<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

被曝した図書館資料/地域資料/貴重書の取扱いについて

福島第一原子力発電所の事故により、避難指示をうけた地域の中には役場もあれば公共図書館もある。「念のため避難」という言葉使いにより、「そのうち一時帰宅できるだろう…」なんて思っていた方々も少なくはない。中にはちょっと隣町に買い物に出て家に帰ろうとしたらすでに[立入禁止地区]になっていた…などという例もあるようだ。
人命は避難できても、その市町村に置いて来たものはたくさんある。家畜やペット、食料品や生もの…ひょっとしたらパソコンやハードディスクなど…たくさんある。

図書館の仕事をしているせいか、中でも気になるのは「避難指示を受けた地域の図書館」だ。
その蔵書も、ほとんどが放射線による被曝をしているだろうし、あるものは放射性物質による汚染が起きているかもしれない。見た目には何の変わりもない日常的な風景でありながら、その本は素手で触ることすらできない状態になっている…のではないだろうか?

それら被曝図書に対して、やはり「廃棄」するという手法しかないのか。それとも人が立ち入れるまでの期間放置したままにしておくのだろうか。気になるところだ。

もしも救出できる資料があるなら、何か手を打つ事はできないか…と、そんなことを考える。
ツィッターでいろいろな方からお知恵をいただいた。
僕にできることはとても少ないことかもしれないが、気づいたからには何かできないだろうかと、考えている。

特に二度と入手できない地域資料や貴重書のたぐいは、この機会に一挙にデジタル化しておくことも大切だと思う。また著作権法第31条の2「図書館資料の保存のための複製」を適用して、被曝した蔵書のデジタル化(いわゆる「自炊」による電子書籍化)も視野に入れながら…。

東電の求人ではないが、日当40万円で避難指示地域の図書館資料のデジタル化作業員募集…などという求人があったら…心が動く…ナ、たぶん。

この「被曝した図書館資料/地域資料/貴重書の取扱いに対しては、日本図書館協会あるいは国立国会図書館や国立公文書館などから、その取扱いについてのガイドラインを出して欲しいと思っている。まさかこんなカタチで図書館資料が被曝するなどと、誰も想定していなかったと思う(図書館の危機管理マニュアルには被曝は入っていなかったような…)。それだけに、きちんとした取扱いについての公開が必要だと考えている。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-31 00:07 | これからの図書館 | Comments(1)

被災した図書館資料のレスキュー

著作権法第31条の2

 2.図書館資料の保存のため必要がある場合

これを適用して、被災した図書館の被災した図書の中でもレスキュー可能な図書を「デジタル化」することで、資料として保存することができる。

図書館における自炊支援が、こんな場面で活かせるとは、ちょっと思ってみなかったけど、考えてみれば、被災した図書の状態もたぶんそれぞれだと思う。どう判断しても利用できないものから、少し汚れた程度まで…。震災による被害においては、まさに「保存のため必要がある場合」と考えられるので、デジタル化=自炊による電子書籍化は、許される範囲だと思います。

 ・公共図書館における「自炊」支援(丸山高弘の日々是電網)

…また、もうひとつの汚損による蔵書のレスキューを考えると、見た目は何の問題もないのに「被曝した」という理由で利用できなくなった図書館資料が、おそらく数十万点は存在していると予想します。これらについても、いずれ廃棄(被爆しているので焼却処分してはいけない!)になるのでしょうが、いわゆる[貴重書]などはどうするのでしょうか?ちょっとこれは別だてだな。

津波により汚損した図書館資料、被曝した図書館資料

これらの今後の取扱いについては、単館での判断ではなく、業界をあげて取り組む必要性があると考えています。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-30 20:54 | これからの図書館 | Comments(2)

「まってる。」デヴィッド・カリ/小山薫堂



まってる。

デヴィッド カリ / 千倉書房



たぶん…図書館での読み聞かせや朗読会も、ただ読むのではなく…このくらいの演出(音楽や朗読スタイルなどなど)に、挑戦してみてもいいんじゃないかな。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-30 20:04 | ことば | Comments(0)

「こだまでしょうか」金子みすゞ


このCMのように文学作品を使うと、じわぁ〜っと心に滲みたりします。
金子みすゞ(1903年4月11日 - 1930年3月10日)、すでに没後50年以上過ぎているのですが、著作権は「金子みすゞ著作保存会」(JULA出版局)にあるそうです。

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

金子 みすゞ / JULA出版局


[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-30 19:44 | ことば | Comments(0)

図書館員の専門性を活用しない被災地

それどころじゃない…ということは重々承知の上で、あえて書きます。

数多くの救援物資が届きながらも、求める場所に適切に配分する事ができずにいる自治体や避難所。いくつかの自治体では仕分けすらできないので、救援物資を断っている…ということも耳にする。

なぜ、図書館員を使わないのか。

図書館は日常的に、数万数十万点の図書館資料を扱い、求めに応じて必要な資料を探し、提供することがお仕事。このような非常時であれば、図書館資料を救援物資に変えて、数千点だろうが数万点だろうが、分類整理し、求める避難所に配分することくらい、朝飯前なのに。

ただ、資料組織論で学んだ事、日々の仕事の中での業務に対して「図書館資料」を「救援物資」に置き換えるだけで、図書館員なら対応できると思っている。

まぁ、それどころじゃない…ということは重々承知の上ですが、人の使い方、非常時だからこそその人でなければできないこと、そのスキルを持った人を、適切なポジションに配置することで、全体の仕事が回り始める…ということもある。と、僕は思うのです。

==
さて、被災者避難者1000人受入を表明した山中湖村です。
僕自身は、指定管理者であり民間のNPO法人の所属なので、組織体制の中には入っていません。あくまでも山中湖情報創造館のお仕事を、たんたんと行なうだけです。
ただ、ほんの少しだけ[地域の情報]に関する収集と整理と提供に力を入れていかなければなりません。人口6000人ほどの村に、山中湖村にはじめて来る人たちが1000人いらっしゃるのです。お買い物はどこ? これを頼むにはどこにどういえばいいの? とか、それに相応しい情報収集と整理と発信がかなり大きな仕事になっていきそうな空気を読み取れますけどね。

菅谷明子さんの著書ではありませんが、「引越したら図書館へ」
サービス対象はは1000人(まぁ、大人も子たちも含めてですが)。
公共サービスだけでなく、日常の様々な[課題解決]に、地域を支える情報拠点である山中湖情報創造館(図書館)が、「私たちにできること」をただただやるだけ(Just Do It!)です。

ささやかですが、「Hope4 Library, Library4 Hope. 〜図書館の希望、希望の図書館〜」そんなことをホンの少しでも感じていただければ、幸いです。

まぁ、とりもなおさず…住む場所が決まって、「一息ついたら、山中湖情報創造館へ」とでも言って回りましょうか。

(以下独り言)
 こんな時に役にたたない資料組織論なんて、僕からすればあまり意味ないね!こういう時だからこそ学んだ資料組織論が活きてくる。そういう学びが必要なんだと思うんだ。


a0001068_12165743.jpg

a0001068_12174798.jpg


PDF版:情報のプロ図書館司書.pdf (1.14MB)
画像は(cc)クリエイティブコモンズです。ご自由にお使いください。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-27 23:04 | これからの図書館 | Comments(2)

「想い出」を助けたい。「その写真はまだ廃棄しないでください」

もちろん、現場ではそれどころではない…ということは、重々承知のうえなのだが、水没したり泥をかぶってしまった写真アルバムを、そこに記録されている想い出たちをなんとか救出したいと、考えている。
 常日頃から、地域の歴史や文化をデジタル化で後世に伝え残したい…と思っているだけに、今回の震災と大津波による悲劇は、地域の想い出すらも奪おうとしている。

 ただ…何ができるのか、どうすればいいのか、僕たちには被災した写真アルバムに対するノウハウもアイデアもない。ただただ「とりあえずそれを捨てないで」と伝えることしか出来ない。持ち主の手にもどったものもあるだろうが、持ち主不在のまま廃棄される写真アルバムも決して少なくはない。

【報道】
(3⽉月14~16⽇日) 街をのみ込み思い出だけが残 された(msn 産経ニュース 3/17)
思い出の品、財産、そして家族...「みんな流された」  岩⼿手県⼭山⽥田町(msn 産経ニュース 3/20)
「思い出」掘り返す人々...山田(YOMIURI ONLINE: 岩手 3/21)
東日本大震災 アルバム、写真...思い出探しに学生ら奮闘(Yahoo!ニュース|毎日新聞 3/21)
思い出が戻ってきた―津波で散乱したアルバム、持 ち主に(asahi.com 3/22)
がれき いつものあの日が埋まってる 心の支え捜 す人々(asahi.com 3/24)

【参考情報源】
写真プリントや記録メディアが水などをかぶったときの対処法について(富士フィルム)

 なによりもまずは人命であることは重々承知の上ですが、いつか必ず地域は復興しますが、想い出の写真たちは「廃棄」されてしまえば二度と取り戻すことはできません。

 だからといって、まだ 今すぐに何かできるというわけではありませんが、せめて「捨てないでおいてください」と伝えることしか出来ない。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-26 01:38 | DigitalArchives | Comments(0)

Hope4Library, Library4Hope. 図書館の希望、希望の図書館

a0001068_133746.jpg

Hope4Library, Library4Hope.
図書館の希望、希望の図書館。

この画像は、CreativeCommonsにしました。
よろしければ、ぜひご利用ください。

PDF版
Hope4Library_all (googleドキュメント)

JPEG版
Hope4Library (flickr set)
Hope4Library (Picasa アルバム)

※AppleのPagesで作ったものですからIllustrator版(.ai, .eps)はありません。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-23 01:34 | これからの図書館 | Comments(0)

無事です。書架…散乱してますが…。

15日(火) 22:31ごろ、静岡県東部を震源地とした地震により、山中湖は震度5強を観測しました。
自宅でくつろいでいたのですが、一人では心細く…山中湖情報創造館に移動。
11日の地震よりも揺れている時間はみじかかったものの、加速度的には強かったので…書架から本が飛び出し床に散乱…まさか自分の館でこれを経験するとは…。

明日は朝から大規模な書架整理。
とりいそぎ、無事です。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-16 01:30 | 山中湖情報創造館 | Comments(3)

図書館ではできない地震予知

まずは、東北地方太平洋沖地震およびその余震で被災された皆様に、お見舞い申し上げます。
多くの無くなられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、行方不明な方々が一日一時間でも早く発見されることをお祈りしております。

…それにしても、悔しいのだよ。
なぜ、この国で、観察対象となる事象も他の国よりも多く(地震大国)、スーパーコンピュータも開発できる国(ICT大国)、これだけの経済力も豊かさもあるにも関わらず、たかが地震一つ予知/予報ができない。これは本当に悔しいことです。

公認「地震予知」を疑う

島村 英紀 / 柏書房

スコア:


「地震予知」はウソだらけ (講談社文庫)

島村 英紀 / 講談社


図書館でのレファレンスサービスでは、「回答」を提供することは原則として行なわない。古美術品の鑑定、病気の診断、法的な判断…などは、資料までは提供するものの回答はお客様である利用者さんが[自分で判断する=応えは自分で見つけて!]が、図書館レファレンスのスタンスである。

ならば…地震予知のための資料を提供して欲しい…と言われたら、図書館はどのような資料をて依拠するのだろうか?

動物の異常行動でもいい、地震雲や謎の発行現象を書いた本でもいい、電磁波による予知やら、はては某国の地震兵器である…といったものまで、実はたくさんあるのだ。
それらの資料を提供することで、あとは「地震予知は利用者さまご自身でどうぞ」というのも、図書館レファレンスでは、ゆるされることなのだ(むしろライブラリアンが「予知して◯月◯日に地震が起きそうですね」)等という事は原則としては《許されない》サービスである。

図書館には、これだけの資料があり、災害や地震に関する本も少なくない。多くの先人たちの犠牲の中で得られた情報もある。これだけのものがありながら…なぜ『地震予知はできないのか』
何かとても大きな[ミス]をしているんじゃないかなぁ…と、思えるほど。ハップル望遠鏡で宇宙の深淵をさぐり、加速器で素粒子の世界を解明し、医療から遺伝子工学などといった分野、もちろんICTの分野などの進歩/進化を考えると…気象予報があれだけ高精度に[限定された地域の何時から何時までの降水確率…まで予報できること]に対して、どういうわけか『地震予知』だけは、そうした科学の発展から取り残されているようにしか見えないのだ。

ひとたび、地震が発生すればこれだけ大きな被害/損害があるいわば、人類にとって生命と財産を奪う《敵》である地震。こいつに本気で立ち向かうヤツら…って、居ないのだろうか?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-12 21:48 | これからの図書館 | Comments(0)

公共図書館における「自炊」支援

twitterの140字では足りず、facebookでは今だ限られた人にしか伝わらないので、ブログに書きます(twitterやfacebookをはじめてからというもの、ブログに書くことがめっきり少なくなりました…)。

さて
 紙に印刷・製本された図書を、断裁機等をもちいてバラし、全ページをスキャンし電子画像やPDF化する作業を「自炊」と称するそうです。昨年あたりから登場したiPadやAndroid端末などのスレート型(板型)PCにより、まるで本のページをめくるような操作感覚で「本を読む」ことができる、そんな機会が私たちの前に登場しました。
 所有している本を本人に代わって電子化するサービスや、あくまでも使用者によるデジタル化にこだわるサービス、さらには大手レンタルビデオショップによる自炊サービスの開始…等、いろいろな場面で「個人が所有する本のデジタル化(一部違うところもあるけど)」がちょっとした話題になっている。このような所有している本のデジタル化を地域の公共図書館が機材やノウハウを提供することで、少しでも地域の文化活動の支援になれば…と、考え始めた。
 わたしは、まずは「自炊体験講座」を数回開催し、その後に来館者に機材やノウハウを提供する自炊しえんサービスを提供したいと準備中だ。
 期待する声がある反面、若干の誤解や著作権法などの解釈も含めて、ここにまとめてみたい。


【サービス内容】
 1.個人が所有している本を、私的利用するための電子化作業支援である。
 2.来館する個人に、1)断裁機、2)イメージスキャナ、3)ソフトウェアをインストールしたPCを提供する。
 3.上記の物品の提供は、図書館資料ではないため[有料]による提供も検討。
 4.デジタル化作業は、所有者(利用者)自らが行なう。

【提供する機材】
 ・断裁機:断裁位置の確認ができ、大きな力をかけずに本のような重なった紙を断裁できる機器
 ・スキャナ:短時間で両面をデジタル化できるドキュメントスキャナ
 ・PC: 上記のスキャナを操作するソフトウェアがインストールしてあるPC
 ・自炊マニュアル:手順を記するだけでなく、著作権に対する理解を深め、自炊した電子書籍を正しく扱うための知識を提供する。

【背景】
 地域の公共図書館が、いわゆる「自炊支援サービス」を提供するには、2つの理由が存在する。
 
 理由その1: 所有している図書の処分に困っている人たちが実に多い。公共図書館の仕事をしていると必ず地域の方からの「寄贈」の申し出が少なからずある。一般的に考えれば年々削減される資料費に対して図書の充実に貢献しようという、まことにありがたいお申し出ではあるのですが、図書館の内情を考えると、そうそうどれもこれも受け取る事ができません。お断りする場合も実に多いのです。それらの本は運がよければブックオフなどの古書取扱店にて引き取ってもらえるかもしれませんが、それでも値段がつかず処分される本も少なくありません。また、引越時における廃棄処分、あるときは持ち主の他界により遺族が泣く泣く廃棄する…とったものも、少なくはないのです。
 そうした図書たちを、せめてコンテンツとして手元に置く事ができるデジタル化は、文化発展に寄与することを考えても、実に切実な要望に対するひとつの回答(ソリューション)になるのではないか、そう考えるに至っています。廃棄すればその内容は、その所有者の手元には残りませんが、デジタル化することで、何が書かれていたのか/描かれていたのか…せめて、それだけでも残すことができるのです。

 理由その2: 民間の自炊サービスでは、著作権について学習することは無いのではないでしょうか。まぁ、個人がやるぶんには合法とか、サービスとして成立しているんだからたぶん合法なんじゃないの…。程度の認識の方が多い様に思います。だからこそ、「自炊をしたい」という著作権を意識するには絶好のチャンスを地域の公共図書館としては、「著作権に関心を持ち、著作物に関する権利の保護と文化発展のための利用とのバランス」について、できるかぎりわかりやすく著作権法を伝えることができる。そのように考えているのです。
 もちろん、図書館資料に対する資料複写も、著作権に関心を持つ機会でもあります。地域の公共図書館で、自分が所有している本をデジタル化することで、著作権に対する考えを深めてもらいたい。そのような願いも、この「自炊支援サービス」には含まれているのです。


著作権法第30条、第31条は、図書館が利用者のみなさまに正しい理解をしていただかなければ、図書館としての利用そのものに大きな影響を与えます(著作権法の解釈による利用の萎縮は図書館の本意ではないと考えています)。


ちなみに…著作権法第30条の1に「公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合」は、私的使用のための複製において次に掲げる場合を除く…ひとつの条件でもあるのですが、これには著作権法 附則に

(自動複製機器についての経過措置)
第五条の二  著作権法第三十条第一項第一号及び第百十九条第二項第二号の規定の適用については、当分の間、これらの規定に規定する自動複製機器には、専ら文書又は図画の複製に供するものを含まないものとする。

とあることから、著作権法第30条の1で公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器には、文書又は図画の複製に供するものは含まれない。すなわち、本を断裁してスキャンする機器は「当分の間」ではあるものの、そもそもこの法律上は自動複製機の対象外にある。

以上のように、公共図書館における所有図書のデジタル化を支援するサービスの提供は、合法的であり且つ利用者さんが著作権に関心を持ち学ぶための絶好の機会でもあり、著作権の理解のための情報/資料提供も図書館の大きな役割であると、考えるに至っているのである。


【追補】
 昨今、出版業の低迷が言われるなか、地域の公共図書館が自炊などを支援すると、さらに本が売れなくなる…という意見も必ずあるかと思う。すでに、はてブの書き込みをみていて追補ではあるが、そのことに対して、わたしはこう考えている。

 ・消費者の本棚を空ける:本を買わなくなった理由のひとつとして考えられるのは、一番本を買う人たちの収蔵力が限界にある。平たく言えば、家の中が本で一杯になっている。所有している本を電子化することを推進することで、場所を取る本を捨てることができ、空間的に[空き]を生むことで、そこに「本の消費スペース」を物理的につくる。

 ・コレクションとしての電子化:好きな作家に対しては、その作品だけでなく、雑誌のインタビューや原作とした映画やドラマ、そのサウンドトラック、新聞記事…などなど、あらゆるものをコレクションしたくなる。こまめな人であればスクラップブックをつくるなどすることもあろうが、これを電子スクラップブック/デジタルスクラップブックとして、自分のパソコンにすべて入れることができたら…。これは作家へのファン度を増し、好きな作家はトコトン好き。ということにも繋がるのではないか。ファンとしては徹底的にファンでありたい。その気持ちを電子化で実現する。

 断捨離がちょっとしたブームであるが、捨てる前にせめて「写真だけ」でも取っておきたい…として、デジカメで撮影することが少なくない。身の回りのモノを一度捨てることで、新しい需要を喚起することもある。たぶんそれは必ず新しい需要を生む。

 公共図書館が「自炊支援」をすることで、家の中から本を減らすことができ、また新たな需要を生むことに繋がるのではないだろうか、と考えるのです。



FUJITSU ScanSnap S1500M FI-S1500M

富士通


断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106

プラス


[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-03-09 00:09 | これからの図書館 | Comments(0)