「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ことば ( 22 ) タグの人気記事

図書館とメロディロードと命ということ。

不思議な組み合わせである。
たまに、ブログなどを書こうとすると…こういうことになる。

両親が他界し、自分も五十路を越えて、何やら「寿命」とか「命」とか「魂」などを考えたりする。人はなぜ生まれ、なぜ死んでいくのか。人類の歴史と同じくらい様々な宗教がそれを語り、偉人たちが悟りを開き、教祖となり…いまや世界はスピリチュアルであふれている。

僕自身も、宗教やスピリチュアルな不思議話は嫌いではないのだが、どうも最近あの「スピリチュアル用語」が耳につくようになってしまった。例えば「前世」や「過去世」とか、「あの世」とか「ハイアーセルフ」だとか…そんな言葉を使わなくても説明できるだろう時代になってきても、相変わらずの専門用語。ちなみに…ブッダ(ゴータマ・シッダルタ)さんは「一般庶民に分かる言葉で説明しなさい」との教えを説かれたにも関わらず、現代語訳もしない呪文のようなお経をあげている今日を、どんな気持ちでいるのやら…。

さて…そんななかで、僕は図書館に務めている。
ここにいるととても不思議な感覚になる。
本棚に並んでいる本は、それこそ宇宙の始まった137億年のビックバンの話しから、46億年前に地球が誕生し、人類が生まれ様々な歴史をたどり、今日からさらに未来への空想や創造をふくらませた物語までが、ひとつの建物の中のひとつのフロアに収まっているのだ。ここには始まりもあり終わりもある。いうなればα(アルファ)でありω(オメガ)なのである。
人はそのときどきに、書棚から本を出し、ページをめくる。すると突然その本の中の物語が再生され、私たちはしばらくの時間、その本の中の物語を生きていたりする。
本の取り出し方は順不同。ランダムアクセス、過去から未来、未来から過去。日本から他の国のはて、地球から宇宙の星々、そしてまた海底や地底へ…。それほどまでに自由でありなんら制約をうけずに私たちは物語の世界を行き来することができる。同じ本を繰り替えし読むこともある。何度も何度も。また、似たような物語を続けて読む事もある。

例えばそれは、魂とか命とか生きるといことの本質に近いものではないだろうか?
そう。今生きている私自身は、私自身という本を開きその物語を読んでいるようなもの。最後のページを閉じたときが、人生の終わり=すなわち死である。が,そこで終わりではない。「あぁ、おもしろかった。次はどれを読もうかな」なのではないか。そんな気がしているのだ。

坂本龍馬の物語も、ナポレオンの物語も、最初から最後まではそれぞれ本になっていて、それを「読む」ことで、ほんのひととき、ほんのつかの間のような時間を私たちは「生きている」のではないか。

また…図書館とは違うがちょっとばかりおもしろい体験もある。
富士吉田から富士山5合目に向かう「富士スバルライン」という有料道路がある(途中までは無料)。ここにメロディーロードがる。道路に狭い間隔で細い溝がつけられているとタイヤが音をたてる現象をご存知だろうか? これは溝の幅を変えることで[音程]をつくることができる。この富士スバルラインには、上りにも下りにもこの仕組みでタイヤがメロディを奏でる箇所があるのだ。しかも曲は「富士山」。この道路には数100mの間に曲の始まりと終わりがある。自分の走行と同時に曲が再生される。区間が終わると曲も終わる。まぁ、これだけのことなのだが、ふと…後続車が気になった。私が奏でた曲と同じ曲を少し違うタイミングで再生しながら後ろを走っているのだ。もちろん僕の前を走っている車も僕よりも先の部分を奏でているに違いない。
これは本に例えれば、一冊の本を複数の人間が同時に同じページだけでなく違うページを読んでいることと同じである。本ならば同時に何千部、何万部が印刷され市場に出回るので、同じ本を同時にあるいは違うタイミングで、同じページあるいは違うページを、複数の人たちが[読む=再生]しているのである。

一冊の本に、1枚のCDに、1枚のDVDに、1本の道(?)に。 過去も現在も未来も記録されており、そこを[私の視点]がピックアップすることで物語が再生され、私たちはほんのつかの間その物語世界に身を委ねている。これは「生きている」ことに似てはいないだろうか?

そして…よ〜くみてください、ね。
この言葉を。「再び」「生きる」と書いて「再生(=Play)」なんですよ。

普通の言葉でしょう。スピリチュアルな言葉を使わなくても、語れることがあるのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-11-27 01:31 | ひとりごと... | Comments(1)

入力と出力…気分の問題なのだろうけど。

twitterのつぶやきが少々(それもRTとかお気に入りとか)、このブログもやっと現状を吐露する程度…で、情報発信なんていう状態にはなかなかなれず、むしろ映画を見たり本を読んだり…そういう入力でなんとか日々を過ごしていたりする。
もちろん、お仕事場に出れば、あれやこれや溜まってしまった業務をこなしていかなくちゃ何だけど…。

自分から何かを出力/発信できるようになるまで、もうちょっとおまちくださいませ。

※それにしても、図書館にこれだけの文献があるにも関わらず、自分自身のための「希望の言葉」を見つけ出せずにいる…ちょっくら情けなやぁ〜。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-05-07 01:32 | 私事として... | Comments(1)

健康診断

今日、健康診断に行ってきました。
昨年末から母の癌の手術、肺気腫(その後肺癌)で亡くなった父…などがあったものですから、ここ数年お休みしていた健康診断に行ってきました。
家で検便して、病院で採血やら検尿やら胸や胃のレントゲンやら…とりあえず出た結果が…「太り過ぎですね」…って!そんなこと言われなくても…。

ちょっと冗談っぽく

「あなた、このままでは死にますよ。30年後には」

なんて言われたらどうしようか…なんてことを道すがら考えたりしました(ほほほ、30年後は79歳なので父より長生き)。
そう思った時、何よりもまず…僕はそのとき、どんなiPhoneを持っているんだろう? やっぱり臨終のそのときまで、なにかしらつぶやいているのかなぁ…なんてね。
僕がひょっとしたらまだ生きているであろうあと30年間の社会。そしてたぶん僕はもうこの世にはいない50年後の世界。

 僕が死んだ後の世界…って、いったいどんな風なんだろう。

 僕は、誰かに覚えていてもらえるのかな。

 僕が考えたことや取り組んだことは、死んだ後も誰かが引き継ぐんだろうか?

 僕は…僕が死んでからも生きている人たちに、何かを提供できたのだろうか…

などなど。
そして、ちょっと思っちゃったのは…

 僕は死ぬまでに、あといくつ職業を体験するだろう?

「図書館」であることにたいしたこだわりはないんです。もう一回り二回り上位の概念、情報・知識・物語を提供したり創ったりするところ…、そんな感じがいいなぁ。

プロフェッショナル 仕事の流儀〈13〉

日本放送出版協会


尊敬するMITメディアラボ副所長 石井裕さんの研究コンセプトも、自分の死後も取り組まれている研究テーマを作り出すことなんだと…いう。それはそれはすごいことだ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-08 23:44 | ひとりごと... | Comments(2)

目的と手段のはき違え:猪瀬直樹氏のコラムを読んで。

東京都が「活字離れ」対策チームを発足。そのリーダーには作家の猪瀬直樹氏があたるとか。
その猪瀬氏のコラムが日経BPネットに連載されているが、前回と今回の2つを読む限り…目的と手段をはき違えていることが読み取れる。
図書館に関わるものとして「読書推進」は望ましいことではあるが、それは目的ではなく、ひとりひとりの課題を解決することが目的で、読書はその手段のひとつである。これは現場に関わる者ほど、実感することではないだろうか。

【猪瀬直樹の「眼からウロコ」】
 ・「活字離れ」をどうするか、東京都が考える 2010年04月27日
 ・日本と外国の若者の差がどんどん開く 2010年05月11日

プロジェクトチーム「活字離れ対策検討会(仮称)」づくりのための意識改革として開催した講演会に、北川達夫氏や三森ゆりか氏を招聘したことでもわかるように、このミッションは「活字離れ=読書推進」ではなく、
論理的に物事を考え、論理的に言葉を用い、論理的に話し、伝えたい相手に自分の意志を正しく伝えること いわば、コミュニケーション対策なのだ。その手段として「活字離れ対策」とすることで、手段の方が目的化してしまっている。活字さえ読んでいればいいのか。読書さえしていればいいのか…否である。

また5月11日のコラムで気になった事は…一方では休み時間の風景と一方では授業中の風景を比較対象としている点。米国あたりでは、小学校に入学する前の幼稚園時代から「show and tell」とよばれるプレゼンテーションを行う時間があるという。人前で相手に理解してもらうためにどのような言葉を使いどのように組み立て、どのように表現するか…を、小学校前から体験するのだ。それに比べ日本ではそのようなトレーニングは存在していない。欲しい物があってもデパートでダダをこねて泣き叫ぶだけで、自分はなぜそれが欲しいのかと親を説得することは…皆無である。

で、これは大人側あるいは日本の社会にも問題がある。
「理屈っぽい子は嫌われる」
子どもの頃に「なぜ・どうして」を大人に尋ねても拒否され続ければ…疑問や質問を持つことすらあきらめてしまうのが子どもらの処世術。論理的に説明しようとしても「口ではあんたに勝てないからね」などと言われてしまえば、そこから先には進めない。そうした大人の社会の中で、子どもたちは疑問を持つことも、質問することも、論理的に話すことも…いっさいあきらめてしまう。

もし僕が…このプロジェクトチームに関わる機会があったら(まず無いけど)こういいたい。
「活字離れは起きてないし、読書離れもない。一人当たりのテキスト消費量は信じられないくらい増えている。ただ論理的に読むこと/書くこと/伝える事ができないし、それは義務教育の中でも高等教育の中でも実施されていない。」。モデルは諸外国にはたくさんある。
義務教育前の「Show and Tell」から TED Conference、Stive Bobsのプレゼン。ネット上にもたくさん無料でアクセスできるのだから。

【参考】
 ・ASCII.jp:「show and tell」の文化|塩澤一洋の“Creating Reed, Creative Mass.──大公開時代の羅針盤”
 ・TED
 ・TED: Translations Talks in 日本語字幕つき
 ・Apple Keynotes iTunesが必要です。
 ・Bob and Joe: Mainframe Show and Tell
 ・Show and tell: Extending learning both within and beyond the classroom
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-05-12 12:32 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(0)

12月になりました。

早いもので、2009年も12月となりました。
来年はなんとあの2010年ですよ。アーサー.C.クラーク殿。

何かと厳しい状況下におりますが、なんとか来年に夢を繋げるべく、出来る努力をしております。

皆さんにもおススメ。『自分だけの心の支え』を持ってください。
ナイショでいいです。誰にも言わずに誰にも教えずに、自分だけの心の支えを。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-12-01 00:11 | ひとりごと... | Comments(2)

今週は「遅番フル」です

月曜日から金曜日まで「遅番フル」です。
月単位でのシフトのスケジューリングでは、とても珍しい状況だったりします。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-10-20 08:49 | ことば | Comments(0)

手順…あるいは、プロセスの大切さ

今日、とある事業に対して、とある打ち合わせをし、とある企画案をまとめてみた。
僕などは、前の記事を見てもらえばわかるように、「思いつき」や「その場の勢い」で事にあたることが多い。計画性の無さを指摘されると痛いのだが、思い立った時にエイ、ヤァ、と取り組む力は持っているつもりだ…。

だが、一人ならそれでもいい。何人かのチームで事をすすめるときや、様々な方々の合意を形成しながら事を進め実現していくには、そうもいかない。ここで大切なのは、[手順]であり、[プロセス]なのだ。

興味深いことに、これは陰陽道や魔法(「ま」にアクセントを置く)、神事や仏事の一挙手一投足、呪文やお経の手順などと同じようでもあり、また科学実験のように一つひとつのプロセスを積み上げていく事で、成果を得る。なので、実はこうした「手順」や「プロセス」はひとつの『科学』あるいは『サイエンス』といってもいいくらいだ。

この場面で、これが出来ているためには、その前段階で、これとこれは伝えておかないと成立しないだろう…。そんな事がたくさんあるのだが、いったんルールに乗りさえすれば、どの場面で何を考え、何をつくり、誰に合意をいただけば良いのかが…かなり、明確になってくる。それらを矛盾無く組み立てていく事で、多くの方々との合意形成をいただき、カタチあるものを実現化していくのだと。

そういう指向と実現力を、常に考えられる人に…なりたいものです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-10-14 00:49 | ひとりごと... | Comments(1)

ネット時代の[お知らせ]

インターネット時代なんだね。
差出人: news@mixi.jp
件名: [mixi] 本日はsoichiro さんのお誕生日です!
日時: 2009年6月27日 15:39:23:JST
宛先: 丸山高弘

マイミクにしている限り、このお知らせは毎年届くのですね。soichiroさんのマイミク48人がたぶん同じ気持ちを持ったんじゃないかな。

たぶん僕が逝くころには、ネットサービスも変わっていて
差出人: news@mixi.jp
件名: [mixi] 本日は丸山高弘 さんのご命日です!
日時: 20XX年XX月XX日 15:39:23:JST
宛先: ●●●●

という方が、受け取ったマイミクさんたちの気持ちは、楽だろうなぁ...

※ soichiroさんは、今年の1月24日脳溢血で倒れられ帰らぬ人となった友人です。享年48歳。
ネット上には、ブログもあるし、mixiのアカウントもそのまま....自分の場合を考えると、どうしておいたらいいんだろうか...と、本当に考えてしまいます
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-06-27 16:10 | 日々是電網 | Comments(2)

MLWS2009「マップでgo!」

ちょっと難しかったかな...という反省点と、予想外にウケが良かったかな...という評価点と...ちょっと拮抗。実際に地図の上にビニールクロスをしいて、あれやこれやルートを書いていくという作業は、思いのほか楽しかったみたいです。
もうちょっと内容をこなしてくると、図書館プログラムとしても...使えそうな感じです。

SANY0039

SANY0040
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-06-21 00:39 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(2)

小中高生向けに「原書」を選書する

小学校における英語教育がはじまり、山中湖でもネイティブの先生が指導にあたっている。
これまでも、中学生や高校生などは英語の授業があるのだが、公共図書館は外国語(まずは英語から)の書籍を、児童やYA向けに購入してきているだろうか...と、考えてしまった。
学校では、会話やヒアリング、リーダーやコンポジションなどがあるのだろうが、図書館的に「READ」をサポートするような資料があってもいいんじゃないか...と、思い始めている。

ま、そんなことを思いながら選書をはじめてはみたものの...これがすっごく難しいのです。

・オックスフォード・リーディング・ツリー Stage1から
・ストーリー・ストリートFoundationから
・グレーデッド・リーダーズStarterから
・ペンギン.リーダーズ/ペンギン・アクティブ・リーディング EasyStartsから
・マクミラン.リーダーズ Level 1から
・スカラスティック ELT リーダーズ Starter Levelから

などなどを調べてはいるのですが、結局のところページを開いてみないことには...決められないんです。僕自身は英語が得意なわけではないのですが、その僕がぱらぱらとみても内容が把握できるとか、これはちょっと難しいかな..とか、これは辞書がないとダメだ...という程度であっても、選定するひとつの基準にはなるかと思うのですが...

というわけで、夏休み前あたりまでは、かなり悩みながら[小中高生向けの『原書』の選定]に取り組むことになりそうです。

どなたか、アドバイスをいただけると...本当にありがたいです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-25 02:27 | これからの図書館 | Comments(2)