<   2008年 07月 ( 53 )   > この月の画像一覧

ウルトラマンメビウス外伝

ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス STAGE1 滅びの遺産
/ バンダイビジュアル
スコア選択: ★★★★

TV放送が終わってすでに1年以上が経っているにもかかわらず、後日談としてのドラマが始まりました。
STAGE1とSTAGE2(8月下旬発売)の2本に分けての販売です。

本編は、リュウさんこと相原隊長。新隊員(ハルザキ カナタくん他声のみの隊員も)の登場や懐かしいメンバーの再会など...ファンにとっては涙ものです。

さらに特典映像がすばらし。
円谷の夢のゆりかごでもある東宝ビルド。もうすでに解体され残ってはいないのですが、映像でちゃーんと記録されております。

さらにさらに、9月に公開される映画「超ウルトラ8兄弟」のロングバージョンの予告編。三丁目の夕日を感じる冒頭の子供たちは、それは僕自身なのかもしれない...と、感じるほど。

 ・大決戦!超ウルトラ8兄弟 予告 YouTube

やっぱり、あの計画を画にしてみたくなりました。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-30 09:54 | まるちゃんの趣味 | Comments(1)

これからのデジカメに欲しい[ビジネスモード]

最近のデジカメの進化には、おどろくべきものがある...が、これからのデジカメにはぜひビジネスモードをつけていただきたい。

デジタルカメラで撮影する被写体は、いわゆる従来の記念写真や作品としての写真だけではなく、記録ならなんでもかんでもデジタル化が可能なだけに、その活用範囲は実に広いのだ。ビジネスモードでは主に書類などをより上手にきれいに撮影できるよう、設定がされているとよい。

ビジネスモードには、以下の撮影対象が含まれる。

 ・名刺:91mm×55mm
     (200dpi換算で 717pixel×433pixel:31万画素)
     (300dpi換算で 1075pixel×649pixel : 70万画素)
 ・ハガキ:148mm×100mm
     (200dpi換算で 1165pixel×787pixel:92万画素)
     (300dpi換算で 1748pixel×1181pixel:200万画素)
 ・A4書類:297mm×210mm
     (200dpi換算で 2339pixel×1654pixel:380万画素)
     (300dpi換算で 3508pixel×2480pixel:900万画素)

もちろん、書類撮影のためのホワイトバランスやコントラスト調整、レンズの歪み補正などの機能などがついているとうれしいですね。
ちなみに、200dpi以上であればいわゆるOCRによる画像からのテキスト起こしができるようになります。

別途名刺用のイメージスキャナを購入するのもひとつなのですが、出会ったその場で名刺を撮影すれば、デジタルデータそのものに作成日としての日付が残ります。ハガキなども捨てるに捨てられないものであっても、両面デジタル化しておけばOKです。

実はこれ、かつてコニカ製のコンパクトカメラに、A4 というモデルがありました。さすがにコストを考えると、そうあれもこれも撮影するというわけにはいきませんでしたが、ちょうどストラップの長さで書類とカメラの位置をきめると、A4書類を35mmフィルムに納める距離になったことを記憶しています。デジタルならばコストを気にしないですみますね。

デジタルカメラメーカーさま、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-30 09:03 | 日々是電網 | Comments(0)

地域コンテンツ市場/地域コンテンツマーケット

今日現在の僕の頭の中にある課題解決のためのキーワード。

それは、なんとか協会でもなければ、なんとかセンターでもない。

あえていえば「地域コンテンツ市場」というイメージですね。
コミックマーケットとか、ワンダーフェスティバルとか、「地域コンテンツ」を対象とした、そんな『市場:マーケット』をつくるイメージ。

そんでもって、市場に参加する個人や団体と、その出品する「地域コンテンツ」のカタログをつくる。印刷物というよりもウェブサイトかな。ゆえに、このウェブサイトはいわゆるポータルサイトではなく、あくまでもカタログサイトなのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-29 23:06 | 地域コンテンツ | Comments(0)

「スーパー司書」って...

たぶん、お役所の会議室は、省エネのためエアコンを止めているので、思考が熱暴走をおこしているのだと思う。

 ・「スーパー司書」認定も 文科省有識者会議、新資格など提言 日経ネット

 名刺の肩書きに、スーパー司書とか入れるんだろうな。外国のLibrarianさんとの名刺交換風景を思い浮かべると...なんだかなぁ...。

※どこぞの民間団体が、年に一度のイベントかなんかで、つけるならともかく...
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-28 13:10 | ひとりごと... | Comments(2)

R.O.D (今さら...っぽいけど)

R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER” (集英社スーパーダッシュ文庫)
倉田 英之 / / 集英社
スコア選択: ★★★


いまさらですが、R.O.Dにハマってます。
まずは、OVAから。今はTVの方。小説やコミックはこれからですが...これは「図書館○○」シリーズよりも、僕の好みに合ってる感じ。

世界中に自分以外の沢山の存在がいるってことは、こいうことなんだと思う。僕がこれまでの47年間生きていても出会う事のなかった世界を、まったく別の人はごく日常的なあたりまえのこととしていて...それが出会っちゃったりすることで、お互いの視野がもうひとつ開けたりする。それがなくっちゃね。これがたぶん多様性の基本なんだと思う。

そこで、お仕事でもそうなんだけど、教えてもらうだけの仕事って、実につまらないと思うのです。それぞれがまったく違う人生を生きていて、そこで得られた知識とか技術とか、趣味とか、年齢による考え方の違いとか...そういうものの一切合切を、お仕事の現場で、自分で考えて自分の方法で試して欲しい。当然失敗もあるだろうけど、それはたぶん長年その仕事に取り組んでいた人には、思いも寄らない解決方法の場合もある。少なからずある。いや、実にたくさんあったりする。

追放されたスティーズ・ジョブスが、吸収合併という形でアップル社に復帰したとき、会社のスローガンとして掲げた言葉

Thing Different.

職場の中で、「これは自分がやらなければ、100年たっても誰もやらない」そう思えることに取り組みたい。それが課題解決のための多様性であり、沢山失敗の積み重ねの中から正解に近いものがきっと見つかるのだから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-27 18:38 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)

ハコモノ団体

いわゆる税金の無駄遣い的な対象として、「ハコモノ」なんて言われているが、ハードウェアだけでなく、「ハコノモ団体」なんてのもありそうだ。

たいした理由があるわけでもなく、団体をつくり、天下り先になったりする。
行政がつくるならば、わからないでもないが、民間がわざわざ「ハコモノ団体」などを作る必要などあるのだろうか。

もっときちんと考えれば、別の課題解決策もみつかるというのに。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-27 18:01 | ひとりごと... | Comments(2)

復旧

ただいま復旧しております。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-27 17:11 | MT8.NE.JP | Comments(0)

Whole YAMANASHI Catalog(全山梨カタログ)

山梨県内の地域コンテンツを一望できるウェブサイトのイメージ。
ポータルサイトというよりも、本当にカタログ的なサイト。
かつての名著になぞらえて、

 Whole YAMANASHI Catalog(ホール・山梨カタログ/全山梨カタログ)

を作ってみたいな...などといいつつ、Web版ではありませんが、試作版はすでに手元にあったりします。11月頃にはお披露目できるかな...。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-27 13:35 | DigitalArchives | Comments(0)

1000年デジタルアーカイブ

100年後、1000年後までも伝え残すデジタルアーカイブの仕組みづくりを考えたいと思うのですが、たぶんそれは、保険的な要素を持っているように思います。

デジタルアーカイブ保険機構

どこかに一つの大きなデジタルアーカイブ団体を作って満足するのではなく、小さくて、それぞれ寿命を持っている団体がたくさんあつまって、それでいながら、新しく生まれたり、寿命を終えたりしながら、デジタルアーカイブを未来に繋げていくような仕組みづくり。寿命を終えたチームが作ったデジタルアーカイブであっても、この『DA保険機構』が、次の受け入れ先が決まるまでは、預かっていられる。

そんな
 ・バックアップ
 ・ミラーリング
 ・一日毎のスナップショット
 ・Time Machine(MacOS X Leopardの機能)
みたいなものを持っている。
保険金は掛けるけど、デジタルアーカイブを残すための万全の体制を持っている。

そういうイメージかな。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-27 13:12 | DigitalArchives | Comments(0)

ただいまメンテナンス中

ただいま、MT8.NE.JPへのアクセスができなくなっております。

復旧には、今日一日程度かかる見込みです。

よろしくお願いいたします。

 丸山へのメールは、 maruyama.takahiro@gmail.com までお寄せください。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-27 12:58 | MT8.NE.JP | Comments(0)