タグ:メディアリテラシー ( 43 ) タグの人気記事

今の図書館は戦争を止めることができるか!

僕たちは、もはや小さなこと(失礼…)にこだわっている場合ではないのかもしれない。
貸出至上主義への批判も、指定管理者をはじめとする民間委託への批判も…それらのことよりも、実はもっと重要な事がある。それに気がついてしまうと、僕はもう後戻りはできない。そんな気さえする。

あの戦争の後、それまでの改正図書館令を改め、戦後の日本国憲法のもとで教育基本法が生まれ、社会教育法や図書館法が生まれた。また戦前から続く日本図書館協会は「図書館の自由に関する宣言」を発表し、その前文に

 わが国においては、図書館が国民の知る自由を保障するのではなく、国民に対する「思想善導」の機関として、国民の知る自由を妨げる役割さえ果たした歴史的事実があることを忘れてはならない。図書館は、この反省の上に、国民の知る自由を守り、ひろげていく責任を果たすことが必要である。

としるし、図書館が「思想善導」の機関として戦争に加担したことへの反省にたった宣言を掲げた。

そして戦後60余年の月日が流れているが、この国をとりまく状況は実はかなりキナ臭く、周辺諸国が跳梁跋扈する時代になってしまったのではないか…と危惧する中で、僕は自分にこう問い始めている

 「図書館は、その図書館サービスや図書館活動を通じ、この国が戦火に巻き込まれることを積極的に《回避》するための何らかの活動を行なうことができるだろうか?」

 と。たぶんこのまま事態が推移すれば、積極的な加担はしないまでも、むしろあえて何もしないという状況になりはしないか。

多少オカルトめいているかもしれないが、僕の中で一つの考え方が生まれたとき、インターネット上にも同様の考え方を持っている人たちが実はたくさんいることがわかってきた。
例えばこうだ。

 関東大震災:東日本大震災
 金解禁  :環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)

 その他周辺諸国の領土問題に対するちょっかい
 某国の東京急行ならぬ日本周遊飛行(しかも部品を落としたF15は飛行禁止?!状態)
 米軍と自衛隊の合同訓練(空中給油にFTC…)
 そして最近のサイバー攻撃!

TPP締結は不可避かもしれない。が、その後に世界規模の経済的危機が訪れることも一部では予測されている。

子どもたちの世代、さらに孫たちの世代ですら、そんな世界になることが想像に難しく無い。

だからこそ、人は先人たちの知恵から学び、多くの失敗から学び、同じ過ちを繰り返す事のない未来を築かなければならない。

そのためのひとつの拠点が「図書館」なのだ。
僕はいま、そんな想いを…持ち始めているのだが… 考え過ぎだろうか?

平和のための「戦争学」

松村 劭 / PHP研究所



それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子 / 朝日出版社


今、僕は…こっそりと、波風をたてない程度に、ひそやかに、沈々・森々とその準備に取りかかろう。弱い五十路の身である。残された時間はわずかかもしれない。

だが、勘違いめさるな。
夏休みの◯◯図書だといって悲劇だけを読んでみたところで、将来の厄災を回避することはできない。私たちは歴史から学べる力を持っているはずだ。図書館にはその経験が文字となり本となって蓄積されている。それを活かすも殺すも私たち図書館員次第なのだ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-10-26 00:09 | これからの図書館 | Comments(0)

石井裕先生 in TEDxTokyo2011



MITメディアラボ副所長の石井先生によるTEDxTokyo2011でのプレゼンテーション。
先ほど終わったばかりなのに、すでに公式YouTube動画でアップされてます。

ぜひご覧ください。

AXIS ( アクシス ) 2009年 12月号 [雑誌]

アクシス


メディア・リテラシー―世界の現場から

菅谷 明子 / 岩波書店

スコア:


未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―

菅谷 明子 / 岩波書店

スコア:


[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-05-21 18:42 | 日々是電網 | Comments(0)

【イベント5/16】山中湖で一気に身につく インターネットリテラシー

山中湖情報創造館で、一気に覚えるインターネットリテラシー。第一回は今回の震災でも活躍したtwitter(ツィッター)を中心に、リアルタイムブログやfacebook(SNS)を一気に身につけちゃおう…という講座です。

山中湖で一気に身につくインターネットリテラシー
第一回: 「リアルタイムブログとSNS: twitter, facebook, and なぜかDropBox」
(時間に余裕があれば、Evernoteもチャレンジしちゃいます!)

日 時: 5/16(月) 10:00〜14:30
受講料: 5,000円(お弁当付き、税込み)
定 員: 6名(少人数制)
対 象: 村内・村外を問わずどなたでもご参加いただけます。
持ち物: 無線LAN対応のノートPCをお持ちください。
講 師: 丸山高弘(山中湖情報創造館 指定管理者 館長)
お申込: 0555-20-2727 山中湖情報創造館

テーマを変えながら、毎月1回のペースで開催予定です。

【プログラム構成】
 10:00〜11:00 レクチャー
 11:00〜12:00 実習:基本編
 12:00〜13:00 昼食(晴れていれば、外で)
 13:00〜14:00 実習:応用編
 14:00〜14:30 まとめ

【交通アクセス】
 西新宿より、山中湖直通の高速バスがあります。
 https://www.highwaybus.com/
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-04-20 02:50 | 山中湖情報創造館 | Comments(3)

これだからNYPLって、大好き!

Find the Future at the New York Public Library Game Trailer

カレントアウェアネス
ニューヨーク公共図書館による真夜中のゲームイベント“Find the Future”

公式サイト
Find the Future at The New York Public Library (NYPL)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-04-16 13:08 | これからの図書館 | Comments(2)

知のエコシステム Knownledge Ecosystem (手続きコピペ&感謝の還元)

知のエコシステム

(画面をクリックして、拡大表示でご覧下さい)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-04 19:16 | 日々是電網 | Comments(0)

知のエコシステム Knownledge Ecosystem (その4、5)

Knownledge Ecosystem

ひとまずこの連載は、5つのパートで出来てます。
今回はOUTPUTとCONTROL

OUTPUT:出力
 他者のコンテンツを引用も含めた二次利用しつつ、EDIT:編集によって作成された[私のコンテンツ]は、自家消費しているうちは、まぁ多少データにつじつまがあわないところがあっても許されますが、これを、MARKET:市場に出して、配布するとなると有料・無料を問わず、データに整合性がなければなりません。ここは「知のエコシステム」が成立する上で重要なこと。

 私の作ったコンテンツは、他のこのようなコンテンツを二次利用しています。

が崩れていては、配布も販売もできません。ということで、OUTPUT:出力に必要な要因としては

・二次利用情報が成立しているかの確認
 (もし、編集途中で二次利用情報が崩れてしまった場合は、[再手続き]処理によって、もう一度引用元を洗い出しながら、正しい手続きである[二次利用情報]を、コンテンツに埋め込む作業を行う。

・配布用フォーマットにエキスポート
 再配布のためのフォーマットが、Kindle用なのか、ePUBなのか、PDFなのか、WORDや他のフォーマットなのか…等々によって、出力させる。

・MARKET:市場に[出荷]する。

食の市場をみればわかることだが、農家がいきなり市場に持っていくこともあれば、[農協]のような団体を通じて出荷することもある。また加工食品メーカーなどの法人も市場に出荷する。電子書籍時代においては、出版社はたぶんそんな位置づけになる。個人が電子書籍を出荷してもいいだろうし、出版社を通して出荷してもいい。

そして、購読者がそのタイトルに対して、無料ならそのまま。有料ならば対価を払って、コンテンツを購読し…それが、INPUT:入力として大きな「知のエコシステム」の循環が出来上がる。

ワンポイント
「知のエコシステム」においては、二次利用元に対する 1)権利の所在属性と、2)ライセンス課金属性が含まれる。これにより[自著]がいくばくかの金額で売れた場合、そこで使用した二次利用著作物のライセンス課金情報によって、二次利用した権利者のもとに[感謝の還元]が行われることとなる。
 ひとつの著作物が、二次利用として使われれば使われるほどその著作者に、ちゃんとただしくお金がめぐってくる。そんな感じだ。
 権利の所在情報やライセンス課金情報は、かなり個人の要望を反映した、様々なカタチを実現できるものである必要があると思うが、それでも、こうした[手続きコピペ]と[感謝の還元]が組み込まれることで、『知のエコシステム』は、大手のメディア企業だけでなく、市井のアマチュア個人であっても、そのエコシステムの循環の中で、自分の「知」を貢献させることができる。

 最初に、「食」の流通と似ていると書いたが、もう一方で エコシステムという名称のとおり、生態系と生物多様性のありかた…「命」の多様性と循環とも似ている。一部の巨大生物だけが生き残るのではなく、むしろ変化に対応した大小様々な生物=「知のカタチ」が棲息し、そこでこの『知のエコシステム』が持続可能な社会を作り上げていくのではないだろうか。


そして、最後の
Control:制御
 これは[私]という存在。私という存在からみれば、常に自分を中心に(?)この『知のエコシステム』は回っている。

 ・正しい手続きの元手のコピー&ペースト(二次利用)
 ・感謝の還元

 これは何も、ひとつの閉じた生態系である必要はない。一部には[権利管理団体]を作る必要がある…みたいな議論もあるようだが、そこはちょっと違う。様々なプラットフォームがあり、様々な課金システムが存在してよいと思う。ただし共通API仕様に基づくシステムである必要がある。

というわけで、とても大雑把ではあるが、『知のエコシステム Knownledge Ecosysytem』の循環は、同じ平面をぐるぐると回っているのではなく、回る毎に螺旋状に上昇していくイメージがある。それは「人類の叡智」がいっぽいっぽさらなる高みを目指していく…そういう姿の反映なのだ。

(ひとまず、ここまで)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-04 09:56 | 日々是電網 | Comments(0)

知のエコシステム Knownledge Ecosystem (その3)

Knownledge Ecosystem

EDIT: 編集
 松岡正剛氏によれば、編集には64もの技法があるそうだが、それを全部把握するなどとても凡人の私にはできない。だが、調理に置き換えて考えれば、煮る・焼く・蒸す・ゆでる・炊くなど、家庭料理の基本があるように、編集にも基本があると思う。デジタル系/インターネット系における「知のエコシステム」において、EDIT:編集は、この調理の基本のようなものである。

 ・方針を決める
 ・洗う
 ・切る
 ・素材をまとめる
 ・火を通す
 ・味付けをする

 これらが、ほぼ同時に行われ、最後に

 ・盛りつける(これは少しOUTPUTにもかかる)

 知のエコシステムにおける EDITは、まるで調理なのだ。

洗う: INPUTで集めてきた素材を、文字通り洗い直してみる。それは正しそうか、必要だろうか、どのように調理しようか…等々を、事前に考えるのだ。

切る: クリッピング&スクラップと同様に、どの部分を使うのか、使いやすい様に項目でまとめることはできないか。コンテンツの形態として[文章(テキスト)][写真][イラスト][図版]…さらには[動画の一部分]や[音楽]といった素材もあるかもしれない。

素材をまとめる>:様々なメディアから切り抜いてきた素材を、テーマでまとめてみたり、別々のデータを組み合わせてみたり…単独のメディアに掲載されたいたコンテンツも、他のメディアに掲載されていた同じテーマのコンテンツと並べてみると、見えなかったことが見えてきたりする。

火を通す:素材をそのまま[引用]として使うもよし、あるいは自分で租借し自分の言葉で記述するもよし、煮るなる焼くなり、蒸すなり炊くなり…たぶんこのあたりには松岡式64手法などが適用できるのであろう。

味付け:そして大事なのは、ただ単に切り抜きを集めただけではなく、自分なりの味付けが必要なのだ。観察・仮説を立てる・データを揃える・実証してみせる…等々。様々なメディアに掲載されているコンテンツを集め、それらを調理する中からみえてくるもの。あるいは、最初に立てた方針の下に自分なりの料理になるように素材を編集する/調理すること。

盛りつけ:これはOUTPUTにもかかってくる事だが、調理した料理を器に盛りつけることも大事。知のエコシステムの中での盛りつけ方には、大きくわけて、1)平面メディアとしての紙面づくり(※紙面と書いてはいるがディスプレイ上で平面として見せるもの)、2)動画、3)音声などがあるように思う。

…と、まぁこんな風に、「知のエコシステム」では、EDIT:編集=調理と考えて、既存の様々な知から、自分なりの新しい知の創造(編集)を行う過程を考えることが大切なんだなぁ。

(このつづきは、また後日
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-04 00:15 | 日々是電網 | Comments(0)

知のエコシステム Knownledge Ecosystem (その2)

Knownledge Ecosystem

僕は「知のエコシステム Knownledge Ecosystem」を考える時に、ひとつの参考として「食べ物の流通」をモデルとしています。「食」を「知」と置き換えてみると、実にいろいろと判ってくる事があったりします。

INPUT:入力
 「知の摂取」と言い換えると判りやすいかな。本を読む、映画を観る、音楽を聴く…人の話を聞く…などなど。様々な形で人は五感を通して「情報・知識・物語」を摂取してきました。そのパートをここではINPUTとします。

知のエコシステムにおけるINPUTの内容には、次のようなものがあると考えます(順不同)。
 ・入手する
 ・ストックする
 ・摂取する
 ・クリッピング/スクラップする
 ・ノートをとる

例えば…本屋さん(マーケットの一部:小売り)に行って、本を立ち読み(摂取)、購入(入手)し、家に持ち帰り本棚に(ストック)。気になる記事はコピーするか切り抜いて(クリッピング&スクラップ)したり、ノートを取ったり…。
料理に例えていえば、スーパーマーケットで食材を購入してきて、冷蔵庫(ストック)に入れたり、調理するために切り刻んだり(クリッピング&スクラップ)、下ごしらえをしたり…、自分で食べるために調理したり(ノート)などの行為と置き換えることもできる。

現在あるデジタル系インターネット系技術で考えると
・電子書籍端末(ハードウェア)やiPadのiBooks(アプリ)など、マーケットから購入して自分のセレクションとして[ストック]
・Evernoteのようなアプリ/サービスを使って、クリッピング&スクラップ
がすでに実現している。

これらが、次の…次の次の段階くらいに、[手続きコピペ]と[感謝の還元]を考慮したAPIのようなものに対応することで、「知のエコシステム」の循環の中に位置づけるられる可能性はある。

このINPUTでのポイントは
・クリッピング&スクラップしたコンテンツに対して、1)データそのもの に加えて、2)権利者情報や、3)二次利用ライセンス課金情報 を持った[手続きコピペ]に対応していることなんだ。

(このつづきは、また後日)

※「知のエコシステム」ができると、実は『公共図書館の役割』がとても重要な存在になります。[手続きコピペ]や[感謝の還元]をシステム化すると、すべてのメディア/コンテンツを購入しなければならない…ということはないのです。それよりもむしろ、できるだけ多くのコンテンツに触れ引用や参考にすることの方がメリットがある…という状況になります。このあたりは、循環を書き上げてから、再度記述したいと思います ※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-03 11:29 | 日々是電網 | Comments(0)

知のエコシステム Knownledge Ecosystem (その1)

Knownledge Ecosystem
ひとつのモデルとして、こんな図を描いてみた。
あたりまえといえば、あまりにも当たり前の図。すでに様々な分野…特に学術的な分野においては「もうできてるじゃん」って言われそうなくらい。…ということで、ひとまず解説。

全体
 デジタル技術ネットワーク技術を用いて実現する「知のエコシステム」の概念図。平面で描いてはいるが、実際には螺旋(スパイラル)状に、上昇していくイメージです。他者の知見が私を経て一歩先のひとつ上の知見となり、次に渡す。そのための循環図。

MARKET:供給
 現在の様々なメディア流通/コンテンツ流通がデジタル化される将来において、成長を抑制する傾向にある著作権などの権利関係を、成長を促進させる(二次利用などの合法的な)再利用システムによって、このMARKETは作られている。ここで販売されるコンテンツにおける権利の所在や課金などの属性情報を持つだけでなく、二次利用において不可欠な2つの属性情報を持つ。

 1.権利の所在情報(権利者に関する情報)
 2.ライセンス課金情報(再利用した際の課金条件/支払い方法など)

 さらに、アウトプットからこの市場に提供されるメディア/コンテンツには、この権利の所在情報と課金情報を崩したものを流通させることはできない。

 正式な手続きを経て作成されたコンテンツには、その引用元の著作物に関する情報(書誌や権利所在)と購入時の一次課金情報だけでなく、二次利用時の課金情報をも持っている。
 それが成立する「メディアとコンテンツのマーケット」を誰が作るのか…そこが、今後のひとつのポイント。

まずは…このあたりからいきましょうか。

(このつづきは、また後日
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-02 21:53 | 日々是電網 | Comments(0)

図書館員のためのプレゼンテーション

プレゼンテーション Zen

Garr Reynolds / ピアソンエデュケーション


プレゼンテーション Zen デザイン

Garr Reynolds / ピアソンエデュケーション


以前から、講演会やらセミナーやら…他人のプレゼンを見聞きするときに、「どうしてあんなに文字ばかりなんだろう」とか「作ってきた画面を読んでいるだけじゃないのか」とか、すごく感じていました。話す人も聞く人もせっかく生身の人間同士がその場に集まっているにも関わらず、両者が原稿や配布資料を見ているだけで、プロジェクタで写している画面をみることもなければ、話者の姿をみることもない…そんなプレゼンでいいの? と、思ったものです。

どうやらそれは日本だけの事じゃなかったみたい。
ということを、この本の存在で知ることができました。
パワポが悪い訳じゃないんだけど…パワポの使い方とそしてなによりも「そもそもプレゼンは何をする場」なのかを勘違いしている人が多かったりする事も一因かも。

…と、書いてみて思ったのだが、図書館員が何らかのプレゼンテーションをする場面って、どういう時だろう…。

one more thing ...
本気でプレゼン上手に取り組みたい方は、あわせてこちらもおススメです。

インプロであなたも「本番に強い人」になれる もう突然の出来事やプレッシャーに負けない!

池上 奈生美 / フォレスト出版


[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-02 09:38 | 日々是電網 | Comments(6)