タグ:地域コンテンツ ( 184 ) タグの人気記事

YouTubeに...

たぶん、この方向性は間違っていない...と、思う。

 ・YouTubeに電子図書館連合のページが登場 カレントアウェアネス・ポータル
 ・http://jp.youtube.com/diglib

 ・NHKが主要地上波テレビ局で初めてYouTubeと提携、動画配信を開始 GIGAZINE
 ・NHKonlie YouTube

民放や地域のCATVならば、もっと積極的に取り組んでもいいはずなのに...視聴者からみると、出し惜しみ感(?)を感じてしまいそうです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-28 15:17 | 日々是電網 | Comments(0)

日下部金兵衛

明治時代カラー写真の巨人 日下部金兵衛
中村 啓信 / / 国書刊行会
スコア選択: ★★★

飯沢さんのお宅の本棚には、実に興味深い本がありました。
中でも目についたのは、この名前。
日下部...という姓からもしかしたら....と思い検索したところ、案の定山梨出身の方でした。

【日下部金兵衛(くさかべきんべえ)】
以下抜粋
天保(てんぽう)12年10月15日生まれ。横浜でベアトにまなび,明治14年ごろ同地に金幣写真館をひらく。横浜写真とよばれる外国人観光客用の写真のなかで,とくに人気があった。国内外の博覧会に出品。43年横浜写真業組合副理事長。昭和9年4月19日死去。94歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。【「日本人名大辞典」より】

日下部金兵衛(1841-1932)は甲府の出身で、イギリス人カメラマン、F・ベアトの助手として修業し、明治14年(1881)頃独立しました。【横浜開港資料館 館報「開港のひろば」より】

ときのそのとき - 日下部金兵衛 MEIJI TAISHO 1868-1926

日下部金兵衛 幕末・明治期 日本古写真メタデータ・データベース 長崎大学附属図書館

神戸名所写真帳 文化遺産オンライン


ちなみに...「山梨百科事典」(山梨日日新聞社)には、日下部金兵衛の名はみつかりませんでした。オシイ!!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-25 10:55 | DigitalArchives | Comments(2)

地域と図書館

今月に入ってから、地域とのつながりがすこし強くなったような気がします。
ただ、ほんの少し動いただけなのですが、その反応はかなり大きいような気がします。

今までの図書館は、どうして地域に関しておざなりにしてきてしまったのだろうか。とても大きな疑問です。かつては、郷土資料と呼び、地域資料となってきましたが、図書館としては、地域を対象とした資料(文献/書籍等)は収集の対象にしてきたものの、自ら地域に赴いて、積極的に地域の出来事を集めようとはしてこなかったんじゃないか。そもそも、そんな活動は地域の公共図書館の業務として位置づけられてこなかったんじゃないか...って、大きな疑問を抱いています。
写真を撮ったりビデオを撮ったり、お話を聞きながら録音したり...と、技術的にはそう難しいことではないものの、必要となる文脈(コンテキスト)が存在していません。そもそも、図書館は本だけ扱っていればいいという風潮の中で、今日まで来てしまったからなのかもしれません。

地域を支える情報拠点づくりを標榜しながらも、むしろ漂流しかねない図書館。
具体的な地域のコンテンツを集めながらも、そこに必要となるコンテキストにも注目しておこうと思います。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-23 07:35 | これからの図書館 | Comments(1)

【募集】地域資源ペーパークラフト化研究会(仮称)

a0001068_1518428.jpg最初はサークル、同好会...みたいなところから始めてみませんか。
というわけで、ご興味・ご関心のある方は、ぜひコメントくださいませ。

地域の歴史や文化、自然や環境、産業や商工業、風俗や習慣などの地域資源を、ペーパークラフトという手法を使って、記録保存し、より多くのみなさんと共有していきたいと思っています。
もちろんペーパークラフトは、趣味から初めても、いずれは商品化し、資金調達の一躍となるモノにしたいと思います。

作業手順としては、

 1.対象をみつける(建築物に限定しない)
 2.リサーチ:実測、写真撮影
 3.ペーパークラフト用図面作成(平面図、側面図、屋根伏図など)
 4.展開図の型紙おこし
 5.試作版製作(αバージョン)
 6.3〜4を繰り返し、ブラッシュアップする
 7.βバージョン(型紙、組立図)
   (実は、組立図を描くのがかなり難しい)
 8.βバージョン限定公開
 9.最終バージョンづくり(商品化に向けた特典づくりを含む)

展示会を開催するのもよいかもしれませんね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-06 14:29 | NPO | Comments(11)