タグ:デジタルアーカイブ ( 125 ) タグの人気記事

パーソナル・デジタル・アーカイブスに想う 

まだ本格的に取り組む前段階で、あれやこれやと思案しているのですが、パーソナル・デジタル・アーカイブに取り組むと、けっこう不思議な感じです。ちょっと一言では言えないので長めの文ですが、ご興味があったら。

【不思議その1】
 筒型のパッケージに入っているビスケットをイメージしてください。それぞれのビスケットが年代みたいなもので、まぁ、一枚一枚に1961、1962...なんて書いてある感じ。とりあえず、そのビスケットの容器には、46枚入っていますが、もっと細かい輪切りの状態をイメージしてもらってもいいです。パーソナル・デジタル・アーカイブでは、その46枚をテーブル一杯に出して広げているような感じがします。腕を伸ばせば、1970年大阪万博に連れて行ってもらえなかった自分がいたり、1980年に自衛官だった自分がいたり、1990年に当時つき合っていた女性と一緒にいる自分がいたり...どれもこれもが等距離感覚になるんです。これはとっても不思議な感じ。

【不思議その2】
ビスケットをテーブルに広げる感じがある一方、その逆の感覚もあるんです。そうやって今まで生きてきた過去が、羊羹かゼリーのように誕生日までプルプルと繋がっている感じ。それが僕の時間的後ろ側にトヨ〜ンと横たわっている感じです。僕は今突然ここに居るわけではなくて、振り返れば羊羹かゼリーのような過去があって初めて今ここにいて、こうしてブログに書き込むためにタイプをしている。この感覚。

【不思議その3】
写真を見ていると、忘れていた友達の名前を思い出します。当時の仕事仲間、遊び仲間、ボランティア仲間等々...あ、この人も写っているんだ...なんて出会いが信じられないほどあるのです。この友人たちとの交わりが、たぶん今の僕を形作っていたりします。もし19の時に陸自を辞めていなかったら...僕はけっこうふんぞり返っているような人間になっていたように思います。その後の出会いが今の僕になるように影響を受けているのです。それをすごく実感します。

【不思議その4】
これらはすべて、アナログのフィルムでもそうなのですから、ケータイやデジカメ全盛の今現在の子どもたちは、間違いなく自分のパーソナル・デジタル・アーカイブスを持ち歩くことができるのです。これって何だろう? 振り返ることが後ろ向き...ということではなく、前進するための必要な後ろ支えとしてパーソナルデジタルアーカイブスを持つことができるのだろうなぁ...と、感じます。

というわけで、パーソナル・デジタル・アーカイブスをはじめると、そこにひとつの感覚/哲学/思想...みたいなものが生まれそうな気がします。

あなたも、取り組んでみませんか?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-02-28 23:01 | DigitalArchives | Comments(0)

駐屯地資料館

昨夜、NHKで放送された「NHKスペシャル 日中戦争〜なぜ戦争は拡大したのか〜」を、見た。
盧溝橋(ろこうきょう)事件から始まり、日本と中国の衝突。戦線の拡大...結局は太平洋戦争...終戦(敗戦)につながる出来事だ。
軍部の暴走を政府がコントロールできなかったことへの反省が、戦後のシビリアンコントロールへとつながるのだが、それにしても...と、思う。

こうした出来事を伝える歴史的資料が、出てくる出てくる。
台湾の資料館、中国の資料館、米国の公文書館。蒋介石の日記(複写)やら、フィルムやら当時の機関銃(チェコスロバキア製)とか。振り替えって、日本ではどのくらい戦前・戦中・戦後..いわゆる近現代史の資料はどんな状況なんだろうか...と。

そんなことを思いつつ、番組の一場面を思い出した。
陸上自衛隊の駐屯地内の資料館のシーン。実は、あるのだ。町中の博物館や資料館ではなく、自衛隊の駐屯地内には、必ず...といっていいほど、資料館がある。駐屯地祭りのような一般開放日には、ぜひ覗いてみるとよい。まぁ、展示されているとはいえ、倉庫状態といってもいい。あまり重要視されていないなぁ...と、感じるばかり。それはそうだ。専門の学芸員がいるわけでもない(自衛官学芸員とか、自衛官司書とか...いてもよさそうなのだが...)。

そこでだ。
防衛省図書館が、国立国会図書館の分館であるという。そのあたりの司書さんらに動いていただいて、防衛省や自衛隊各駐屯地の資料館の資料のデータベース(今風ならば、デジタル・アーカイブ)を作ってみてはどうだろうか。
どうしても、この国は「軍事組織」に対しては、アンタッチャブルな雰囲気があるが、日本の近現代史を語る上では避けて通れないし、その物的証拠品となる資料が、全国の自衛隊駐屯地の資料館には、埋もれているのだ。

やってもいいよ...と、言われれば、ライフワークにしてもいいくらい。

なんとも春めいた陽気が続いているが、4月ともなれば、各駐屯地の開放日がある。
足を運ぶようなことがあれば、ぜひ、駐屯地資料館を覗いてみて欲しい。

※それにしても、そもそもウェブサイトを開設している駐屯地の、なんと少ないことか。ぜひ、お手伝いしたい....のだが...。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-02-10 10:19 | 自衛隊 | Comments(0)

平成18年度アーカイブズ・カレッジ

国文学研究資料館ではアーカイブズ・カレッジ受講生を募集しているそうです。
詳細は、ウェブサイトまで

 アーカイブズ・カレッジ(史料管理学研修会)
  実施要項(PDF)・参加申込書(PDF)
 ■長期コース(東京)
  平成18年7月3日(月)〜28日(金)、8月29日(火)〜9月22日(金)
 ■短期コース(岡山)
  平成18年11月13日(月)〜24日(金)
 ■これまでの修了論文題目はこちら
  平成18年11月13日(月)〜24日(金)

-----

お願いだ。デジ研の有志たちよ、われらも「デジタル・アーカイブ講座/ワークショップ」を開催しようよ。デジ研は図書館の指定管理者だけじゃない...ってことを、伝えたい。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-09 00:54 | 日々是電網 | Comments(2)

デジタル・アーキビスト資格(岐阜女子大オープンカレッジ)

岐阜女子大オープンカレッジにおいて、デジタル・アーキビスト資格公開講座がスタートするようです。
詳細は、ウェブにて、ご覧下さい。

デジタル・アーキビスト資格 公開講座 岐阜女子大オープンカレッジ

フレームになってますので、デジタル・アーキビスト資格公開講座をクリックしてください。

****
う〜ん、アカデミックぅ〜。
本来なら、うちのNPOでもスキルアップ講座が開設できると...よいのだけれど...。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-08 23:02 | 日々是電網 | Comments(0)

月刊 視聴覚教育 2006年5月号

a0001068_16295381.jpg財団法人 日本視聴覚教育協会さん発行の『月刊 視聴覚教育』2006年5月号に、ちょこっと書きましたので、機会があったら、ご覧下さい。

 シリーズ デジタル・アーカイブ技法と実践
 【第4回】図書館とデジタルアーカイブ
 ーその取り組み、課題、そして未来ー

 本当は、理事長に来たお話だったのですが、僕が書かせていただきました。

 デジタルアーカイブが、ブームから下火になって、ここにきてふわっと浮き上がって来たように感じています。最近ではウルトラマンでも“アーカイブ”って言葉が出てきますからね。
ただ、デジタルアーカイブに対して若干の見解を異にする団体が生まれてしまったようにも感じていたり...。

日本視聴覚教育協会 公式サイト
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-01 16:33 | 地域の情報拠点 | Comments(0)