

MacOS X Snow Leopard は、OpenCL互換のPCで動く...と予想。

先日のWWDC2008にて発表された次期MacOS である Snow Leoard(雪豹)は、不思議なことに、これといった目新しい機能の追加はない...と、断言している。にもかかわらず、動作の安定性やプログラムのシェイプアップなど、通常ならばマイナーバージョンアップ的な内容にも関わらず...あえて、コードネームをつけたものにしている。

 ・MacOS X Snow Leopard Apple
 ・MacOS X Snow Leopard アップル

これを聞いた時に、まっさきに思い浮かんだのは、MacOS が他のプラットフォームに乗り始めるのか...という考えだ。

 僕の予想する結論から書こう。

 MacOS X Snow Leopardは、Macプラットフォーム(MacPro, iMac, MacBook, MacBook pro, MacBook Air, Mac mini...といった自社製品)を超えて、OpenCL互換のグラフィックボードを搭載したPC環境で動作するようになる...と。
 もうすでに、現在のMacOS X LeopardをPCで稼働させる技術ができている。

 ・Mac OS Xを普通のPCで動かす(前編) builder by ZDNet Japan
 ・Mac OS Xを普通のPCで動かす(後編) builder by ZDNet Japan

 あとはチップセットとの相性などの問題だけだろう。そしてそれらも Snow Leopardでは、OpenCLという基準を設定することによって、問題はクリアされる。

 ・アップル、Mac OS X 10.6ではIntel Macのみに対応か? builder by ZDNet Japan

 さて、アップルはその次に何を考えているのやら。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-29 23:47 | 日々是電網 | Comments(0)

○○になりたい...子どもたちのロールモデル(役割モデル)

今の子どもたちに、なりたい何かを聞いてみたら、どんな答えが返ってくるだろう。


僕には、確かに「ウルトラマンになりたい」と思っていた時期があります(ひょっとしたら今でも継続中)。
スポーツ選手はかっこいいけど、人格形成に必要な道徳規範ではないよなぁ....善とか悪とか、何が正しくて何が間違っているとか、弱気を助け強気を挫くとか...。
少なくとも家庭や学校で、そうしたことを教えていないなら、せめてテレビドラマの「ヒーロー」に、そんな役割モデル(ロールモデル)を求めたい。


あなたには、だれそれみたいになりたい...そう思える存在を持っていますか?
図書館の本でも、最近はそういう作品が少ないように思います。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-29 12:45 | ひとりごと... | Comments(0)

コンビニのアルバイト型ワークスタイル

日本全国の公立図書館の職員の中で、以下のような経験を持っている方はどのくらいいらっしゃるのだろうか。

 ・コンビニで働いた経験がある。
 ・レストランで働いた経験がある。
 ・ペンションやホテルで働いた経験がある。

アルバイトであっても正社員であっても、これらの仕事を経験した人が、図書館のスタッフにいると心強い。基本的な接客サービスが出来ているからだ。

強いて言えば、コンビニのアルバイト型ワークスタイルに注目している。中でもセブンイレブンはアルバイトをする際に、トレーニング用のビデオを見ることが要求されたりする。レジ待ちのお客様への対応、商品の補充や前出し、床の清掃、駐車場の掃除やゴミ箱の片付け...などなど、アルバイトであってもいちいち指示されなくても、何をしなければならないかを自分で考え、自分で行動する。もちろんどんな作業をしていようとも、レジでのお客様対応が最優先されることは言うまでもない。

これは公共図書館においても、基本的には同じなんじゃないかなぁ...と、コンビニで買い物をするたびに、考えてしまう。

 レジとカウンター
 商品だなと書架
 商品情報と書誌情報
 仕入れと選書
 などなど....

公立図書館とコンビニを一緒にするな!! なんていう声も聴こえそうだが、お客様へのサービスの基本は変わらないんじゃないかな。

それにしても、最初の質問は、どこかでアンケートを取りたいくらいです。

実録!!コンビニバイト日誌
かとうとおる(コンビニバイト歴10年) / / メディアファクトリー
スコア選択: ★★
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-29 00:29 | これからの図書館 | Comments(0)

災害時のデジタルアーカイブ

(NPOのMLに書いた内容)

 いまだに余震が続く、岩手・宮城内陸地震ですが、土砂くずれや土石流などで被害にあった山間地の集落の歴史を記録していこうというプロジェクトが始まったようです。

 岩手・宮城内陸地震:古文書や骨董品、捨てないで 被災地の歴史資料保存へ /宮城 (毎日jp)

 災害発生時に、生命と財産が失われるだけでなく、そこにあった[記憶]すらも奪われてしまいます。
 常日頃からアーカイブ活動に取り組むことが一番ではありますが、突然の災害などで「今、失われてしまう危機に瀕している地域資料」に対して、NPOのスタッフが現地に派遣され、それらの資料をデジタル化によって保全し、せめて《記憶だけでも残し伝える》ことは、私たちの大きな使命ではないか。と思っています。

 災害時に、瓦礫に埋もれ、土砂に汚された記録(それは文化財だろうと、個人のアルバムだろうと)を救出し、残し伝える...そんな活動が、私たちのNPOでも取り組めたらいいなぁ...と、考えていたりします。

 すくなくとも、この新聞記事にある平川教授は、そのことに気づかれた方であり、その活動のためにNPOを立ち上げたのだと思います。

【参照】
宮城歴史資料保全ネットワーク
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-29 00:14 | DigitalArchives | Comments(0)

加速読書プログラム

文字活字文化振興法があり、子どもの読書推進活動があり、国民読書年の設定があったり...と、『読書』に関する話題がある。

OECDのPISAテストの結果を受けて、やれ読解力が足りない。もっと読書を。という意見が後を絶たない。だが、僕からみれば、それは一昔前の「根性論的スポーツトレーニング」に等しい。スポーツ科学に基づいたトレーニング法では、うさぎ跳びはない。
 何年生向け図書というものがあるのだが、まったく一人ひとりの読解力を無視した読書指導は、ある子どもには最適かもしれないが、ある子どもには物足りなく、ある子どもには苦痛でしかない。これでは一人ひとりの読解力を高めることはできない。また、読書後の感想文を書かせることも、読解力とはまったく関係がない。それだけでなく、なぜ個人的な内面というきわめてプライベートな領域を人前でさらすことは、本当によいことなのだろうか...とすら思う。こうした現在の読書推進活動は、うさぎ跳びをさせるスポーツトレーニングに等しい...とすら思える。

では、科学的な読書推進活動/読解力向上トレーニングには何が必要なのか、情ではなく理の読書が求められていると思う。それには、いくつかの要素があるが大きく分けると

1.一人ひとりが自分の読解力(読書レベル)を認識できること。
2.一冊一冊の図書に、読解力レベルの表示をし、読力ポイントをつける。
3.感想ではなく、何が書かれていたか/それを読み解けたかを確認するテスト(クイズ)があること
4.読書後のテスト(クイズ)によってクリアした書籍の読力ポイントを貯める

こうしたことが必要だと思う。

...と、ここまで書いたが、これは僕のオリジナルではない。米国のとある教材会社が商品として取り扱っている読書推進プログラムの内容なのだ。

 ・Accelerated Reader Renaissance Learning

これは1〜4にあげた内容をプログラム化し、ソフトウェアを開発し、商品として提供している。中でもこの、一冊一冊の図書に読解力レベルを表示している...という具体的なものは、このサイトにある。

 ・AR BookFinder

このサイトで、Harry potterを検索してみると、いくつもの図書が表示される。その中から一冊を選んで詳細をみると、タイトルや内容の他に

 ATOS Book Level:6.9
 Interest Level:Middle Grades (MG 4-8)
 Points:34.0
 Word Count:198227

という表示がされている。本の読解力レベル(語彙レベル)、およその対象年代、クリアした時にもらえるポイント、図書の単語数が示されている。これと自分自身の読解力を照らし合わせて、自分の読解力よりも「ちょい上」を読むことで読解力が高まる。しかも確認用のテスト(クイズ)をクリアできれば、読み解いたこととなり、個人の読書Pointの追加となる。

単に読書ではなく、ましてや「根性論トレーニング的読書活動」でもなく、「スポーツ科学ならぬリーディング科学的読書活動」が、本当に求められるのではないか...と、かなり強く思っている。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-28 00:36 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(3)

星野リゾートの事件簿 File:04

日経ベンチャー紙上で連載されている「星野リゾートの事件簿」は、とにかくおもしろい。

今回 2008.7号は、File: 04 青森「現ナマ2300万円」事件

星野リゾートが再生をうけた青森県三沢市の古牧温泉「青森屋」
詳しくは本誌をお読みいただきたいのだが、スタッフに対する心遣いといいましょうか、モチベーション維持のためといいましょうか。民間企業として目標とする売り上げに達することがまずは至上命令。「青森屋」の若き支配人はどんな手を打つのか...

【参考】
 ・日経ベンチャー
 ・星野リゾート
 ・星野リゾート wikipedia
 ・古牧温泉 青森屋
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-27 13:31 | おススメ | Comments(0)

デジ研 6月の勉強会

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
日時:平成20年6月26日(木)午後7時半〜午後9時半
場所:常徳寺客殿

タイトル:「デジタルでサウンドアーカイブ〜音のデジタルアー カイブづくりへ〜」


 概 要:ICレコーダを使った録音を基本とし、音声に関するデジタ ル技術を学習し、デジタルアーカイブをつくる技能をみにつける学習講座
 内 容:
  0.メディアリテラシーワークショップの報告
  1.音をデジタル化するということ(PCMの基本)
    (レクチャー、ICレコーダ
  2.音声フォーマットの種類と再生環境
    (MP3、WMA、
  3.音のデジタル化利用技術
    (オーディオCDからポッドキャストまで
  4.サウンド デジタル アーカイブづくり
    (ICレコーダだけでなく、カセットテープからデジタル化、 サウンドスケープづくり

という内容で予定しております。
他、日頃感じているPCに関する疑問、デジカメの使い方
記録、保存等に関するちょっとした疑問(他にもいろいろ....)を
解決できる場になれば、良いのではないかと思います。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

僕自身は、決して音響のプロではありませんが、音声データをデジタルアーカイブするために必要なモノコトをお話できれば...と、思っています。

最近では、音や匂いも商標登録できるようになったとか。デジタル化しアーカイブする対象は、ますます広がっていくのかもしれません。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-26 08:20 | デジ研 | Comments(0)

iPod touch 大幅値下げ!...になるといいなぁ。

7月11日発売予定のアップル社のiPhone3G(アイフォーン)。
予約をはじめているようなのだが、あまりにも反響が大きいらしく、予約を停止してしまったところもあるとか。
魅力的な価格設定ではあるのだが、さすがに月々6千円近い出費となるのは、現状ちょっと辛いものがある。実際に僕はiPhoneを電話としての機能よりも、ネット端末として使うことを考えると、無線LANのある場所で使えればいい...と思っている程度なのだから。

そう考えると、iPod touchでもいいんじゃないか、って思う。

 iPhone3G 8GB 23,000円(実質 )
 iPod touch 8GB 36,800円

 機能が少ない方が高いはずがない。7月11日の前後に、iPod touchの価格改定。あわせてiPod全ラインナップの価格改定(あるいは新機種?)の発表があるかもしれない(現時点では勝手な妄想です)。

米国のアップルストアの価格をみれば、

 iPod touch $299
 iPhone3G $199ということになる。

これだけみても、iPod touchが値下げになる可能性は大きいだろう。

※いや、その...なんだ、単に「見せびらかしたい」だけなんです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-25 10:34 | ひとりごと... | Comments(0)