<   2009年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

公共図書館の財源または資金調達

twitterを書いていると、ついついブログを忘れがち…ただ、ブログは「つぶやき」ではなく、がっつりを思いのたけを、下記綴りたい。
そこで今宵は、公共図書館の財源または資金調達について

1.公共図書館の財源が100%公費(税金)という時代はもう終わった。
  年々削減される経費、資料購入費。バブル経済崩壊によって税収も下がり、国も地方自治体も税収に苦労している。さらにここに来て世界同時不況の中での税収はさらに落ち込み、今年度などは法人事業税や法人住民税の還付が、歳入を危機的状況に追いやっている。
 そんな状況の中で、図書館の財源である公費は、年々削減され、どう考えてもこの先右肩下がりになることはあっても、「右肩上がり」になることは、予想すらできない。
 それにも関わらず、ほとんどの図書館は、その財源を公費に100%頼り切っている。直営の図書館もしかり、業務委託もしかり、さらに悪い事に「指定管理者」の中にも、そう思い込んでいる企業や団体があるのが…ちょっと悲しい事実。

2.公共図書館の財源
  僕は諸外国の図書館や日本の図書館の置かれている事情を考えてみても、公共図書館の財源は大きく3つを考えることができるのではないか…と、思っている。

 [公費(税金)]
 [寄付(基金)]
 [自主事業収入]

である。そしてこれに他のどこよりも取り組みやすい状況にあるのが、「NPO法人による公共図書館の指定管理者」であることを、僕は声を大にして言いたい。

3.[公費(税金)]
  施設の維持管理、資料購入(特にレファレンスブック系)、人件費(基本的人件費)、基本的消耗品費
 などがあると考えられる。

4.[寄付(基金)]
  公費(税金)を補う財源として、一定の基金の元に公共図書館への寄付を提供できる仕組みづくりが必要。寄付を集めるためのチャリティイベントも必要である…と、考えている。

5.[自主事業収入]
  公共図書館が、いわゆる民業圧迫を注意しながらも、図書館ならではのビジネスモデルを考え、実施することが重要だと考えている。自主事業にはいろいろな種類が考えられるが例えば…

 ・ライブラリー・ショップ:物品販売
 ・ライブラリー・カフェ :飲食販売
 ・広告媒体事業 :公式サイトへのバナー広告、館内掲示場所の広告料、図書館グッズへの広告掲載など
 ・アフィリエイト:公式サイトやブログなどを用いた、販売紹介料収入
 ・有料講座/有料セミナー:有料の学習講座やセミナー、体験学習プログラム。もちろん無料のプログラムも公共サービスとして実施することを忘れないこと。
 ・入出力サービス:プリントアウト、スキャナ入力など
 ・製作代行 :ホームページやブログ、動画などの製作代行業(デザインを含む)
 ・出版事業 :印刷製本書籍や電子書籍の出版事業
 ・製本装備 :製本やフィルムコートなどの請負や逆に本の解体するお仕事
 ・図書解体 :図書を解体するお仕事
 ・商品開発 :ライブラリー・ショップ用オリジナル商品の開発
 ・などなど

 実は、図書館法にある入館料や資料提供の対価を徴収しなくても、これだけの自主事業への取り組みは、法的には問題はないと考えられる。あとは、図書館員にそのスキルがあり、商品化/サービス商品化ができるかどうかだ。

 自己満足的な図書館グッズも否定はしないが、同じ労力をかけるのであれば、若干たりとも図書館の財源になるようなグッズの商品開発の方が、有益ではなかろうか…などとも考えている。
 そして重要なのことは、公共図書館が「ビジネス支援」をしているならばなおのことだが、自館の資料が目の前にあるのだ。それを使わない手はないし、それを使う事で図書館自身でもビジネスを起こす事ができる…というのは、大きな証明になるのではなかろうか…と。

 そして一番大事なことは、これら自主事業の収入は、図書館サービスの向上に当てられる…ということ。サービスの向上につながるのであれば、個人のモチベーションを高めるためのインセンティブとしても使うし、具体的な物品や消耗品の購入にも当てる。

そんなことを考えているのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-29 02:35 | これからの図書館 | Comments(5)

iPhone HD ?!



今年の4月にアップロードされたものだけど…アクセスが少なすぎるなぁ…
もちろん、充分に妖しい映像です。
本物である可能性は、極めて低いです。
ただ…すごくアナログっぽい画像を写したような点が、気になります。

 2010年1月26日には、全てが明らかにになるでしょう…。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-27 02:28 | 日々是電網 | Comments(0)

OLPCのXO-3 $75-



 ・XO-3 Laptop Fantasy Distraction from Education Reality OLPC News
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-24 11:44 | 日々是電網 | Comments(1)

録音のできる絵本を使うと…



考えてみれば、至極当然の組み合わせ。
CMにもあるように、おばあちゃんの声でもいいし、おじいちゃんでもいいし、パパやママの声でもいい。正確に読む必要は無い。子どもたちの名前を呼んだり、ちょっと工夫してもいい。

これはもう、心のこもったプレゼントだ。

…そして、もうひとつ…
こうして記録された朗読は、半永久的に記憶される。今を生きている人たちが喜ぶスタイルでありながら、ちゃんとデジタルアーカイブとしても成立するのではないか…と、思ったりもする。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-23 19:08 | DigitalArchives | Comments(3)

電子書籍で書籍の「章単位売り」…とか。



あまたのいい人たちがいる。
電子書籍出版は、紙の本をそのまま電子化して販売することもあるけれど、章単位、目次単位での販売もあり得るんだ。
ひょっとしたら、第一章は無料で、第二章以降が有料…というのも、ありかもしれない。
膨大な大全集も、電子書籍化して、章単位で購入しながら読む…というのも、ありなんじゃないかな。

そう。
電子書籍出版のひとつの方向性として、「小口売り」もあるんじゃないかな。
コミックなんかは、連載の一話分だけを、単行本になる前に販売しちゃうとか。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-22 10:45 | 日々是電網 | Comments(2)

「電車のデザイン」水戸岡鋭治

カラー版 - 電車のデザイン (中公新書ラクレ)

水戸岡 鋭治 / 中央公論新社


水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン―私はなぜ九州新幹線に金箔を貼ったのか? (交通新聞社新書)

水戸岡 鋭治 / 交通新聞社


日本人デザイナーの中では、誰よりも尊敬するデザイナー、水戸岡鋭治氏の本です。

すでに「鉄道デザイナー」の大御所的存在になってしまいましたが、水戸岡氏の基本は[人の居る場所が心地よくあれ]なんだと、僕は勝手に解釈しています。

それにしても、すごい方です。

旅するデザイン 鉄道でめぐる九州 水戸岡鋭治のデザイン画集

水戸岡 鋭治 / 小学館

スコア:


[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-20 23:27 | おススメ | Comments(1)

指定管理者制度 (公共図書館に対する制度運用の要とは?)

ここのところ、あらためて「指定管理者制度」について取り組んでいたりする。
もう一度原点に戻り、この制度の本質から考えれば、これからの公共図書館への制度導入のあるべき姿が見えてくるのではないだろうか。

で、なによりもまずは、地方自治法 第244条の2 すべてはここから始まる。

(公の施設の設置、管理及び廃止)
第244条の2 普通地方公共団体は、法律又はこれに基づく政令に特別の定めがあるものを除くほか、公の施設の設置及びその管理に関する事項は、条例でこれを定めなければならない。
2 普通地方公共団体は、条例で定める重要な公の施設のうち条例で定める特に重要なものについて、これを廃止し、又は条例で定める長期かつ独占的な利用をさせようとするときは、議会において出席議員の3分の2以上の者の同意を得なければならない。
3 普通地方公共団体は、公の施設の設置の目的を効果的に達成するため必要があると認めるときは、条例の定めるところにより、法人その他の団体であつて当該普通地方公共団体が指定するもの(以下本条及び第244条の4において「指定管理者」という。)に、当該公の施設の管理を行わせることができる。
4 前項の条例には、指定管理者の指定の手続、指定管理者が行う管理の基準及び業務の範囲その他必要な事項を定めるものとする。
5 指定管理者の指定は、期間を定めて行うものとする。
6 普通地方公共団体は、指定管理者の指定をしようとするときは、あらかじめ、当該普通地方公共団体の議会の議決を経なければならない。
7 指定管理者は、毎年度終了後、その管理する公の施設の管理の業務に関し事業報告書を作成し、当該公の施設を設置する普通地方公共団体に提出しなければならない。
8 普通地方公共団体は、適当と認めるときは、指定管理者にその管理する公の施設の利用に係る料金(次項において「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。
9 前項の場合における利用料金は、公益上必要があると認める場合を除くほか、条例の定めるところにより、指定管理者が定めるものとする。この場合において、指定管理者は、あらかじめ当該利用料金について当該普通地方公共団体の承認を受けなければならない。
10 普通地方公共団体の長又は委員会は、指定管理者の管理する公の施設の管理の適正を期するため、指定管理者に対して、当該管理の業務又は経理の状況に関し報告を求め、実地について調査し、又は必要な指示をすることができる。
11 普通地方公共団体は、指定管理者が前項の指示に従わないときその他当該指定管理者による管理を継続することが適当でないと認めるときは、その指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部又は一部の停止を命ずることができる。


ここから読み取れる大原則は、こうである。

税金で作った公の施設は行政財産だけど、民間企業や市民団体さんらが、ちゃんと公共サービスを提供してくれるなら、その行政財産を使って利用料金を得ることも認めて上げるから、その収入で管理運営してね。ただ、公平性のこともあるので、自治体で決めた要綱にのっとり、選定委員で選定し、住民の代表である議会で承認を経て、決めますよ。またこれも公平性のために協定する期限を区切りますけど。誰かやる団体いませんか?

ということなのではないかと…。
実際に僕が見聞きしている指定管理者制度の成功事例では、それまで公社経営では税金からの補填が必要だった施設が、指定管理者によって逆に年間の使用料を設置自治体に納めるほどになった…という事例もあります。
じゃぁ、そもそもお金を取れない図書館は、やっぱり無理なの…? となりがちですが、実は公共図書館が法律上お金を取れないのは、入館料と資料提供の対価のみ。物品販売してはダメとか、有料で会議室や研修室などのスペースを提供してはダメだとかは、有料の講座を開催してはダメだとか、図書館法上で禁止されてなどおりません。ただ、実際にそれだけでは人件費等の全額を賄うことは難しいので、公費からの支出もこのくらいはいただきたいです。と収支計画書で提案するのです。

すなわち
1)まずは民間団体が、公の施設を使って公共サービスをきちんと行い
2)その上で、利用料金は指定管理者の収入としてかかる経費にあて
3)不足することが予想される金額を、公費支出(予算)として収支計画に基づき支出してもらう。
4)あとは経営の才覚。これにより民間企業や市民団体等が、公共サービスのノウハウを蓄積する

ということなんです。
最初から、委託料や指定管理料があって、おまけみたいに利用料金を収受できる…というものではないんですね。

このことを、設置自治体側でも判っていない方が多い(都道府県レベルでも)し、指定を受ける側の民間企業も市民団体も理解していない方が多い。なので、特に図書館や博物館などは『管理委託業務』と何ら変わりがないとの認識を、未だに持っていらっしゃる方々が多い。

おかげさまで、当館においては自治体側も指定管理者側も、この年月をかけて学んで来た事もあり、この当たりに関しては、相互に理解がススんでいると思っています。

というわけで、成功する指定管理者図書館のポイントはただひとつ。

公共図書館における資金調達

なんです。
またこれはどうやら、県内図書館長さんとの間での話題にもなるのですが、直営図書館でも「資金調達」は課題になりはじめるようです。指定管理者はあるいみでいち早くそのことに取り組まざるを得ない状況にある…と、いえるでしょうね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-20 01:14 | お役目 | Comments(0)

言語力、語彙・読解力

言語力検定 財)文字・活字文化推進機構
語彙・読解力検定 朝日新聞社、ベネッセコーポレーション

PISA型読解力、言語力を養うために…ということなのだが、もうちょっとゲーム感覚でできるといいなぁ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-19 00:36 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(0)

仮に自分の寿命を80歳としたら…

a0001068_1344930.jpg

本当に80歳まで生きられるかも判らないし、ひょっとしたらその日は明日かもしれないし。
でも、こう書き出してみると、残りの時間を大切にしなくては…と、強く思えて来ます。

だた…気力も体力も衰えていくし…
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-18 01:35 | 私事として... | Comments(0)

【WANTED】欲しいモノは欲しいと言おう。

スケジュール表に書き込んだ予定は、どういう訳かそれを実現する方向に物事が動き始める。
先日も、欲しいモノを欲しいと言葉にすることで、宇宙はなんらかの力を与えてくれる。

という訳で、欲しいモノは素直に欲しいというカテゴリー【WANTED】を始めたいと思います。
第一弾は、これ

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 クロ リザードブラック

キングジム



ささっと、原稿を書き始めたい気持ちが出て来ているんです。
もちろん、ノートと鉛筆があればどこでも書き始められるのですが、強力な助っ人が欲しいんです。「ポメラ」はそんなチームメイトになるような予感がしているのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-18 00:42 | ひとりごと... | Comments(0)